プカラ遺跡は、チリにあるサン・ペドロ・デ・アタカマから歩いて15?30分ほどにある観光地です。植物園を抜けて、坂道を上がっていくと青い空が見え、多くの山脈がどこまでも広がる風景が素晴らしいことで有名です。野うさぎもいますので運の良い方は可愛いうさぎ達に出会うことができます。また、売店もありちょっとした食べ物も買うことができるので、お腹が空いた方は軽く食べたり飲んだりすることができます。
歴史
ここに残っている遺跡は、1200年頃にあったプレ・インカ時代の遺跡だと言われています。1万年以上前にここは居住区として使われており、約12世紀もの間地元では要塞として役目を果たしていたそうです。当時何と2000人もの人々がここに住んでいました。ですが、15世紀後半にインカ帝国の住民に襲われてしまい、不幸なことに更に約50年後にスペインからの侵攻されてしまいました。ここにある遺跡は一部は修復されたものだそうです。

見どころ
【遺跡からの眺め】遺跡からの眺めは必見です。広々とした空や山はもちろん、アタカマ周辺を一望することができます。頂上までは約5?10分ほどかかります。坂道は大変ですがその苦労が報われたと思うほど美しいです。展望台もあり、そこからの景色はまるで小さいマチュピチュだと言う方もいます。【復元された遺跡】もちろん、遺跡そのものも見どころです。プカラ遺跡の上の方には半地下神殿も残されており、当時の人がどういう神殿を使っていたのか見ることができます。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    1名様でも予約確定!サン・ペドロ・デ・アタカマはチリの考古学的首都。この地に人が住んでいた歴史は、なんと1万2千年前まで遡ります。考古学の父グスタボ・ル・ペイジが明らかにしてきたサン・ペドロの在りし日をめぐる半日ツアーです。
    送迎付き

    USD52.00

    毎日
    4時間 (午前)

チリの人気アクティビティランキング

プカラ遺跡 (観光情報) | チリ観光| VELTRA(ベルトラ)

プカラ遺跡は、チリにあるサン・ペドロ・デ・アタカマから歩いて15?30分ほどにある観光地です。植物園を抜けて、坂道を上がっていくと青い空が見え、多くの山脈がどこまでも広がる風景が素晴らしいことで有名です。野うさぎもいますので運の良い方は可愛いうさぎ達に出会うことができます。また、売店もありちょっとした食べ物も買うことができるので、お腹が空いた方は軽く食べたり飲んだりすることができます。