ラウカ国立公園は、チリにある人気のある観光スポットです。チリ最北端の都市アリカから東へ約170キロ先にあり4000メートルの高所に存在します。アリカを起点としたラウカ国立公園を訪ねるコースが日本の観光会社で多く組まれており、そのツアーを使って訪ねる方が日本人では多いです。標高4517メートルにある、世界で一番高い場所にある凍らない湖で有名なチュンガラ湖があり、ビスカチャ等アンデス高原ならではの植物も多く生えています。
歴史
ラウカ国立公園ができたのは1965年です。国立公園とはいえ、約14万ヘクタールの広大な土地を自然そのままを数多く残していますので、悠久の時を感じることができるという声は非常に多いです。その美しい自然の数々は、約50年もの間世界中の旅行客を楽しませてきました。コンドル等130種類以上の鳥やアンデス高原特有の植物たちのオアシスとなっています。ですのでチリの中でも歴史的に非常に重要な観光地となっています。

見どころ
【美しい湖】見どころは、何と言っても不凍湖にあるチュンガラ湖です。4517メートルと非常に高い位置にあるその湖は神聖で荘厳な雰囲気さえあると言われており、湖の色はどこまでも青く美しさを讃えています。【様々な山】他にも雪をかぶった山々が続いていますので日本では見ることのできない圧巻の山々の数々を見ることができます。世界一高い火山グアジャティレも見どころです。中には富士山に見える山もあり、日本人に特に好評です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チリの人気アクティビティランキング

ラウカ国立公園 (観光情報) | チリ観光| VELTRA(ベルトラ)

ラウカ国立公園は、チリにある人気のある観光スポットです。チリ最北端の都市アリカから東へ約170キロ先にあり4000メートルの高所に存在します。アリカを起点としたラウカ国立公園を訪ねるコースが日本の観光会社で多く組まれており、そのツアーを使って訪ねる方が日本人では多いです。標高4517メートルにある、世界で一番高い場所にある凍らない湖で有名なチュンガラ湖があり、ビスカチャ等アンデス高原ならではの植物も多く生えています。