時間がもっとほしい

投稿者: たんろー, 2017/05/07

北京は初めてなので、移動と中国の連休などを考慮して、このツアーを申し込みました。
参加者は私達夫婦と大学生だけでした。
万里の長城は移動の渋滞もなく予定通りに到着。見学は約1時間半くらいでしたが、女坂を途中まで登って下り、男坂も少しだけ登って待ち合わせ場所へ・・・もっと時間が欲しいくらいです。今は八達嶺の他、いろんな長城に登れる様です。
明の十三料陵は女性のガイドの日本語があまり上手でなかったので、少し理解しずらかったのと、他の方の日本語ガイドが説明していたことを私たちのガイドに聞いても説明できないことがありました。
ガイドはどの程度の日本語ができるのか事前に確認できないのが難点です。


  • 八達嶺 万里の長城


  • 明の十三陵

催行会社からのコメント

お客様へいつもマイバスをご利用して誠にありがとうございました。アンケートを頂きました、ありがとうございました。もっと良いサービスをご提供するように頑張ります。マイバス北京より

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2017/05/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

スムーズな案内

投稿者: かずさ, 2017/03/07

案内の方は上手な日本語で 意思の疎通も
全く心配なし。
ドライバーさんも にこやかで 運転も上手。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2017/03/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

お手軽万里の長城

投稿者: TAKU, 2017/02/12

一人での参加でしたが、当日もう一人の参加者がいらしたので、結局二人で行くことになりました。
自力で行こうかと思いましたが、かなり時間がかかるということでツアーで行くことにしました。
八達嶺万里の長城と明の十三陵は満足でしたが、八達嶺は男坂女坂両方は行く時間はなかったです。
最後にお茶屋さんに行く予定でしたが、行ってみるとかなり込んで30分ほど入館にかかるということで、二人で相談し行かずにツアーを終えました(特に行きたいとも思わなかったので)。
ガイドさんは、お茶屋さんに行かなかったということで最後行かなかったことへの承諾書にサインをしました(おそらくツアーの催行上、ガイドさんとしては連れていなかければ行けないため、と言っていました)。
他の参加者がいたので、後日クレジットカードに返金がありました。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/10/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ちょっとお高いが、やっぱり日本の旅行社の現地ツアーがいい!

投稿者: matyan, 2017/01/01

今回、青島・北京旅行で万里の長城までは少し遠いので時間節約の意味もあって現地ツアーを利用しました。結果的にとても良かったと思いました。
良い点は、①個人でバス等で行くより時間的に有効(もし個人で公共交通機関を使ったなら万里の長城だけで1日が終わる)②明の十三陵まで案内されたこと③史跡説明が日本語で聞けたこと④今回はあまり渋滞も無くスムーズに旅程を進行でき、ガイドの人が良かった。⑤昼食が時間通りに用意され、しかも料理のお代わり自由、早速お代わりした料理が、先の物と少し違ってとても美味しかったこと。
気になった点は、ガイドが「1時間で万里の長城の女坂を往復できる」と言ったが、とてもできるわけがない、集合時間(1時間20分)に間に合わせる為には中腹のところで諦めざる(体力的にも)を得なかっ
た。
余談ですが案内ガイドが、十三陵の案内の中、そこの立林するの名前をヒノキではなく柏と言ってい
たことには皆んな苦笑していた。
ところで翌日現地中国の「1日旅游」(参加者は全て中国人)を利用して市内見物をしましたが、集合に遅れて来る人、昼食は席に着いて30分以上も待たされ、量も少なく“我先に"という有様、土産店では聞きたくもない商品説明の為これもまた30分以上も聞かされた。
こんなことから、やはり日本の旅行社の現地ツアーがいいと思いました。


  • 地下宮殿(当時の工事者に冥福)


  • 大規模な陵への道


  • やはり百聞は一見にしかず

催行会社からのコメント

この度は、マイバス北京オプショナルツアーをご参加頂き誠にありがとうございました。貴重なご意見を賜りまして本当にありがとうございました。
当日のガイドと運転手にお客様からのお褒め言葉を伝えさせていただきました。
今回頂いた貴重なご意見をもとに、今後はマイバス北京がもっと皆様に楽しんでいただけるツアーの造成に精進して参ります。
引き続きマイバス北京をご愛顧賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/12/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

