セグウェイで行く!ネイビーピア花火鑑賞ツアー<夜/6~9月/英語ガイド> | シカゴの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
この商品は現在販売しておりません。
類似の商品をご希望の方は、 こちら

セグウェイで行く!ネイビーピア花火鑑賞ツアー<夜/6~9月/英語ガイド>

グラント・パークを駆け抜ける

夜風を受けながらセグウェイで走るシカゴの街。行き着く先に待っているのは、空いっぱいに広がる大輪の花火!夏のシカゴ名物・ネイビーピアの花火を、日本ではなかなか経験出来ないセグウェイに乗って見に行きましょう。

▼ さらに詳細を見る
この商品は現在販売しておりません。
類似の商品をご希望の方は、 こちら
スケジュール&ロケーション
  • スケジュール
  •  
  • 集合場所
  •  
  • 解散場所
  •  

開始時間: 19:30 (水) 20:30 (土)
開始時間: 19:30 (水) 20:30 (土)
  • 19:15 シティーセグウェイツアーズオフィス集合
  • 19:30 オリエンテーション (約30分)
  • 20:00 ツアースタート!
    ネイビー・ピアに向かう途中にも、様々な見どころスポットがあります。お見逃しなく!

    ・フィールド自然史博物館
    ・アドラー・プラネタリウムと天文学博物館
    ・グラント・パーク
    ・ミレニアム・パーク
    ・シェッド水族館
    ・ソルジャー・フィールド
    ・シカゴの摩天楼
    …などをご覧いただけます。
  • ネイビー・ピアで花火鑑賞
    ネイビー・ピアの花火は夏限定♪
  • 夜のシカゴをセグウェイで走り抜けます
    オフィスに戻るまでのショートトリップ。最後まで余すところなくお楽しみください。

  • 22:30 ツアー終了 集合場所にて解散
ご注意・ご案内
参加制限
    • 妊婦の方は参加できません。
    • 11歳以下のお子様、および体重45kg未満の方はご参加いただけません。
    • ツアー前、およびツアー中の飲酒はお控えください。ツアー前にお酒を飲まれた方はご参加いただけません。
    • 体重118キロ以上の方はご参加いただけない場合がございます。
    • 18歳未満のお客様は、保護者同伴要。
参加時必要な服装・持ち物
    • セグウェイの保険としてツアー当日、クレジットカードの預け出が必要です。以下のカードを必ずご持参ください。(American Express, MasterCard, Visa, Discover)
      ツアー終了後、機体に損傷がない場合、追加チャージなしでご返却いたします。
参加前、参加時必要事項
    • 参加者はツアー参加時に免責同意書へサインが必要です。
    • 記入事項がありますので、ツアー開始の15分前にはご集合ください。
備考・その他
    • 雨天決行。雨の場合は$1にてポンチョをお買い求めいただけます。(使用しなかった場合お金は返却されます)
    • ツアーは8人以下のグループで行われます。8人を超えた場合、安全のためにグループを分ける場合がございますのでご了承ください。
    • カメラ、財布等を入れた小さなバッグなど、身軽な持ち物でのご参加をおすすめします。大きな荷物はシティーセグウェイツアーズオフィスに置いておくことができますが、盗難・紛失等に関して一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
申込み受付単位(人数、台数、時間など)
    • このアクティビティは申込単位「8以下」でお申し込みください。
よくある質問
このアクティビティに関する問い合わせは こちらから よくある質問をご確認の上、問い合わせフォームからご連絡ください
お支払方法/キャンセルポリシー
支払方法
  • クレジットカード
  • コンビニ、銀行ATM
    *予約によってはご利用いただけない場合があります。詳しくはこちら
キャンセル料について
  • 参加日の3営業日前の現地時間19:30以降、予約総額の100%
クレジットカード決済通貨:円
  • 予約受付時の為替レートにより日本円に換算されます。

VELTRAはベストプライス!
他に安いのを見つけたらこちらをクリック

(未設定)


言語:  英語
送迎 なし
所要時間 3.5時間
開催曜日 水、土
バウチャー 印刷不要
最初の体験談を投稿しませんか。

セグウェイで行く!ネイビーピア花火鑑賞ツアー<夜/6~9月/英語ガイド> | シカゴの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

夜風を受けながらセグウェイで走るシカゴの街。行き着く先に待っているのは、空いっぱいに広がる大輪の花火!夏のシカゴ名物・ネイビーピアの花火を、日本ではなかなか経験出来ないセグウェイに乗って見に行きましょう。