初めてのロサンゼルスはこれで決まり!VELTRAおすすめモデルプラン | ロサンゼルス観光・オプショナルツアー予約専門 VELTRA
ロサンゼルス 特集
初めてのロサンゼルスはこれで決まり!VELTRAおすすめモデルプラン
ロサンゼルスが初めての方でも自分が行きたいオプショナルツアーを組み合わせて自分だけの旅を体験。自分で選んだツアーはより思い出に残ること間違いなし。広い土地のため、移動が楽な送迎付きがおすすめです。
1日目
まずは到着後は空港からそのまま市内観光へ。街の雰囲気やロサンゼルスに来た!というワクワク感を味わえます。 ホテルチェックインの時間までを有効活用できるのもうれしいポイントです。

2日目
少し遠出をして、ロサンゼルスの他の一面を発見!世界遺産グランドキャニオンや砂漠の中に現れるアート作品のサルベーションマウンテン、隣町のサンディエゴ日帰りも可能です。

3日目
ロサンゼルスといえばテーマパーク!ディズニーランド・リゾートやユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは一度は行ってみたい!夢の世界と映画の世界、あなたはどっち?※チケットのみの予約もございます。
7アクティビティ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 空港発でロサンゼルスを効率よく回るツアー。現地に到着後すぐに観光できるのでトランジットや限られた時間の中でも十分楽しめる!サンタモニカとハリウッド・ハイランドでは30分ずつ下車観光もあり。ロサンゼルスが初めての方におすすめ。ご予約はこちら。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD105.00

    毎日
    3 ~ 5時間 (午後)
  2. CMなどで使用される「サルベーションマウンテン」、日用品を装飾した珍しい展示が見られる「イーストジーザス」でアートを感じながら写真撮影も。ダイナミックな鉄アートが並ぶ「アンザボレゴ」公園は、知る人ぞ知る穴場スポット!ご予約はこちら。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD230.00

    グループ割引
    毎日
    10 ~ 13時間 (午前)
  3. 本場アメリカのユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでアトラクションを思いっきり楽しもう!1日乗り放題や各アトラクションへの優先入場可能なチケット2種、食事やツアーが付いたVIPエクスペリエンスの4種類のチケットをご用意。ご予約はこちら。
    食事付き

    USD110.00

    毎日
    7 ~ 8時間 (午前)
  4. ロサンゼルスから日帰りでサンディエゴの街をご案内。シーポートビレッジにUSS ミッドウェイ博物館、オールドタウンなど、主要観光スポットを効率よく巡ります。オールドタウンでは古きよきアメリカを垣間見ることもできるツアーです。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD169.00

     
    13 ~ 14.5時間 (午前)
  5. 厳選したおしゃれスポットを巡るロサンゼルス観光ツアー。ハリウッドサインのベストショットポイントや写真映えの壁画アートの前で撮影タイム!トレーダージョーズでショッピングやグルメもアレンジ可能。人気ガイド貸切プランは嬉しい写真プレゼント付き!
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD130.00

    グループ割引
    毎日
    8時間 (午前)
  6. グランドキャニオン国立公園へ1泊2日の旅へ出発!グランドキャニオンではヤバパイポイントやマーサーポイントなど4つの観賞ポイントへご案内。宿泊ツアーなので夕日&朝日観賞もバッチリ!道中はルート66を通り古き良きアメリカにも出会える充実の2日間です。
    日本語対応あり
    送迎付き

    USD430.00

    毎日
    2日 (午前)
  7. ロサンゼルス発、7日間でサンタバーバラ、サンフランシスコ、ラスベガスなどの都市と、ヨセミテ国立公園やグランドキャニオン国立公園を周遊する弾丸ツアー!日本語アシスタント、宿泊費・朝食付きなのでひとり旅や学生旅行にもおすすめです。
    日本語対応あり
    送迎付き
    食事付き

    USD1,240.00

    7日 (午前)

ロサンゼルスの観光地一覧

テーマで選ぶ

初めてのロサンゼルスはこれで決まり!VELTRAおすすめモデルプラン | ロサンゼルス観光・オプショナルツアー予約専門 VELTRA

ロサンゼルスが初めての方でも自分が行きたいオプショナルツアーを組み合わせて自分だけの旅を体験。自分で選んだツアーはより思い出に残ること間違いなし。広い土地のため、移動が楽な送迎付きがおすすめです。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