オーストラリアのパースから南方向にフリーマントルという町があります。ヨーロッパ町の歴史ある建物が多く残っている町です。ラウンドハウスは、フリーマントルの東側にあります。市内には建物だけではなくて、フリーマントルマーケット等があります。ランドハウスは、かつては刑務所だった建物であり、西オーストラリア州で現存する1番古い建物になっています。8つの小部屋があり、建物の中央には中庭があります。入り口の上に、看守部屋がありました。刑期が短い囚人や、拘置所として使われ、当時の巡査長がこのランドハウスに住んで生活をしていました。
歴史
刑務所として建てられたのは1830年頃です。 最初の囚人が収監されたのは、1850年でした。 しかし囚人を収容する場合の建物としては適していないという事で、フリーマントル刑務所が、1850年半ばに建てられました。 フリーマントル刑務所はその後、1991年まで刑務所として使用されています。 1982年に、フリーマントル市が権利を引き継いだ後、一般に公開されるようになりました。

見どころ
ラウンドハウスは丘の上に建っており、町や海を一望出来て景観が非常に良いです。 ラウンドハウスの下にはトンネルがあります。 1837年に捕鯨漁会社が捕鯨の為に作られました。 その他にも一般市民の遊泳の為に、ビーチと町をスムーズに行き来する理由で作られました。 トンネルを利用をし、捕ったクジラを比較的に、手間をかけずに町へ運べるようにもなりました。 デザインは、Henry Reveleyです。 刑務所だった時の面影をあちこちに感じる事が出来る建物です。
0アクティビティ
1/0ページ

ラウンドハウス(フリーマントル) (観光情報) | パース観光| VELTRA(ベルトラ)

オーストラリアのパースから南方向にフリーマントルという町があります。ヨーロッパ町の歴史ある建物が多く残っている町です。ラウンドハウスは、フリーマントルの東側にあります。市内には建物だけではなくて、フリーマントルマーケット等があります。ランドハウスは、かつては刑務所だった建物であり、西オーストラリア州で現存する1番古い建物になっています。8つの小部屋があり、建物の中央には中庭があります。入り口の上に、看守部屋がありました。刑期が短い囚人や、拘置所として使われ、当時の巡査長がこのランドハウスに住んで生活をしていました。