VELTRA

©Aura Sky Pool

©ドバイ経済・観光庁

©Nakheel

気分も運気も上がる!? パワーチャージのドバイの旅

ドバイ経済・観光庁とエミレーツ航空のオリジナルグッズをセットで12名様に抽選でプレゼント!ドバイ経済・観光庁とエミレーツ航空のオリジナルグッズをセットで12名様に抽選でプレゼント!
Presented by ドバイ経済・観光庁 × VELTRA
  • SHARE
  • teitter
  • facebook
  • line

Revitalizing trip to Dubai 非日常体験で心も体もリフレッシュ
ドバイへパワーチャージの旅

世界一の名所がたくさんあることで有名なアラブ首長国連邦(UAE)第二の都市、ドバイ。お金がないと楽しめない?いえいえ、実はリーズナブルなスポットも多くあり、一年中ビーチやプールを楽しめるので、旅行先としてぴったりの都市です。
美しい海、広大な砂漠、世界一が集まる未来都市、歴史を感じる旧市街の4つの景色を滞在中に楽しめるのはドバイならでは!毎年新しいスポットが誕生し、進化し続けるドバイのエネルギーを肌で感じるパワーチャージの旅へ出かけませんか?

ドバイに行くべき9つの理由

  • ①直行便で行ける!

    ©エミレーツ航空

    ①直行便で行ける!
    「ドバイって遠いアラビアの国でしょう?」いえいえ、日本からエミレーツ航空の直行便が就航しているのでアクセスは良好!最終目的地までドバイを経由して旅行する方も多く、欧米と比べても日本に近いことが特徴です。時差も-5時間なので体力的な負担も大きくありません。
  • ②東京より物価が安い
    ②東京より物価が安い
    「ドバイ=物価がかなり高い」というイメージがありますが、実は東京よりドバイのほうが物価が安いんです(『2022年世界生計費調査 ‐ 都市ランキング』で東京が世界9位、ドバイが世界31位)。
    タクシーの初乗りは5AED(約195円)、地下鉄は3AED~(117円~)とリーズナブルです。
  • ③世界トップクラスに治安が良い

    ©ドバイ経済・観光庁

    ③世界トップクラスに治安が良い
    世界中から人が集まるドバイでは異文化交流が当たり前。市民1人1人が違いを認め合えるからこそ、世界屈指の治安の良さが保たれています。若い女性でも安心して歩ける市街地、日本やアジアの人々にも寛容な雰囲気は、海外旅行に不慣れな方にも嬉しいポイントです。
  • ④街が綺麗・清潔

    ©GETAWAYS TOURISM LLC

    ④街が綺麗・清潔
    初めてドバイの街を歩いたあなたは、きっとその清潔さに気がつくはずです。道路や商業施設の清掃も行き届いており、お手洗いがひどく汚れていることなどは、まずありえません。綺麗好きな日本人が快適に過ごせる点も、忘れてはいけないドバイの魅力です。
  • ⑤思ったより暑くない

    ©ドバイ経済・観光庁

    ⑤思ったより暑くない
    砂漠の街はとにかく暑い!と思っていませんか?アラビア湾に面するドバイは海風が吹くため、秋冬の夜は薄手の上着が欲しくなるほど涼しくなります。真夏の屋外では暑さを感じますが、多くの観光名所が冷房完備の室内にあるので、屋外で過ごす時間はそんなに多くありません。日本ほどの湿度もなく、実は日本の夏よりも過ごしやすいくらいです。
  • ⑥何度行っても飽きない
    ⑥何度行っても飽きない
    ドバイは世界中の大企業が知恵を絞り、凄まじいスピードで進化を続ける街。10年前、5年前には骨組みさえなかった観光名所は当たり前で、今でも数ヶ月単位で新しいスポットがオープンしています。 何度行っても新しい発見が絶えず、常に新鮮な気持ちで旅行を楽しむことができます。
  • ⑦世界一が目白押し
    ⑦世界一が目白押し
    せっかくの海外旅行、やっぱり「世界一」を見てみたい!世界一高いビル、世界最高級の7つ星ホテル、世界最大の噴水ショー、ギネスに載ったインフィニティープール。
    ドバイにはたくさんの「世界一」が集まり、日本では想像もできない圧倒的な景色が広がっています。世界レベルの体験に、驚きと感動が止まりません。
  • ⑧イスラム教の国の中では寛容

