ロス・ロボス島 (観光情報) (観光情報) | アルゼンチン観光 VELTRA(ベルトラ)
ロスロポス島には、ウシュアイア港からのクルーズでを訪れることができます。ロスロポス島は「オタリア(Sea Lion)の島」と呼ばれます。その名の通り、多数のオタリアが生息する様子を観察でき、世界中からの旅行者を魅了しています。オタリアは、大型のアシカ科の哺乳類で、体の色はややオレンジがかった黒色です。雄にはオレンジ色のたてがみがあります。平均的な雄は、体長約2.5m、体重約300kgあり、平均的な雌は、体長約2m、体重約150kgです。一頭の雄と10頭程度の雌でハーレムを成すのが特徴です。
歴史
ビーグル水道はアンデス山脈を切る抜けるとてもドラマティックな水路です。その海岸線は、ヤーガン族の生活文化の重要な要素を生み出し、今日では、ユニークな植物が育ち、オタリア、アシカ、水鳥などの重要な繁殖の地となっています。ヤーガン族はカヌーで島々を渡り、女達は海に潜り、貝類を集め、男達はアシカ猟をしました。ヤーガン族にとってアシカやオタリアは、生きていく上でとりわけ重要な動物でした。

見どころ
ロスロポス島はビーグル水道に浮かぶ小さな 岩島ですが、近づいて来ると、岩は数百頭のアシカやオタリアに覆われているのが見えてきます。オタリア達が、海の中に滑り降りて魚を取ったり、まるでイルカのように海から跳ね上がったりするのを観察することができます。野生でありながら、クルーズ船には慣れていて、問題なく彼らの生態を観察させてくれます。大きな雄を中心にハレムを形成している様子も明らかに見られます。アシカやオタリアの赤ちゃん(子供)はとても愛くるしいです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アルゼンチンの人気アクティビティランキング

ロス・ロボス島 (観光情報) | アルゼンチン観光| VELTRA(ベルトラ)

ロスロポス島には、ウシュアイア港からのクルーズでを訪れることができます。ロスロポス島は「オタリア(Sea Lion)の島」と呼ばれます。その名の通り、多数のオタリアが生息する様子を観察でき、世界中からの旅行者を魅了しています。オタリアは、大型のアシカ科の哺乳類で、体の色はややオレンジがかった黒色です。雄にはオレンジ色のたてがみがあります。平均的な雄は、体長約2.5m、体重約300kgあり、平均的な雌は、体長約2m、体重約150kgです。一頭の雄と10頭程度の雌でハーレムを成すのが特徴です。