ウェルズ・ファーゴ歴史博物館はサンフランシスコ市内にあり、西海岸最大の金融機関として知られているウェルズ・ファーゴの歴史を紹介している博物館です。ヘンリー・ウェルズとウィリアム?ファーゴによって創設されたウェルズ・ファーゴの歴史が、ゴールドラッシュの時期や大陸横断鉄道の開通後など多数のセクションに分けて、アメリカを代表する銀行に成長していった様子が説明されています。
歴史
1869年、サンフランシスコからニューヨーク間に鉄道が開通し、より早く、安全に大量輸送が可能となり、ウェルズファーゴの事業が飛躍的に発展しました。1882年にはトラベラーズチェックを発行し、1880年代の終わりには大手銀行の一つとなりました。事業エリアはアメリカ国内だけでなく、カナダ、北マリアナ諸島、西インド諸島などに拡大されました。1998年にはミネアポリスを地盤とするノーウエスト銀行を買収合併し、2008年のリーマンショックの直後には、ノースカロライナ州のシャーロットに本社を置くワコビア銀行を傘下に収めました。現在、ウェルズファーゴは全米に6,000以上の支店網を持つ、バランスの取れたリテール銀行になっています。行員教育が行き届いていることでも知られ、どの支店でも銀行を訪れた客に、行員が礼儀正しく挨拶してきます。

見どころ
ウェルズファーゴ歴史博物館はサンフランシスコのファイナンシャルディストリクトにある本社ビルの横に位置しています。正面は大きな素通しのガラス張りとなっており、外側から内部を見通すことができます。館内にはゴールドラッシュ時代に使用され、同社のシンボルとなっている駅馬車をはじめ、この時代の銀行業務に使用された道具や、金の採掘道具などが展示されています。入場無料です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

サンフランシスコの人気アクティビティランキング

ウェルズ・ファーゴ歴史博物館 (観光情報) | サンフランシスコ観光| VELTRA(ベルトラ)

ウェルズ・ファーゴ歴史博物館はサンフランシスコ市内にあり、西海岸最大の金融機関として知られているウェルズ・ファーゴの歴史を紹介している博物館です。ヘンリー・ウェルズとウィリアム?ファーゴによって創設されたウェルズ・ファーゴの歴史が、ゴールドラッシュの時期や大陸横断鉄道の開通後など多数のセクションに分けて、アメリカを代表する銀行に成長していった様子が説明されています。