    ©CMP Bar & Grill

    ⑧イスラム教の国の中では寛容
    イスラム文化が根付くドバイですが、イスラム教の制約は厳しくありません。例えば観光客が訪れるレストランやホテルでは日本と同じようにお酒を楽しむことができます。またアバヤやヒジャブの着用も不要ですので、誰でもお気に入りのお洋服で街歩きを楽しめます。(※過度な露出はお控えください。※モスク等の訪問には服装規定があります。)
  • ⑨ほぼ100%英語が通じる
    ⑨ほぼ100%英語が通じる
    住民の8割が外国で生まれドバイに移り住んできているため、ドバイでは普段から公用語として英語が使われています。また使われる英単語や文法はとてもシンプルで、片言英語の日本人でも理解しやすいようゆっくり話してくれます。どこに行っても英語が通じることは観光客に嬉しいポイントですね。

女性だけで思い切り楽しむ女子旅

©GETAWAYS TOURISM LLC

女子旅に欠かせない全てが揃う場所
どこを撮っても写真映えし、朝昼晩のご飯は全てが最高!女の子が大好きなショッピングやスパも充実していて、治安の面でも安心。仕事終わりでも間に合う夜発の直行便もあるので忙しい友達同士の予定も合わせやすく、ドバイは働く女子のリフレッシュ旅行にぴったりです。大切な友達と行く気分上々のドバイ旅。それはきっと、あなたの運気を上げ、日本でもっと頑張れる力をくれるはずです。

©PALAZZO VERSACE DUBAI

ヴェルサーチのホテルで朝食 Breakfast at Palazzo Versace Dubai

ドバイNo.1の朝食にも選ばれた5つ星レストランで優雅なドバイの朝の時間を。インテリアや食器は全てヴェルサーチ製で朝から気分が上がること間違いなし!

©Arabian Tea House

アラビアンティーハウスで昼食 Lunch at Arabian Tea House

アル・ファヒディ歴史地区にある、まるでリゾートのようなオシャレなアラビアンレストラン。旧市街散策中の休憩にぴったりの場所です。
インテリアがフォトジェニックなだけでなく、床に敷き詰められた真っ白な貝殻も素敵♪まるでビーチを歩いているかのような気分も楽しめます。

©PALAZZO VERSACE DUBAI

ザ・スパでリラックスタイム Relaxation at The Spa

女子旅に欠かせないスパ。ドバイには、中東に来たら絶対体験したいモロッコ式ハマムでのボディトリートメントもあります。スパ内に漂う香りに心も癒され、心身ともにととのう至福のひとときこそ、ご褒美の極み!

©GETAWAYS TOURISM LLC

インフィニティプール絶景を満喫 Infinity Pool at SLS Dubai

2021年4月にオープンした5つ星ホテルの75階にある絶景インフィニティプール。ダウンタウンの高層ビル群の頂上や摩天楼ブルジュ・ハリファが同じ目線に広がります。
プールを満喫した後はホテル内70階のレストランへ。景色を楽しみながら、ゆったり食事とワインはいかがでしょうか?

©Arabian Adventures

マルハバラウンジで
フライト時間までの時間も快適に
Marhaba Lounge

日本への帰国前、ドバイ出発便までの時間をどう過ごすか迷う方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのがドバイ国際空港にあるマルハバラウンジ。お食事やお飲み物はもちろん、ふかふかの椅子や無料Wifi、携帯充電サービスも嬉しいポイントです。
旅の思い出話に華を咲かせながら、優雅な女子旅の締めくくりをお楽しみください。

