モントリオール旧港 (観光情報) (観光情報) | モントリオール観光 VELTRA(ベルトラ)
マルセイユ旧港は、フランスで最大の湾岸都市です。コートダジュール地域圏内にあり、県庁所在地に位置し、地中海リオン湾を望むことができます。人口は、パリ、リヨンに次ぎ、第3位の規模です。都市名は、ギリシャ語とラテン語に由来します。マルセイユ旧湾の地形は、円形競技用のような形をしています。気候は、比較的温暖で、湿潤な冬と乾燥する夏があり、地中海性気候です。1月2月は寒い時期で、平均気温は8度から9度ぐらいで、厳しい寒風も冬と春に吹きます。
歴史
マルセイユ旧港の歴史は長く、小アジアからやって来た古代ギリシアのある民族が紀元前600年に築いた植民地が発端です。この町は、交易で栄え、戦争や内紛を経て、ローマ化が進み、3世紀ごろキリスト教がもたらされています。10世紀にプロヴァンス伯が支配することになり、1481年にフランス王国に併合されています。18世紀にはマルセイユ旧港の交易が盛んになり、1720年にはペストが流行り、約10万人の死者が発生しましたが、18世紀後半には復興しています。第2次大戦後は、大建設により高層ビルが立ち並んでいます。

見どころ
マルセイユ旧港は、南フランスの貿易港で、ヨーロッパ第3位の玄関港として、多くの航路があり、船がひっきりなしに行き交う港町らしく大変美しい景色です。丘の上に立つノートルダム、ド、ラ、ガルド教会、この都市の南東部の海岸線一帯の入り江の景色も港町らしく素晴らしいものです。マルセイユ旧港外の流刑島も有名です。港町ですので、新鮮な魚介類が獲れるため、この地の名物ブイヤベースを食べに訪れる方も多くいます。港町らしい素晴らしい夜景を見ながらおいしい魚を舌鼓する優雅なひと時を過ごせます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


モントリオール旧港 (観光情報) | モントリオール観光| VELTRA(ベルトラ)

マルセイユ旧港は、フランスで最大の湾岸都市です。コートダジュール地域圏内にあり、県庁所在地に位置し、地中海リオン湾を望むことができます。人口は、パリ、リヨンに次ぎ、第3位の規模です。都市名は、ギリシャ語とラテン語に由来します。マルセイユ旧湾の地形は、円形競技用のような形をしています。気候は、比較的温暖で、湿潤な冬と乾燥する夏があり、地中海性気候です。1月2月は寒い時期で、平均気温は8度から9度ぐらいで、厳しい寒風も冬と春に吹きます。