@宮之浦岳 (観光情報) | 屋久島・種子島観光 VELTRA(ベルトラ)
宮之浦岳(みやのうらだけ)は、鹿児島県の屋久島中央部の山です。標高1,936 mで、屋久島における山々の最高峰であり、九州地方の最高峰でもあります。九州本土の最高峰は大分県の九重連山・中岳で標高1,791m。山域は、ユネスコの世界遺産「屋久島」として登録されています。日本百名山、一等三角点百名山の一つでもあり、西日本では四国の愛媛県・石鎚山 (1,982 m)、徳島県・剣山 (1,955 m) に次いで、第3の高峰です。山名の由来は、益救神社の建つ湊の集落が宮之浦と呼ばれるようになったことから付けられました。
歴史
長年、宮之浦岳の標高は「1,935 m」とされており、屋久島島内では「いつも曇って見えんでござる」と覚えられてきましたが、2001年に国土地理院がきちんと標高を測量した結果、それまで最高地点とされていた三角点より、南東へ約5.3m離れた岩盤の上が最高地点である事が判明したのです。これに伴い、同年12月から宮之浦岳の標高は「1,936 m」に改められる事となりました。

見どころ
屋久島には九州で1番から8番までの高山が集中して存在しています。険しい岩山が多い屋久島の山の中で、最高峰宮之浦岳は、意外にも女性的な山容です。山頂へのルートは幾つかありますが、日帰りする予定でしたら淀川登山口からのコースに限られます。一面に広がる緑のなかに花崗岩の石群と白骨樹が独特の景観をつくり、360度の大パノラマが広がります。島の最高地点からの眺めはまさに絶景です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


屋久島・種子島の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

  • 日本
  • 屋久島・種子島

@宮之浦岳 | 屋久島・種子島観光| VELTRA(ベルトラ)

宮之浦岳(みやのうらだけ)は、鹿児島県の屋久島中央部の山です。標高1,936 mで、屋久島における山々の最高峰であり、九州地方の最高峰でもあります。九州本土の最高峰は大分県の九重連山・中岳で標高1,791m。山域は、ユネスコの世界遺産「屋久島」として登録されています。日本百名山、一等三角点百名山の一つでもあり、西日本では四国の愛媛県・石鎚山 (1,982 m)、徳島県・剣山 (1,955 m) に次いで、第3の高峰です。山名の由来は、益救神社の建つ湊の集落が宮之浦と呼ばれるようになったことから付けられました。