ロサンゼルス郡立美術館は、ロサンゼルス市内のハンコック公園にある世界中から収集された美術品が展示されている美術館です。通称LACMA(ラクマ)と呼ばれています。敷地内に9棟あるこの巨大な美術館には、25万点以上もの美術品が収蔵されています。アメリカ美術だけでなく、ヨーロッパなど様々な国の古代から現代までの幅広いコレクションが展示されている美術館です。またおよそ6万点もの作品を、ウェブ上にも公開しています。
歴史
ロサンゼルス郡立美術館は、1910年に設立された歴史科学芸術博物館が基になっています。1961年に美術部門が独立し、その4年後にはウィルシャー通りに移設しました。1991年には展示面積を拡大し、現在では9つの建物で構成されている巨大な美術館になっています。その中の建物の1つであるブロード現代美術館は2008年に開館し、全米を中心に現代美術の巨匠の作品を展示しています。ロサンゼルス郡立美術館は現在も、ロサンゼルスにおける文化的に重要な役割を担っている美術館です。

見どころ
【巨大な美術館】9棟もある巨大な美術館内には、世界から集められた25万点以上もの多彩なコレクションが展示されています。ピカソやマティスを代表とする様々な巨匠の作品を、ここで鑑賞することができます。作品の多くはフラッシュを使わなければ撮影できます。
【ユニークなエントランス】館内だけでなく庭にも数々の作品があります。とくに20世紀の前半に使われていた街灯を用いた作品であるアーバンライトは、人気のスポットになっています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ロサンゼルスの人気アクティビティランキング

ロサンゼルスの観光地一覧

テーマで選ぶ

ロサンゼルス郡立美術館 (観光情報) | ロサンゼルス観光| VELTRA(ベルトラ)

ロサンゼルス郡立美術館は、ロサンゼルス市内のハンコック公園にある世界中から収集された美術品が展示されている美術館です。通称LACMA(ラクマ)と呼ばれています。敷地内に9棟あるこの巨大な美術館には、25万点以上もの美術品が収蔵されています。アメリカ美術だけでなく、ヨーロッパなど様々な国の古代から現代までの幅広いコレクションが展示されている美術館です。またおよそ6万点もの作品を、ウェブ上にも公開しています。