@夫婦杉 (観光情報) | 屋久島・種子島観光 VELTRA(ベルトラ)
夫婦杉(めおとすぎ)は屋久島にある杉の巨木です。3m程離れた2本の巨木の枝が10m程の高さでつながっています。杉は融合しやすいのですが、これほど高い位置でつながっているのは珍しいことなのです。まるで夫婦が手をたずさえたような姿で、「夫婦杉」の名が付けられました。秋には着生樹のマルバヤマシグレとナナカマドの紅葉が美しく色づきます。
歴史
これまでに確認されている最大の屋久杉で、スギとして日本で一番太く、背が低いずんぐりした樹形は台風の非常に多い地帯に育つ屋久杉の特徴をよく表しています。凸凹の激しい幹の部分は、江戸時代に利用できない巨木として切り残されたことを示しています。樹齢7,200年という説もありましたが、中心部は空洞になっており、その内側から採取した資料の化学的計測値によりますと、樹齢2,170年となっています。登山者に踏まれて根が傷むことがないよう、平成8年に木製の展望デッキが作られました。

見どころ
夫婦杉の見どころは、やはりそのユニークな外観でしょう。二本の杉が手と手を伸ばして手をつないでいるような姿は、非常にユニークであると同時に、大自然の気まぐれで出来たような遊び心が感じられます。この樹木は、夫婦仲良くなれるとの言い伝えがありますので、この地を訪れるのは、やはり夫婦が似合っています。しかしながら、カップルで行くのも楽しいはずです。荘厳な雰囲気にひたることが出来ます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


屋久島・種子島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

  • 日本
  • 屋久島・種子島

@夫婦杉 | 屋久島・種子島観光| VELTRA(ベルトラ)

夫婦杉(めおとすぎ)は屋久島にある杉の巨木です。3m程離れた2本の巨木の枝が10m程の高さでつながっています。杉は融合しやすいのですが、これほど高い位置でつながっているのは珍しいことなのです。まるで夫婦が手をたずさえたような姿で、「夫婦杉」の名が付けられました。秋には着生樹のマルバヤマシグレとナナカマドの紅葉が美しく色づきます。