レドンダ湾は、カラファテの町から見える大きな湖・アルヘンティーノ湖の一部です。野鳥の自然保護区となっているニメスラグーンと隣接しており、町から歩いても行ける距離にあります。レドンダ湾の背景には、万年雪を抱いたパタゴニアの山々が広がり、広大な湖ととともに静かで壮大な自然を楽しむことができます。多くの水鳥・野鳥を観察でき、アルゼンチンで最大の淡水湖でもあるアルヘンティーノ湖は、釣り人にも人気です。
歴史
レドンダ湾は、アルヘンティーノ湖の南側に位置し、アルヘンティーノ湖は、ロス・グラシアレス国立公園内にあります。この国立公園は、1937年設立、1980年にユネスコ世界遺産に登録されました。ロス・グラシアレス国立公園には多くの氷河があり、ラ・レオナ川やいくつもの小川を経て、氷河の溶けた水がアルヘンティーノ湖へと流れ込んでいます。湖の大きは、およそ1500?、平均水深は150m、最深部は500mの淡水湖です。湖からの水は、サンタ・クルーズ川を通じで、大西洋へと流れ出しています。

見どころ
レドンダ湾は、大きなアルヘンティーノ湖の南側の中央に位置しており、湖の北側にそびえる白い頂きの山々と、氷河からの青い水を湛えた美しい湖の景色を堪能することができます。また、ここはフラミンゴが多く見られる場所でもあります。7月~8月の3週間、レドンダ湾では【アイス・フェスティバル】が開かれます。4kmx3kmの自然のスケートリンクは、南アメリカの最大規模のものです。たいまつを持ってのパレードや、そり、アイスホッケー、氷の彫刻など多くのイベントが催されます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

アルゼンチンの人気アクティビティランキング

レドンダ湾 (観光情報) | アルゼンチン観光| VELTRA(ベルトラ)

レドンダ湾は、カラファテの町から見える大きな湖・アルヘンティーノ湖の一部です。野鳥の自然保護区となっているニメスラグーンと隣接しており、町から歩いても行ける距離にあります。レドンダ湾の背景には、万年雪を抱いたパタゴニアの山々が広がり、広大な湖ととともに静かで壮大な自然を楽しむことができます。多くの水鳥・野鳥を観察でき、アルゼンチンで最大の淡水湖でもあるアルヘンティーノ湖は、釣り人にも人気です。