キング牧師記念碑 (観光情報) (観光情報) | ワシントンDC観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
キング牧師記念碑
キング牧師記念碑はアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.にある記念碑です。その名の通り、キング牧師こと、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの功績を讃え造られた石碑です。ポトマック川沿いの広大な広場にあり、合衆国第3代大統領であるトーマス・ジェファーソンの記念碑、そして第16代大統領エイブラハム・リンカーンの記念碑に挟まれるような場所に建っています。
歴史
キング牧師は1929年、ジョージア州で生まれました。その後、黒人差別を受けながらも、神学校を経て牧師となり、1955年にはボストン大学で博士号を取得しました。その後、1955年以降は牧師をしながらも全米各地で公民権運動を指導し、「非暴力主義」のもと運動を推し進め、1963年8月28日、リンカーン記念堂の前で、世界的にも有名な演説を行いました。そしてこれらの運動を受け、合衆国では1964年についに公民権法が制定され、人種差別が法的に終わりを告げることになりました。この記念碑は、その演説のちょうど48年後の2011年8月28日に建立されています。

見どころ
キング牧師記念碑の見どころは、その姿形です。花崗岩で造られた高さ10mほどの記念碑は、石をそのまま切り出したような形になっており、これは、牧師の言葉「この信念をもってすれば、絶望の山からも希望の石を切り出すことができる」から取られており、絶望の山である岩からキング牧師が希望の石として現れている姿は、彼の人の崇高で、かつ信念を通し続けた生涯を思い起こさせます。また、記念碑の近くでは時間によってはガイド付のツアーや、質問などができるレンジャーがいることもあるので、話を聞いてみるのも良いでしょう。

ワシントンDC人気アクティビティランキング

キング牧師記念碑 (観光情報) (観光情報) | ワシントンDC観光 VELTRA(ベルトラ)
キング牧師記念碑はアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.にある記念碑です。その名の通り、キング牧師こと、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの功績を讃え造られた石碑です。ポトマック川沿いの広大な広場にあり、合衆国第3代大統領であるトーマス・ジェファーソンの記念碑、そして第16代大統領エイブラハム・リンカーンの記念碑に挟まれるような場所に建っています。