ロイヤル・ボタニックガーデン&ドメイン (観光情報) (観光情報) | シドニー観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
ロイヤル・ボタニックガーデン&ドメイン
4.33
(3)
ロイヤル・ボタニックガーデン&ドメインは、オーストラリアのシドニーにあります。1816年に開園された王立の植物園です。オペラハウスのすぐ側にあり、シドニーという都会に広がる広大な植物園には、珍しい種類や絶滅危惧種の南国の植物が集められている、シドニートロピカルセンターをはじめ、アボリジニゆかりの植物を集めたコーナー、シダを集めたコーナーなどがあり、その植物の種類は17,000以上に上ります。また、様々な種類の鳥やコウモリが生息していて、餌付ができるコーナーもあります。
歴史
シドニーのロイヤル・ボタニックガーデン&ドメインは、オーストラリアがイギリスの植民地だった頃に農場に指定された場所で、北半球の様々な植物がイギリスから運び込まれて育てられました。植民地ではなくなった後でも、その農場はそのまま保存され、1816年には王立の植物園として開園しました。

見どころ
シドニーのロイヤル・ボタニックガーデン&ドメインは、大都会にある広大な植物園で、珍しい植物を見ることができますが、珍しい種類の植物や、絶滅危惧種の植物もたくさん育てられていますので、植物が好きな人にはたまらない場所です。特にジュラ紀の植物であるウォレミパインは、他では見ることができない植物ですので、見逃さないようにしましょう。園内では常時、様々なイベントやツアーが開催されていますので、それに参加すると、植物の詳しい説明も聞くことができます。 また、園内には鳥やコウモリが多く生息していますが、オウムなどには餌付することもできます。手の平に餌を乗せると、肩の上や腕に乗ってきますので、是非、挑戦してみてください。

シドニー人気アクティビティランキング

ロイヤル・ボタニックガーデン&ドメイン (観光情報) (観光情報) | シドニー観光 VELTRA(ベルトラ)
ロイヤル・ボタニックガーデン&ドメインは、オーストラリアのシドニーにあります。1816年に開園された王立の植物園です。オペラハウスのすぐ側にあり、シドニーという都会に広がる広大な植物園には、珍しい種類や絶滅危惧種の南国の植物が集められている、シドニートロピカルセンターをはじめ、アボリジニゆかりの植物を集めたコーナー、シダを集めたコーナーなどがあり、その植物の種類は17,000以上に上ります。また、様々な種類の鳥やコウモリが生息していて、餌付ができるコーナーもあります。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