女子旅(3泊6日)モデルプラン

1日目

夜便で日本発

2日目

ドバイ
到着日

5:00

貸切送迎でホテルまでの移動も快適!詳細はこちら

8:00

5つ星ホテルでの豪華朝食から旅のスタート♪
ジャルディーノ詳細はこちら

10:00

日々とフライト疲れはモロッコ式ハマムで解消
ザ・スパ詳細はこちら

14:00

ドバイ旧市街散策でショッピング👜ガイドさん付きで安心!詳細はこちら

19:00

高さ世界一!ブルジュ・ハリファ展望台へ
アット・ザ・トップ詳細はこちら

20:30

世界一の噴水ショーを間近で楽しむ感動ディナー
ビーチェ・マーレ詳細はこちら

3日目

10:00

ダウンタウンを一望できるインフィニティプールでゆっくり
SLSドバイ ホテル&レジデンス

12:00

ランチは同じホテルのイタリアンレストランで🍴
フィリア詳細はこちら

14:30

デザートサファリでアラビアンナイトを満喫
詳細はこちら

4日目

9:00

息を呑む景色が広がる360度展望台へ
ザ・ビュー・アット・ザ・パーム詳細はこちら

12:00

地元UAEブランドが集まるモールでランチ&お土産ショッピング
ナキール・モール

19:00

フォトジェニックなレストランでフランス料理を堪能
ルーロイヤル詳細はこちら

5日目

11:00

BBQ付のランチクルージングで海からのドバイの景色を満喫詳細はこちら

14:30

7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」の内部見学ツアー 時間があればアフタヌーンティー付きプランもおすすめ!詳細はこちら

19:00

まるで水族館にいるようなレストラン
「アル・マハラ」でディナー詳細はこちら

6日目

深夜便でドバイ出発→日本帰国
フライトまでの時間はラウンジでゆっくり旅の振り返り詳細はこちら

暑さを吹き飛ばし喉の乾きを潤すのに
ピッタリなミントレモネード!
Mint Lemonade
ドバイに行ったら是非試してほしいミントレモネード。お店によっては「Lemon Mint」と呼んでいる場合もあります。
ミントがたっぷり入ったシャーベット状のレモネードで、甘すぎずスッキリとした味わい。日本ではなかなか出会えない爽やかドリンク、是非現地でお試しください♪

大切な人と一生モノの思い出をつくる旅

非日常体験でかけがえのない時間を
大切な人と行く、一生に一度の大切な旅行。ハネムーンやカップルでのドバイ旅行はいかがでしょうか?
涙が出るほど美しい噴水ショーとディナーを楽しんだ後は、世界一の観覧車から見るロマンチックな夜景にうっとり。アクティブ派のお2人ならスピードボートやグランピング体験がさらにお互いの距離を近づけてくれます。ドバイで過ごす私たちだけの夢の時間。一生忘れられない幸せな思い出は、きっとドバイにあるはずです。

©Helidubai

ヘリコプターで空から観光 Iconic Helicopter Experience

2人の特別なドバイ旅行なら、必ず予定に組み込んでおきたいのがヘリコプター遊覧飛行です。パームジュメイラの全貌、横から眺める828mブルジュ・ハリファなど、陸とは違う視点からドバイの街を楽しむことができます。地上からでは出会えない絶景の連続は、2人の大切な思い出になるはず。

©Jumeirah International LLC

雰囲気も景色も抜群の
ロマンチックな食事時間
Pierchic

ドバイで最もロマンチックなレストランといえば、水上コテージスタイルの「ピアシック」です。
毎日レストランに配送される獲れたての魚類や農産物で新鮮で絶品の料理も魅力の一つ。アラビア海の絶景にうっとりしながら、ロマンチックなランチやディナーを楽しめます。2人でちょっとオシャレをして赴けば、お食事の時間はさらに特別に。

©Seamocean

海のラクダでアラビア湾ドライブ Sea Camel Speedboat Tour

大切な人との旅行なら、一緒に楽しめるアクティビティにも参加してみたいですよね。そんな2人へのおすすめが2人乗りのセルフ操縦スピードボート「シーキャメル」です。普段は体験することができないドキドキのボート操縦、いつもと違うパートナーの真剣な横顔にも出会えるかもしれません。

©ドバイ経済・観光庁

朝日を熱気球から眺めて
朝から幸せな気分に
Hot Air Balloon

広大な砂漠や砂漠の中のオアシスだけでなく、オマーンの山々や野生動物が暮らす自然保護区、ベドウィンの畑やラクダ農場などの景色も見られるのはドバイならでは!
ヘリコプターや飛行機から見る景色とはちょっと違う絶景の気球の旅は感動すること間違いありません。