いい体験でした

投稿者: tuu, 2016/11/07

万里の長城の男坂のほうに登りましたが、かなり急でしっかりとした靴が
必要です。 当日は天気がよく登っていると暑く、皆頂上に付く頃は上着を抱えていました。
明の十三陵は可もなく不可もなくといったところであまり記憶に残らず。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/11/04
この体験談は参考になりましたか? [はい]

お手軽です

投稿者: 初北京, 2016/11/06

初北京で地理に不案内なことと、万里の長城までは距離もあるということでツアーを利用しました。万里の長城でも時間は十分に取っているので、男坂も登ることができました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/11/04
この体験談は参考になりましたか? [はい]

青空の万里の長城はやはり最高でした!

投稿者: メンフィス, 2016/09/22

 一名で参加しました。
参加者は2名が4組と私の全部で9名。
小型のバスでしたが、非常に快適でした!
当日は雲ひとつない青空が広がり、北京に来て4日目にしての待望の晴れでした!
万里の長城ではたっぷりと100分くらい時間を取っていただけて、キツイと言われる男坂を往復しても余裕で時間が余り、その時間で麓の撮影所で皇帝の衣装を着て記念撮影なんかしちゃいました(笑)
昼食も9名で円卓を囲みましたが、思っていたよりも美味しくて皆さんほぼ残さず食べてましたよ。
明の十三稜は定稜の地下宮殿まで見学しました。
神道まで見学できるとなお良かったと思います。
西後に立ち寄った茶芸館も一通り試飲させて貰いましたが、購入を強制させるような強引な売り込みは全くなく良かったと思います。
最後に他の参加者がいたということで返金までいただき、お得感もありました。
参加して良かったツアーです‼




催行会社からのコメント

この度は、マイバスオ北京プショナルツアーをご参加頂き誠にありがとうございました。
貴重なご意見を賜りまして本当にありがとうございました。ガイドのお褒め言葉を伝えさせていただきました。
今回頂いた貴重なご意見をもとに、今後はマイバスがもっと皆様に楽しんでいただけるツアーの造成に精進して参ります。引き続きマイバスをご愛顧賜ります
よう何卒宜しくお願い申し上げます。 

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/09/19
2 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

想定外の歩きが・・・

投稿者: ふくちゃん, 2016/09/21

八達嶺では駐車場から長城登山口まで一般道を15分くらい歩きます。大型バスや路線バスは長城登山口まで入れますが、一般車両は入れません。長城を上る前に登山が始まりますので覚悟して参加してください。一般道ですから大型バスが通りますので注意が必要です。また昼食は期待してはいけません。この程度のツアー代ですからその程度の内容と思ってください。ガイドさんは丁寧で良かったです。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/09/18
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

人人人人人!

投稿者: たまご, 2016/07/20

個人で行くのは厳しいと思い、ツアーを申し込みました。
昼食がおいしくなかったのが、残念でした。

催行会社からのコメント

アンケートありがとうございました。昼食は調整しておりました、チャンスがありましたら再体験お願いします。宜しくお願い致します。マイバスですくより。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/07/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ガイドの方が

投稿者: クロノス, 2016/07/14

ガイドの方が非常に感情的で、車中ではずっと中国政府の愚痴ばかり言っていました。
さらに、ガイドの身分証を会社に忘れてしまったらしく、入場の際に警備の人と揉めてケンカになっていました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/08/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

エリアからツアーを探す

二大世界遺産巡り 北京1日観光ツアー 八達嶺万里の長城+明の十三陵 <昼食/ホテル送迎/日本語ガイド/北京発>の参加体験談 | 北京の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

二大世界遺産巡り 北京1日観光ツアー 八達嶺万里の長城+明の十三陵 <昼食/ホテル送迎/日本語ガイド/北京発>の参加体験談 | 北京郊外観光の定番コース!中国の数ある歴史遺産の中でも圧倒的なスケールを誇る「万里の長城」と、明代13人の皇帝が眠る広大な陵墓「明の十三陵」を訪れるツアー。中国の壮大さを改めて実感することでしょう!