[写真付きのみ] タングルウッド音楽祭&ノーマン・ロックウェル美術館<2022年6月~8月/日本語ガイド>の参加体験談 | ボストンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

タングルウッド音楽祭&ノーマン・ロックウェル美術館<2022年6月~8月/日本語ガイド>

体験談

総合評価
4.50
(4)
体験談を書く
参加者の評価
利用形態
言語

音楽祭の前に訪問するノーマンロックウエル美術館とストックブリッジのレッドライオン・インも秀逸です。

2017/07/17 なべちゃん ゆうぽん

 妻と個人旅行でボストンに来ました。あこがれのタングルウッド音楽祭を楽しむためです。レンタカーの使用も考えたのですが、事故の場合のこともあり、今回のツアーに参加しました。音楽祭は演奏者も会場の雰囲気もとても評判通りの素晴らしさで堪能しました。さらに、今回のツアーに参加して体験できた、音楽祭の前に訪問した企画がとても印象深いものでした。アメリカの古き良き時代を切り取って表現し、アンディウオーフォールにも影響を与えたノーマンロックウエルの美術館と美術館を見学した後に訪れたストックブリッジにあるレッドライオン・インというレストラン(ホテルでもある)です。美術館も堪能しましたが、むしろ印象深かったのはストックブリッジの街及びレッドライオン・インが古き良きアメリカの姿を現在そのまま残していることでした。特にレッドライオン・インでランチを取っている人たちがひょっとして古き良きアメリカに合わせるように仕組まれたエキストラではないかと思えるくらい味わい深く、雰囲気にマッチした客層だったことが印象的でした。ガイドの真木さんも長年の経験を生かし、臨機応変に見学含めていろいろ対応していただきました。楽しいツアーでした。

リフレッシュできた満足な一日

2017/07/05 Naka ゆうぽん

美しい景色、心打つ音色、伝わって来る絵からのメッセージ、楽しい会話、ノスタルジックな家並、、、、、
ガイド兼ドライバーさんと楽しい会話でアッと言う間の道のりでした。
天候にも恵まれてリラックスしリフレッシュできた一日でした。

素晴らしい演奏をゆっくり聴けました

2016/09/05 miya ゆうぽん

ガイドさんが終始いろいろな話をして下さり、とても勉強になりました。ツアーについてだけではなく、アメリカ生活についてや質問にも丁寧に答えて下さり、道中も楽しく過ごすことができました。
タングルウッドは、芝生席ではなくホール内の席にしましたが、前の方のとても良い席をご用意頂けて嬉しかったです。後ろが開いていますが、音響も良く、ボストンシンフォニーの素晴らしい演奏をしっかり堪能することができます。
芝生席の方々は、皆さんテーブルセットやシートを広げ、ピクニックのようにサンドイッチを食べたり、中にはワインを飲んだりしてとても楽しそうでしたので、また機会があればそちらでも行ってみたいなと思いました。
ツアー時間も大きく遅れることはなく、ノーマン・ロックウェル美術館も、タングルウッドも、ゆっくりできる時間を取って頂けました。濃密な1日を過ごすことが出来て良かったです。

やっぱり芝生席ですね

2015/08/12 T. C. ゆうぽん

5名のツアーでしたが、往路は以下の通り。
9:00 ホテル出発
9:55-10:05 トイレ休憩@Charlton Service Plaza Westbound
  ※帰りのトイレ休憩は、Charlton Service Plaza Eastbound
11:20-11:45 Stockbridge散策
11:55-12:55 Norman Rockwell Museum
13:15-16:45 Tanglewood Music Festival

当初はLenoxのどこかでランチの予定でしたが、町に向かう道が渋滞していて、急遽会場内での食事となりました。その分早めに着いたので、良い場所を確保できて、かえって良かったです。ちなみに、会場内で焼いているハンバーガー($7)は、とてもジューシーでしたよ。

芝生席は各自食べ物やワインなどを持ち込んでピクニックの雰囲気でしたが、演奏中はとても静かです。芝生はステージに向かって見やすくスロープになっているという訳ではありませんので、ステージを見ることは期待できません。地元の人は皆さん持ち込んでいましたが、ロースタイルチェアがあると楽ですね。会場内でもレンタル($5)しています。

ベルトラがお得な理由
ポイント1%還元!
タングルウッド音楽祭&ノーマン・ロックウェル美術館<2022年6月~8月/日本語ガイド>
バークシャー地方は、長く芸術家達に愛されてきた高原の別荘地。森の中で開催される超一流アーティスト達による「タングルウッド音楽祭」と、アメリカ人の生活をほのぼのタッチで描いたイラストレーター、ノーマン・ロックウェル美術館へご案内します。