©Dinner in the Sky

夜景を200%楽しむ上空ディナー Dinner in the Sky

夜景だけでは物足りない方におすすめしたいのが、テーブルごと上空へ浮遊する「ディナー・イン・ザ・スカイ」。50m上空からの360度に広がるドバイのきらめく夜景の中で大切な人と一緒に空中でお食事を楽しむなんて、こんなスリリングでロマンチックな体験あるでしょうか?スタッフの方がたくさん写真を撮ってくれるので、きっと一生のお気に入りのお写真も二人のお土産になるはず。

©SAND SHERPA LLC

貸切キャンピングトレーラーで
エコアドベンチャー
Camping Experience

自然の中で2人の時間をゆっくり楽しみたい方には、キャンピングトレーラー貸切で砂漠保護区内でサファリドライブと本格キャンプ体験がおすすめ。数年前から日本でもキャンプ&グランピングが大人気ですが、砂漠でキャンピングカー貸切で楽しめるのはドバイならではの体験。予めお選びいただいたお食事セットでBBQやキャンプファイヤーもお楽しいただけます。砂漠で満天の星空を眺めながら、瞬く炎を囲みながらゆっくりと過ごす時間は格別。

カップル・ハネムーナー(4泊7日)
モデルプラン

1日目

夜便で日本発

2日目

ドバイ
到着日

5:00

空港お迎えの貸切ツアーで到着日も効率よく市内観光♪詳細はこちら

18:00

ドバイの上空でディナー
ディナー・イン・ザ・スカイ詳細はこちら

3日目

9:00

ヘリコプター遊覧飛行ツアーで空から観光詳細はこちら

12:30

海に浮かぶ絶景レストランでランチ
ピアシック詳細はこちら

16:45

セルフドライブできるスピードボートで海のドライブ
シーキャメル詳細はこちら

18:30

360度展望台で夜景を楽しんだ後はラウンジで乾杯🍷
ザ・ビュー・アット・ザ・パーム詳細はこちら

20:00

パームファウンテンを眺めながらの地中海料理を堪能
アラカ詳細はこちら

4日目

3:30

熱気球から朝日鑑賞詳細はこちら

10:30

ホテルでゆっくり休憩

13:00

ホテルで遅めのランチ

15:00

インフィニティプール夕焼けも楽しみながらゆっくり
SLSドバイ ホテル&レジデンス

19:00

ディナーは、同じホテルのイタリアンレストランで🍴
フィリア詳細はこちら

21:00

シエル・スパのカップルプランでリラックスタイム詳細はこちら

5日目

10:00

スピードボートに乗って、海の上で記念写真
イエローボート詳細はこちら

14:30

砂漠で1泊2日キャンプの旅へ出発詳細はこちら

6日目

10:00

ホテルへ帰着

11:00

ホテルチェックアウト後は世界最大のモールへ
ドバイモール

12:00

モール内の巨大水族館で癒しのひととき
ドバイ水族館詳細はこちら

13:00

フードコートでランチ
ドバイモール

14:00

モール内でお土産ショッピング

19:00

世界一の噴水ショーを間近で楽しむ感動ディナー
ビーチェ・マーレ詳細はこちら

22:00

ホテルへ戻り、荷物ピックアップ&空港へ移動

7日目

23:00

フライトまでの時間は空港にあるラウンジでゆったりとした時間を
マルハバラウンジ詳細はこちら

深夜便でドバイ出発→日本帰国

世界一のインフィニティプールが
集まる場所
Infinity Pool
昨今ドバイには世界一のインフィニティプールが続々と誕生しています。その中でも今大注目を浴びているのが世界一高い場所にある360度のインフィニティプール「AURA Skypool Lounge」。プール、海、空の青がひとつに溶け合う絶景を楽しめます。

ドバイで降りないなんてもったいない

ストップオーバーでドバイを満喫する方法
ドバイ国際空港はトランジットで利用したことはあるけど、実際に観光はしたことはないという方も多いのではないでしょうか。
次のフライトまで4時間以上の待ち時間がある場合、ドバイへ入国して観光が可能です。
ドバイ国際空港から市内までは車やメトロで約30分前後で行けるので、経由するだけじゃもったいない!様々な体験ができるドバイだからこそストップオーバーで寄って旅行を2倍楽しんでいただける秘密をご紹介します。

