ラノカウ展望台 (観光情報) (観光情報) | チリ観光 VELTRA(ベルトラ)
ラノカウ展望台は、イースター島の南西部の岬にある、324メートルの高さがある火山にある展望台です。ホンガロア村からオロンゴ儀式村に行く途中にありラノカウの景色を一望できます。その美しく雄大な景色はイースター島が小さいということを忘れさせてくれます。展望台と言われているので、建物が建っていると思っている方も多いですが、特に建物が建っているわけではありません。ですので最初は「本当にここ?」と思う方も多いそうです。
歴史
ラノカウ自体の歴史は21万年前の日付の最年少岩があるほど非常に古いです。今でこそモアイ像がありませんが、1880年のあたりまではここのでもモアイ像の存在が確認されていました。ですが、海に全て落ちてしまったそうです。景色以外にも長い歴史がないとできない玄武石や黒曜石もあり、ここがいかに昔からあるかがわかります。また、1914年に考古学者のキャサリン・マリアラウトレッジがイースター島に来た時にこの周辺を調べたことが確認されています。

見どころ
【雄大な景色】ラノカウ展望台の見どころは、その雄大な景色です。ここから見える火山湖は青々として神秘的で神聖な雰囲気があるとすらいう方もいます。【簡単に行くことができる】以前は道路が整備されておらず、なかなか行くのが難しかったそうですが、今はしっかり道路が整備されているので簡単に行くことができるようになりました。ですのでイースター島に行った時はモアイ像はありませんが、是非一度訪れることをおすすめします。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チリの人気アクティビティランキング

ラノカウ展望台 (観光情報) | チリ観光| VELTRA(ベルトラ)

ラノカウ展望台は、イースター島の南西部の岬にある、324メートルの高さがある火山にある展望台です。ホンガロア村からオロンゴ儀式村に行く途中にありラノカウの景色を一望できます。その美しく雄大な景色はイースター島が小さいということを忘れさせてくれます。展望台と言われているので、建物が建っていると思っている方も多いですが、特に建物が建っているわけではありません。ですので最初は「本当にここ?」と思う方も多いそうです。