プエルト・マドリンの小高い丘の上にある自然科学海洋博物館は、この地域の豊かな海洋エコシステムを人々に知らせることと、保護することを目的にしています。建物そのものも、再設計されてはいるものの歴史的な価値があります。プエルト・マドリンの町を特徴づける魚やクジラなど哺乳類の剥製・骨格標本が展示されており、ステップ平原やパタゴニアの植物や地質についても詳しく知ることができます。
歴史
博物館の建物は、1917年、アウグスティン・プヨルにより、プヨル城(マドリン城とも呼ばれます)として建設されました。アウグスティン・プヨルは、1883年にチュブ州に到着し、商人として定住しました。道路の建設など地元の重要な仕事にも貢献しました。建物は、ネオ・クラッシック様式が色濃く、階段室にはその特徴が顕著に見られます。建物の塔からは、湾内に入る船を見ることができたであろうと思われます。1971年、建物は、チュブ州政府の管理するところとなり、博物館となりました。建物は、文化歴史遺産に指定されています。

見どころ
小さな博物館ですが、この地域の自然や野生動物、歴史などについて詳しく知ることができる興味深い博物館です。【展示「人と海」】巨大イカとクジラの標本が、展示のハイライトですが、他にも、この地域の鳥や動物、その他の海洋生物の標本を多数見ることができます。【その他の展示】チュブ州の歴史、ウェールズからの移民について、先住民族との融合と発展、地域の多様な生態系についても学ぶことができます。【最上階の展望台】塔の最上部が展望台となっています。街並みを一望できて気持ち良いです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アルゼンチンの人気アクティビティランキング

自然科学海洋博物館 (観光情報) | アルゼンチン観光| VELTRA(ベルトラ)

プエルト・マドリンの小高い丘の上にある自然科学海洋博物館は、この地域の豊かな海洋エコシステムを人々に知らせることと、保護することを目的にしています。建物そのものも、再設計されてはいるものの歴史的な価値があります。プエルト・マドリンの町を特徴づける魚やクジラなど哺乳類の剥製・骨格標本が展示されており、ステップ平原やパタゴニアの植物や地質についても詳しく知ることができます。