マウントクーサ (観光情報) (観光情報) | ブリスベン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
マウントクーサ
4.11
(9)
オーストラリア、クイーンズランド州ブリスベン市の郊外に、マウント・クーサ(クーサ山)はあります。タイラー山地の東側に属するこの山は、ブリスベンの主要なランドマークです。標高287mのマウント・クーサは、市の中心部から7kmほどの場所にあり、車なら約20分で行くことができます。観光地としても有名で、公共バスや観光バスを使ってアクセスすることも可能です。近くにコアラ園もあり、土日は特に観光客が多く訪れる場所です。
歴史
このマウント・クーサは、もともと先住民アボリジニの居住地でした。入植者たちが入ってくるよりも前に、アボリジニの人々は、特にハチミツを採集するために、この山を訪れていました。入植者たちはこの山を伐採・開拓し、山は「One Tree Hill(ワン・トゥリー・ヒル)」と呼ばれていましたが、1880年に公園として整備される際に、先住民の言葉で蜂蜜を意味する「‘ku-ta’」から派生した「マウント・クーサ」が、正式名称になりました。

見どころ
マウント・クーサの魅力は、山頂や山麓に様々な施設があり、一日かけて観光できるところでしょう。ブリスベン市を一望という絶景を楽しむには、山頂の展望台やレストランがおススメです。また、麓には植物園があり、園内では様々な植物を見ることができる他、なんとプラネタリウムもあるのです。その他、遊歩道に加え、マウンテンバイク用のサイクリングロードも整備されていて、毎年多くのライダー達が訪れます。

ブリスベン人気アクティビティランキング

マウントクーサの新着体験談

詐欺同然の最悪ツアーでした。

2019/07/25 カップル・夫婦 残念です

今回夫婦二人で申し込んで参加しました。
まず宿泊しているホテルでピックアップしてもらい、その後別のホテルに向かい全部で6組くらいの参加者がバスに乗り込みました。我々以外は皆外国人でした。そのままツアーが始まると思いきや、バスターミナルのよ... 続きを読む

閉じる

コアラ抱っこしたかった

2019/02/16 ひとりで りょうこ

小さな所なのでこのツアーに参加すると市内はほとんどカバー出来ます。約1時間のクルーズは船内でモーニングティでした。コーヒー紅茶とマフィンが出てきます。飲み物はお代わりも出来ました。12人のツアーで1人で参加は私とイギリスの女性で、スペイン語... 続きを読む

閉じる

1日で楽しめる!

2018/08/05 ひとりで けいこ

滞在日数が短いけれど、ブリスベンを楽しみたい!コアラに会いたい!そんな方にオススメのツアーです。
時間通りに宿までピックアップをしてもらい、分かりやすい英語で丁寧に説明がされます。
一ヶ所ずつ個人でまわると時間も手間もかかるポイントを1... 続きを読む

閉じる

ブリスベン の歴史と沢山のコアラに出会えたツアー

2018/07/09 カップル・夫婦 ハルの惑星

午前中は、ブリスベン の歴史とクルーズ、午後は、沢山のコアラや放し飼いのカンガルーに会えた、楽しい一日でした。ローンパインコアラ保護区は、本当に沢山のコアラがいてビックリ。赤ちゃんをおんぶしているコアラもいて、可愛いかったです。カンガルーの... 続きを読む

閉じる

楽しく1日過ごせました

2018/05/22 ひとりで yko

一人で参加したので色々心配していましたが、アメリカン人の一人で参加された方に声をかけていただけて食事、散歩を一緒にしてくださりより楽しく過ごすことができました。
ローンパインには当日日本の学校の旅行でたくさんの方がきており、コアラとの写真... 続きを読む

閉じる

コアラが可愛い

2018/04/06 家族 scotty

家族三人で参加。
家族が”コアラを抱っこしてみたい!”という事だったので、シドニーからブリスベンに日帰りで行き、このツアーに参加しました。
集合場所に着いたものの、よく解らず、やっとガイドさんらしき方に合えたのですが、他のお客様の到着待... 続きを読む

閉じる
マウントクーサ (観光情報) (観光情報) | ブリスベン観光 VELTRA(ベルトラ)
オーストラリア、クイーンズランド州ブリスベン市の郊外に、マウント・クーサ(クーサ山)はあります。タイラー山地の東側に属するこの山は、ブリスベンの主要なランドマークです。標高287mのマウント・クーサは、市の中心部から7kmほどの場所にあり、車なら約20分で行くことができます。観光地としても有名で、公共バスや観光バスを使ってアクセスすることも可能です。近くにコアラ園もあり、土日は特に観光客が多く訪れる場所です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