©Nakheel

360度の大パノラマの絶景 The View at The Palm

限られた時間の中でも是非訪れていただきたいのが、空港からは車で約30分前後にある「ザ・ビュー・アット・ザ・パーム」。
展望台の高さはなんと240m!目の前に広がる圧巻の景色は息を呑むほどです。チケット自体も割と安価なのも魅力の一つ。
どのアングルから写真を撮っても絵になる壮大な景色で様々なドバイの姿を楽しむことができます。

©X Dubai LLC

世界最長&最速のジップラインは
体験しなくちゃ損!
Dubai X Line

空港から車で30分前後にある、世界最長の「ドバイ エックス・ライン」。スーパーマンになった気分で風を切ってドバイの景色を上から眺めた後は、GoProで撮影されたジップラインの写真とビデオ録画がメールで届くので2倍楽しめます。一人でも二人以上でも楽しめるのも嬉しいポイント。

ドバイで人気の観光地や
体験を1日に凝縮!
Full day in Dubai

限られた時間で効率的にドバイを楽しみたい方にはドバイの市内観光とデザートサファリがセットになったツアーがおすすめです。空港往復送迎付きで至れり尽くせりなので、ストップオーバーでの参加にもぴったり!ガイドさんと専用車付きだから土地勘がなくても安心してお楽しみいただけます。

©Orient Tours LLC

50年後の未来へタイムスリップ The Museum of the Future

2022年2月にオープンして以来、常に話題を集めている「未来博物館」。入場チケットはすぐに売り切れてしまうので、訪問には事前予約がおすすめです。博物館のテーマは「50年後のドバイ」。各階ごとに異なるコンセプトの様々な仕掛けがあり、本当にタイムスリップしたかのような感覚を体験できます。世界最先端が集まるドバイならではのスケールとテクノロジー。50年後の人類がどうなっているか、将来を考えるきっかけにもなります。

©The Yellow Boats

海上からドバイ市内観光 The Yellow Boats

海上からドバイの目玉スポットを巡る観光ツアー「イエローボート」。海のアトラクションのような感覚ですが、水には入らないので私服のままで体験できるのも嬉しいポイント。
それぞれの観光スポットの前では写真ストップを設けてくれるので、ドバイ観光を満喫した記録をSNSでも発信できますよ。
日中は青い海と青い空に広がる街を、日没後はライトアップされた街の景色を。爽快感溢れる体験で気分が上がります!

ストップオーバー(2泊4日)
モデルプラン

1日目

ヨーロッパからドバイに到着

深夜到着なら安心のタクシー利用がおすすめ。
(50~70AED/2,000~2,500円)
明るい時間帯ならドバイメトロを利用してみては?(5AED/180円)

2日目

ドバイ
到着日

7:00

ドバイ半日観光ツアー詳細はこちら

15:00

貸切チャーターでデザートサファリへ詳細はこちら

3日目

10:00

未来博物館で未来へタイムスリップ気分詳細はこちら

12:00

高さ世界一!ブルジュ・ハリファ展望台へ
アット・ザ・トップ詳細はこちら

14:00

世界最大のモールでランチ&ショッピング
ドバイ土産にはパッチの(Patchi)のチョコレートと
バティール(Bateel)のデーツがおすすめ!
ドバイモール

19:00

世界一の噴水ショーを間近で楽しむディナーブュッフェ
メディテラネオ詳細はこちら

21:00

ホテルへ戻り、貸切空港送迎で空港まで楽々移動詳細はこちら

4日目

23:00

フライトまでの時間は空港にあるラウンジで
ゆったりとした時間を
マルハバラウンジ詳細はこちら

深夜便でドバイ出発→日本帰国

©ドバイ経済・観光庁

年末年始はドバイがおすすめ! New Years Eve
年末年始のドバイでは、有名なランドマーク周辺で色とりどりの花火が打ち上げられます。実はドバイは、花火でもギネス世界記録を有しているんです!
年末年始ではいたるレストランでガラディナーが行われていて、街は活気と祝福ムードに満ちています。レストランでゆっくり鑑賞したり、イエローボートで様々な場所で上がる花火を海の上から鑑賞したり。一年頑張った自分に、エネルギーに満ちたドバイで新年を迎えるご褒美はいかがでしょうか。きっと素敵な新年となるはず!

