ロサンゼルス郡自然史博物館は、ロサンゼルスのダウンタウンにあるエクスポジションパークに位置しています。大理石の壁やドーム型の本館は、国家歴史登録財になっています。博物館の入り口正面には、ティラノサウルスとトリケラトプスが戦っているモデルがあり、館内にはたくさんの恐竜の骨や化石のコレクションや、動物の剥製が展示されています。恐竜の秘密に迫るようなつくりをしていて、子供向けのイベントも多数あります。
歴史
ロサンゼルス郡自然史博物館は、1910年に設立され、1913年に歴史科学芸術博物館として開館しました。1961年には美術部門がロサンゼルス郡立美術館(LACMA)として独立したため、ロサンゼルス郡歴史科学博物館と改名されました。その後、ロサンゼルス郡自然史博物館に改名されて、現在に至っています。これまでに何度も別館として建物の増設を繰り返し、2011年には恐竜館が公開され人気を保っています。

見どころ
【恐竜の骨や化石】博物館内には、発掘された恐竜の骨や化石のコレクションがあり必見です。恐竜の完璧な骨組みが10体以上展示されています。恐竜の卵の化石のクイズがあり、子供から大人まで楽しむことができます。
【動物の剥製】アフリカや北米の哺乳類や熱帯雨林の動物など、たくさんの動物の剥製を展示しているエリアがあります。
【昆虫館】世界中の珍しい昆虫を生きたまま観察することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ロサンゼルスの人気アクティビティランキング

ロサンゼルスの観光地一覧

テーマで選ぶ

ロサンゼルス郡自然史博物館 (観光情報) | ロサンゼルス観光| VELTRA(ベルトラ)

ロサンゼルス郡自然史博物館は、ロサンゼルスのダウンタウンにあるエクスポジションパークに位置しています。大理石の壁やドーム型の本館は、国家歴史登録財になっています。博物館の入り口正面には、ティラノサウルスとトリケラトプスが戦っているモデルがあり、館内にはたくさんの恐竜の骨や化石のコレクションや、動物の剥製が展示されています。恐竜の秘密に迫るようなつくりをしていて、子供向けのイベントも多数あります。