ハイドパーク・バラックス博物館は、シドニーの中心街にあるレンガ造りの建物です。1819年に流刑囚のフランシス・グリーンウェイが建設を手がけました。囚人の収容所や移民収容など、さまざまな用途に使われてきました。現在は、当時の過酷な流刑囚の暮らしを再現した歴史的建造物となっています。中庭にはカフェレストランもあり、休憩することができます。そのカフェレストランは、オーセンティックなモダンオーストラリア料理で有名です。
歴史
ハイドパーク・バラックス博物館の建物は、ラックマン・マッコリーの命令によって建設されました。もともとは囚人を収容するための施設でした。しかし、1862年から女性移民の保護施設として使用されました。その後、1887年から1979年まで法廷や政府の施設として使用されました。2010年にオーストラリアの囚人遺跡跡の1つとしてユネスコの世界遺産に登録されました。今日では、ニューサウスウェールズ州管轄の博物館として公開されています。

見どころ
ハイドパーク・バラックス博物館の見どころは、充実した展示物です。眠りと悪夢の部屋では、フロアにあるハンモックに横たわると入植者の女性の声が聞こえます。物語の部屋では、バラックスの歴史を模型でたどることができます。囚人が実際に使用していた物も展示してあり、当時の様子を想像することができます。また、ハイドパーク・バラックス博物館の近くには、緑に囲まれた広大な公園があります。ここでゆっくり一休みすることができるのも魅力的です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

シドニーの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ハイドパーク・バラックス博物館 (観光情報) | シドニー観光| VELTRA(ベルトラ)

ハイドパーク・バラックス博物館は、シドニーの中心街にあるレンガ造りの建物です。1819年に流刑囚のフランシス・グリーンウェイが建設を手がけました。囚人の収容所や移民収容など、さまざまな用途に使われてきました。現在は、当時の過酷な流刑囚の暮らしを再現した歴史的建造物となっています。中庭にはカフェレストランもあり、休憩することができます。そのカフェレストランは、オーセンティックなモダンオーストラリア料理で有名です。