アルゼンチンの北東にあるイグナスから南へ55kmの位置にあります。パラグアイとブラジルの国境に近いエリアです。ワンダ鉱山は、高質のアメジストがたくさん採れる鉱山として有名です。今も採掘が行われていますが、観光客も鉱山ツアーに参加できます。アメジスト、メノウ、トパーズ、クリスタルなどが採掘できる岩場や鉱山、加工工場を見学します。宝石ジュエリーやギフトの販売店もあります。
歴史
この地区に最初に定住したのはポーランド人移民で、1936年のことでした。その後、ドイツ人、スイス人、ブラジル人、パラグアイ人らもが続いて定住しました。ワンダ鉱山の名前は、神秘的なポーランドの王子の名に由来します。地元に住むAmalia Bogadoが小川で衣類を洗濯していた時に、高価な宝石の原石を発見しましたが、実際に、彼の息子が調査をし、最初の原石の層を発見したのは1976年のことで、鉱山としての歴史は短くおよそ30年ほどです。

見どころ
地質学、ミネラル、原石、宝石に興味のある人には、とりわけ大変興味深いところです。およそ1億5千万年前にできた岩盤に、数度にわたる地中のマグマの働きで高価な宝石の原石やミネラルが構成されています。ガイドツアーの間に、様々な色、形、大きさの原石に遭遇し、アメジスト、メノウ、トパーズなどの美しい色を生み出した自然に驚嘆します。ガイドツアーの後には、展示室を見学でき、また、販売店では好みのジュエリーや、磨かれた原石などを購入するチャンスもあります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アルゼンチンの人気アクティビティランキング

ワンダ鉱山 (観光情報) | アルゼンチン観光| VELTRA(ベルトラ)

アルゼンチンの北東にあるイグナスから南へ55kmの位置にあります。パラグアイとブラジルの国境に近いエリアです。ワンダ鉱山は、高質のアメジストがたくさん採れる鉱山として有名です。今も採掘が行われていますが、観光客も鉱山ツアーに参加できます。アメジスト、メノウ、トパーズ、クリスタルなどが採掘できる岩場や鉱山、加工工場を見学します。宝石ジュエリーやギフトの販売店もあります。