アンケートに答えて当たる! プレゼントキャンペーン

ドバイ経済・観光庁と
エミレーツ航空のオリジナルグッズを
セットで12名様に抽選でプレゼント!

A380のモデルプレーンやエコバッグ、タンブラー、
トラベルポーチなどの
オリジナルグッズが当たるチャンス✨

エミレーツ航空

*モデルプレーン以外のグッズ内容は
アンケートフォーム上でご確認いただけます!

エミレーツ航空

応募期間:
2022年9月29日(木) ~ 2023年3月31日(金)

キャンペーン規約・注意事項

キャンペーン規約・注意事項

  • 応募期間
    2022年9月29日(木) ~ 2023年3月31日(金)
  • 応募方法
    アンケートフォームよりお申し込みください。
  • 当選発表
    2023年4月下旬予定
  • 連絡方法
    当選結果はアンケートにご登録のメールアドレスにお知らせします。(当選者のみ)
    「○○○○@veltra.com」からメールが届きますので、ドメイン指定受信などメール受信機能設定をされている方は、こちらのメールが届くよう設定をご確認ください。
    ※本キャンぺーンを通じてお客様から任意でご提供いただいたお名前、メールアドレス等の個人情報は、本キャンぺーンの運営ならびに賞品発送とメールマガジンの配信に利用いたします。お客様の個人情報を、その他の目的に使用したり、第三者に開示・提供はいたしません。
  • 適用条件
    当キャンペーンのご応募は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

閉じる×

上記のキャンペーン規約を必ずお読みください。
ご応募をもちまして
本規約に同意したものとみなされます。
当キャンペーンは、予告なく変更・終了する場合があります。予めご了承ください。

ドバイ基本情報 Dubai Key Facts

地域名:ドバイ
アラブ首長国連邦(United Arab Emirates、略してUAE)という連邦国家の中にある、首長国の一つ。
UAEは7つの首長国(アブダビ、ドバイ、シャルジャ、アジマン、ウム・アル・カイワイン、フジャイラ、ラス・アル・ハイマ)から成り立つ。
言語:英語、アラビア語
通貨:ディルハム(Dhs、AED)
面積: 約4,114 平方km(関西で言う滋賀県、関東ですと埼玉県と同じぐらいの大きさ)
人口: 約347万人(東京の約4分の1)、80%以上が外国人。
宗教:国教のイスラム教(スンニ派、シーア派)が約90%以上。他には、ヒンドゥー教、仏教など。
日本との時差:-5時間 (日本より5時間遅い)
アクセス:エミレーツ航空が関空と成田からドバイへ、エティハド航空が成田、中部からアブダビへの直行便を運航。 日本からドバイへは所要約10~11時間。 ※新型コロナウィルスによる出入国規制及びフライト情報については、外務省、航空会社ホームページ等で最新情報をご確認ください。
パスポート:入国時に残存有効期間が6ヵ月以上必要。
ビザ:日本国籍の場合、30日以内の滞在はビザは不要。

気候・服装
特に乾季・雨季はなく、夏季と冬季に分けられます。基本的には1年のほとんど晴れているので、雨具の携帯は不要。
2~3月は強い北風が吹き、時々砂嵐になることも。
夏季(4-10月)は気温は摂氏30~50度で、夏服が最適。
冬季(11-3月)は平均気温は20~30度で過ごしやすく、旅行のベストシーズン。日中は半袖でも良いが、夜は気温が10度前後まで下がるので重ね着用のカーディガンなどをお持ちいただき、体温調節しやすい服装がおすすめ。

電圧:220/240ボルト。プラグはBFタイプ。
チップ:習慣はありますが、義務ではありません。ホテルやレストランでは、料金の10%くらいが目安。
クレジットカード:ほとんどのお店やタクシーで利用可。但し、スークなどの小さな商店では現金が必要。

dubai
  • Instagram
  • facebook
  • teitter
  • Youtube
Veltra
  • Instagram
  • facebook
  • teitter
  • line

© 2022 ドバイ経済・観光庁 × VELTRA

top