@千尋の滝 (観光情報) | 屋久島・種子島観光 VELTRA(ベルトラ)
千尋の滝(せんぴろのたき)は、屋久島にある滝で、多くの数の滝がある屋久島でも良く知られた滝です。屋久島中央部に水源を持つ鯛ノ川にある落差60メートルの滝であり、屋久島南東部の標高940メートルのモッチョム岳の東側の斜面に広がる250メートル×300メートルの巨大な花崗岩(かこうがん)の岩盤に面しており、その岩盤の大きさが千尋、千人の人間が手を結んだくらい大きいというたとえから名付けられたと言われています。滝の南側の高台が展望台になっていて、車で容易に訪れることが出来ることからも、屋久島を代表する観光スポットとして知られています。
歴史
千尋の滝の歴史は今もって神秘のベールに包まれています。人間が屋久島に入島する以前からこの滝は存在しており、歴史ある姿に人々は感動したと言われています。この滝は、大自然が気の遠くなる時間をかけて作り上げたものであり、いつごろ出来たのかは今もって謎のままです。しかしながら、その神秘のベールに触れるのもいいかもしれません。

見どころ
年間を通して屋久島に降る多量の雨は、いく筋もの川となって岩や山を削り、海へと注ぎます。千尋滝は、モッチョム岳の裾の、巨大な花崗岩(かこうがん)の岩盤を鯛之川が刻んで、壮大なVの字の谷の景観を作り出したものであり、滝の落差は約60メートルです。中央から大量の水が流れ落ちる屋久島を代表する滝の一つです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


屋久島・種子島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

  • 日本
  • 屋久島・種子島

@千尋の滝 | 屋久島・種子島観光| VELTRA(ベルトラ)

千尋の滝(せんぴろのたき)は、屋久島にある滝で、多くの数の滝がある屋久島でも良く知られた滝です。屋久島中央部に水源を持つ鯛ノ川にある落差60メートルの滝であり、屋久島南東部の標高940メートルのモッチョム岳の東側の斜面に広がる250メートル×300メートルの巨大な花崗岩(かこうがん)の岩盤に面しており、その岩盤の大きさが千尋、千人の人間が手を結んだくらい大きいというたとえから名付けられたと言われています。滝の南側の高台が展望台になっていて、車で容易に訪れることが出来ることからも、屋久島を代表する観光スポットとして知られています。