廣貫堂資料館 (観光情報) (観光情報) | 富山観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

廣貫堂資料館

廣貫堂資料館とは、富山県富山市にある資料館です。株式会社廣貫堂の本社敷地内にある資料館で、300年もの歴史を持つ越中売薬の歴史紹介、史料展示などが行われています。所在地は郵便番号930-8580、富山県富山市梅沢町2-9-1です。見学時間は午前9時から午後5時までで、休館日は年末年始です。入場料は無料となっています。アクセスはJR富山駅から市電でおよそ10分、車の場合には北陸自動車道の富山インターチェンジよりおよそ15分で、無料の大型駐車場が完備されています。
歴史
1690年、江戸城で三春藩主が激しい腹痛に見舞われました。たまたまそこに居合わせた富山は2代目藩主「前田正甫」が携帯していた「反魂丹」を与えたところ、三春藩主の腹痛はたちどころに治ってしまいました。その現場を見ていた各地の大名たちは反魂丹の効果に驚き、ぜひ自分の藩でも売ってもらいたい、と要望したのです。越中売薬の歴史はこれが始まりとされています。現在、その伝統を引き継いでいるのが製薬会社の廣貫堂なのです。

見どころ
廣貫堂資料館の見どころは様々なです。廣貫堂シアターでは、富山の薬の歴史を映像によって楽しみながら知ることができます。江戸時代から300年もの伝統を誇る富山の薬の、製造工程などが小介意されているのです。売薬展示室では古文書などの貴重な売薬資料を展示しています。越中売薬ならではの顧客管理簿である「懸場帳」も展示されています。売薬版画では、版画の展示を楽しめます。薬を配るのみならず、情報を運ぶ役割も果たしていた富山の薬屋の歴史を知ることができるのです。

富山人気アクティビティランキング

廣貫堂資料館 (観光情報) (観光情報) | 富山観光 VELTRA(ベルトラ)
廣貫堂資料館とは、富山県富山市にある資料館です。株式会社廣貫堂の本社敷地内にある資料館で、300年もの歴史を持つ越中売薬の歴史紹介、史料展示などが行われています。所在地は郵便番号930-8580、富山県富山市梅沢町2-9-1です。見学時間は午前9時から午後5時までで、休館日は年末年始です。入場料は無料となっています。アクセスはJR富山駅から市電でおよそ10分、車の場合には北陸自動車道の富山インターチェンジよりおよそ15分で、無料の大型駐車場が完備されています。