ジョン万次郎のフェアヘブンを訪ねる 1日観光ツアー<日本語ガイド>の参加体験談 | ボストンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ジョン万次郎のフェアヘブンを訪ねる 1日観光ツアー<日本語ガイド>

参加者の評価

5.00 5.00 / 5

体験談数

1
体験談を投稿する

待望の万次郎トレールで大満足

投稿者: winekaz, 2019/08/06

30年ほど前にボストンに2年ほど住んでいましたが、その頃、よく行った日本食レストランの立吉の板前さんを案内して頂いた方が知っていて、その後の消息を聞いたりできました。残念ながら、その板前さんは、数年前に亡くなったとのことでした。あの頃の立吉は、よく繁盛していて毎日満員だったと記憶しています。立吉は、新宿に本店があり、日比谷にも支店がありますが、今の経営は、昔のボストン立吉には、関係ないようです。昔の経営者は、砂山?さんと言う方だと思いますが、サンヨー創始者一族の方とのことです。

万次郎トレールは、30年前には、なくて、船長の家も他の方が住んでいて見学できなかったのですが、10年前位に聖路加病院の日野原院長の尽力で買収・改修して記念館として公開されたそうです。

ジョン万次郎のことは、30年前にボストンの日本語情報誌で知り、日本では、土佐清水の生家や記念館も行きました。記念館のティールームでキルトが展示してありましたが、船長の家にも贈られていて展示されていました。今でも交流が続いているようです。

近くのNew Bedfordの捕鯨博物館にもジョン万次郎関係の展示があり、ツアーは、現地解散して、そこから昔の友人に連れられ、見ることが出来ました。アメリカの昔の捕鯨の状況が分かります。アメリカは、昔は、あんなに鯨を殺しまくっていたのに、今になって日本には、取るなと言っているのですね。捕鯨博物館には、日本は、鯨の全てを利用していたことも展示していて、アメリカが油を取った後は、捨てていたこともちゃんと展示していました。政治的に偏っていない展示だなと思いました。

  • 捕鯨博物館にあった万次郎の手紙

催行会社からのコメント

この度はジョン万次郎ツアーへのご参加、またコメントもいただき誠にありがとうございます。

立吉、なつかしいですね!
ツアーも満喫されたご様子で、弊社としてもうれしい限りです。ジョン万次郎のチャレンジングな人生を、日本の方々にももっと知っていただければと思います。

弊社では他にもいろいろとツアーを取り揃えておりますので、またボストンにお越しの機会がございましたらぜひご利用下さい。お待ちしております。

ボストン・インターナショナル・トラベル
スタッフ一同

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/08/03
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ジョン万次郎のフェアヘブンを訪ねる 1日観光ツアー<日本語ガイド>の参加体験談 | ボストンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ジョン万次郎のフェアヘブンを訪ねる 1日観光ツアー<日本語ガイド>の参加体験談 | 日本の開国、そして今日の日米の友好に大きな功績をあげた万次郎のロマンに触れます。わずか14歳で渡米した勇気ある万次郎が暮らした町、家、学校等を訪れます。また、ホイットフィールド船長家族とのゆかりの地も訪れます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