聖アンドリューアンティング教会 (観光情報) (観光情報) | ブリスベン観光 VELTRA(ベルトラ)
聖アンドリュー・アンティング教会は、ブリスベンの中心部に位置し、シティホールの近隣に所在する赤レンガの小さな教会です。街の中心に位置しながらも、教会の中には静寂が広がり、落ち着いた雰囲気が漂っています。観光客だけでなく、地元の人びとにも有名で、ブリスベンの都会に居ながらも、ひと味違う一面を感じることできるおすすめのスポットです。
歴史
聖アンドリュー・アンティング教会は、ネオロマネスクスタイルを提唱したGeorge Payneによる設計が採択され、建物は1905年に完成しました。元々は、別の通りに所在していましたが、ブリスベン中央駅の線路の延長に伴い土地を譲渡し、現在の場所に移ります。その際に教会デザインも変更され、それまで主流であったゴシック建築ではなく、余分な装飾を削ぎ落とした大変シンプルなデザインであるネオロマネスクスタイルが採用されました。

見どころ
正統長老教会の教会リストにも登録されている本教会の見所は、やはりそのデザインで、南半球にあるネオロマネスク建築のひとつの代表建築物として数えられています。また、この特徴ある建築構造を最大限に活用したスペース活用がされており、教会には地元出身の歌手であるVeraにインスピレーションされたギャラリーがあり、ブリスベン出身の芸術家を中心にアート展が開催されています。この美しいギャラリーも来場者には人気を集めており、今後も更なるイベントが計画されています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


ブリスベンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

聖アンドリューアンティング教会 (観光情報) | ブリスベン観光| VELTRA(ベルトラ)

聖アンドリュー・アンティング教会は、ブリスベンの中心部に位置し、シティホールの近隣に所在する赤レンガの小さな教会です。街の中心に位置しながらも、教会の中には静寂が広がり、落ち着いた雰囲気が漂っています。観光客だけでなく、地元の人びとにも有名で、ブリスベンの都会に居ながらも、ひと味違う一面を感じることできるおすすめのスポットです。