アルゼンチン北部のトレレウにある博物館で、アルゼンチンの主要な科学研究機関であり、パタゴニア研究においては、南アメリカで最重要機関の一つとみなされています。恐竜や化石など、パタゴニアの古生物学的遺産を収集、展示しています。また、半砂漠環境に育つ植物に関する研究もしています。博物館の常設展は、パタゴニアの自然の過去への旅です。各部屋で、時代ごとの陸、海両方からの生命体の標本が示されています。中でも最も人気があるのは、中生代の部屋にある巨大恐竜の展示です。
歴史
科学的に大変重要な遺物を所蔵する古生物博物館エジディオフェルグリオは、1999年に開館しました。エジディオ・フェルグリオは、この地域の古生物発掘・研究に貢献したイタリア人学者の名前です。博物館で研究・保存されている遺産すべては、パタゴニアの環境内での地球の歴史を語ることを目的として展示されています。これらの展示品は、地質学的現代から、古生代までに関するものです。詳しい説明パネルとともに展示されている1700点以上の化石類、30以上の恐竜標本を見ることができます。

見どころ
博物館で最も見応えがあり、人気があるのが恐竜展示です。中でも重要なのが【カルノタウルス】で、南米に生息した肉食恐竜で、たいへん印象的な骨格標本です。その他、南米に生息した珍しい鳥脚類の草食恐竜【ガスパリニサウラ】や大型恐竜【ティタノサウルス】と共に、化石化した恐竜の卵も展示してあります。また、パタゴニアに最初に人類が住み始めた約10000年前頃の発掘遺品や、地球上の生命の始まりをナレーションした映像なども見どころです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アルゼンチンの人気アクティビティランキング

古生物博物館エジディオ・フェルグリオ (観光情報) | アルゼンチン観光| VELTRA(ベルトラ)

アルゼンチン北部のトレレウにある博物館で、アルゼンチンの主要な科学研究機関であり、パタゴニア研究においては、南アメリカで最重要機関の一つとみなされています。恐竜や化石など、パタゴニアの古生物学的遺産を収集、展示しています。また、半砂漠環境に育つ植物に関する研究もしています。博物館の常設展は、パタゴニアの自然の過去への旅です。各部屋で、時代ごとの陸、海両方からの生命体の標本が示されています。中でも最も人気があるのは、中生代の部屋にある巨大恐竜の展示です。