ビアスレス美術館は、チリの首都サンティアゴにあるサンタ・ルチアの西にあるメルセド通りの近くにあるオシャレなショッピング街にある知る人ぞ知る美術館です。周辺には芸術本を扱っている書店やカフェも多く、地元の方や観光客、そして芸術を愛する人で賑わっています。日本ではさほど知名度のない美術館ですが、日本語を題材にした美術品等を取り扱っており、日本人の中でも知る人ぞ知る隠れた名所となっています。時間によっては入場料無料なのが嬉しいです。
歴史
ビスアレス美術館は、2001年4月に創設されました。絵画、彫刻、グラフィック、写真等ジャンル問わず約300国以上のアーティスト達の芸術品を取り揃えています。建物は、チリの建築家であるサアベドラによって設計されました。広さは1.200平方メートルで、美術館の中では小さい方で、展示ホールは6つに分けられています。新しい美術館ながら、チリの美術館の中でも重要な地位にあり、様々な大学や国立美術館等と一緒にチリの文化に貢献しています。

見どころ
【様々な芸術品】小さい美術館ながら、象形文字やナスカの地上絵といったチリの歴史を象徴する美術品はもちろん、ビクーニャの段ボール彫刻といった立体的で挑戦的な芸術品が多いのが見どころです。他の美術館ではなかなか見られない派手で面白い現代的なアートと歴史的な作品が不思議と融合している空間は見事です。また、最上階には小さな考古学博物館もあります。【カフェ】オシャレなカフェもあるので、作品を見た後は休憩を取ることもできます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

チリの人気アクティビティランキング

ビスアレス美術館 (観光情報) | チリ観光| VELTRA(ベルトラ)

ビアスレス美術館は、チリの首都サンティアゴにあるサンタ・ルチアの西にあるメルセド通りの近くにあるオシャレなショッピング街にある知る人ぞ知る美術館です。周辺には芸術本を扱っている書店やカフェも多く、地元の方や観光客、そして芸術を愛する人で賑わっています。日本ではさほど知名度のない美術館ですが、日本語を題材にした美術品等を取り扱っており、日本人の中でも知る人ぞ知る隠れた名所となっています。時間によっては入場料無料なのが嬉しいです。