ルイス町の博物館 (観光情報) (観光情報) | アルゼンチン観光 VELTRA(ベルトラ)
旧チュブ駅舎の建物にある博物館で、ウェールズ定住地の歴史を物語る文書、写真、道具、最初の定住者の所持品などが展示されています。3000点以上のコレクションがあり、地元の歴史を学ぶことのできる興味深い博物館です。観光客のアトラクションとしてのみならず、地元の人々が、歴史を後世に伝えていく上でも、とても重要な役割を担っています。町の名前「ルイス」は、初期のウェールズ人パイオニア「ルイス・ジョンズ」を讃えて付けられました。
歴史
1856年、新天地を求めて、マイケル・D・ジョンズ率いる150人のウェールズ人が、母国から遥か遠く離れたアルゼンチンにミモザ号(船)で到着しました。孤立した土地・パタゴニアに作られた「小ウェールズ」には、その後もウェールズやアメリカからのウェールズ人も加わり、ウェールズ文化のハブとなりました。歴史によると、ウェールズ人と先住民族は平和的な関係を築いたということです。博物館の建物である旧駅舎は1909年に建設された歴史的な建物です。

見どころ
【海鳥】カモメ、南極ハト、海燕、オイスター・キャッチャーなど繁殖のための営巣地を築いています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アルゼンチンの人気アクティビティランキング

ルイス町の博物館 (観光情報) | アルゼンチン観光| VELTRA(ベルトラ)

旧チュブ駅舎の建物にある博物館で、ウェールズ定住地の歴史を物語る文書、写真、道具、最初の定住者の所持品などが展示されています。3000点以上のコレクションがあり、地元の歴史を学ぶことのできる興味深い博物館です。観光客のアトラクションとしてのみならず、地元の人々が、歴史を後世に伝えていく上でも、とても重要な役割を担っています。町の名前「ルイス」は、初期のウェールズ人パイオニア「ルイス・ジョンズ」を讃えて付けられました。