グレース大聖堂は、サンフランシスコにある米国聖公会の大聖堂です。サンフランシスコの街中の小さな丘の上に位置していて、礼拝中以外は自由に内部を見学することができます。パリにあるノートルダム大聖堂を基にして造られていて、カリフォルニアの全域を教区にしている大聖堂です。建物内部は静寂で広々とした空間になっていて、窓際にはきれいなステンドグラスがあり、床に迷路のような模様のラビュリントスが描かれています。
歴史
グレース大聖堂は、1849年に「グレース教会」として建設されました。初期に建設された時代は、カリフォルニア・ゴールドラッシュの時代であり、まだ、サンフランシスコの街が小規模であった時代であったため、小さな礼拝堂として建設されました。その後、増改築をしていき、「グレース大聖堂」という名称に変更しました。1906年のサンフランシスコ大地震で被災して、当時の建物は倒壊してしまいました。その後、寄付などが集められ、1927年から現在の位置に、現在の建物が建設されはじめ、1964年に完成しました。

見どころ
グレース大聖堂の外観は、ゴシック・リヴァイヴァル建築を用いていて、パリのノートルダム大聖堂のような造りになっています。内部の床は、フランスのシャルトル大聖堂と同じ迷路のような模様になっています。「ギベルティの門」という重厚な門もあり、見所がたくさんある場所です。また、この大聖堂があるサンフランシスコは、全米有数の大都市です。そのため、美術館や博物館などの文化的施設が数多くあり、観光がしやすくなっています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

サンフランシスコの人気アクティビティランキング

グレース大聖堂 (観光情報) | サンフランシスコ観光| VELTRA(ベルトラ)

グレース大聖堂は、サンフランシスコにある米国聖公会の大聖堂です。サンフランシスコの街中の小さな丘の上に位置していて、礼拝中以外は自由に内部を見学することができます。パリにあるノートルダム大聖堂を基にして造られていて、カリフォルニアの全域を教区にしている大聖堂です。建物内部は静寂で広々とした空間になっていて、窓際にはきれいなステンドグラスがあり、床に迷路のような模様のラビュリントスが描かれています。