旧国会議事堂 (エドワルド宮殿) (観光情報) (観光情報) | チリ観光 VELTRA(ベルトラ)
チリのサンチアゴにある旧国会議事堂(エドワルド宮殿)は、サンチアゴの中でも有数の観光名所としても有名です。ヨーロッパ式の白い豪華な建物で見応えがあります。建物の前には見事な庭園と豪華な彫刻がありこちらも観光名所となっています。建物内も見事というほか無いほど細部まで豪華な作りとなっています。特に議会が行われていた議場や名誉ホールここが南米であることを忘れてしまうほど完全にヨーロッパの空間になっています。
歴史
旧国会議事堂(エドワルド宮殿)は、1876年から1973までの長い間議会として使われていました。ここは、始め1848年にチリ政府に雇われていたフランス人の建築家であるクロード・フランソワーズが建築の計画をたてていましたが、クロードは1855年に死亡してしまいます。その後、1857年から建築家のルシアン・エノーが担当しますが、資金不足により建築が難航し、1870年にチリの建築家により建築が再開した後、最後にイタリアの建築家エウゼビオ氏により完成しました。現在は、国会議事堂はバルパライソに移動したのでここは図書館とそこにある書籍が上院議員や議員よって使われています。

見どころ
【見事な白亜の建物】様々な人の手によって設計され作られた白亜の建物は全てにおいて美しく見えるように計算されていますの非常に美しく、迫力満点です。また、建物内には立派な絵画もあり必見です。【ガーデン】ここの庭は庭師によって設計されており、美しく整えられていますのでここに来たら是非建物だけでなく庭も散策するのをおすすめします。ここにはヤシの木やレバノン杉等様々な植物が植えられています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チリの人気アクティビティランキング

旧国会議事堂 (エドワルド宮殿) (観光情報) | チリ観光| VELTRA(ベルトラ)

チリのサンチアゴにある旧国会議事堂(エドワルド宮殿)は、サンチアゴの中でも有数の観光名所としても有名です。ヨーロッパ式の白い豪華な建物で見応えがあります。建物の前には見事な庭園と豪華な彫刻がありこちらも観光名所となっています。建物内も見事というほか無いほど細部まで豪華な作りとなっています。特に議会が行われていた議場や名誉ホールここが南米であることを忘れてしまうほど完全にヨーロッパの空間になっています。