可愛いパンダに世界遺産!成都満喫1日ツアー 成都パンダ基地+楽山大仏 <英語ガイド>の参加体験談 | 成都・九寨溝・黄龍の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

可愛いパンダに世界遺産!成都満喫1日ツアー 成都パンダ基地+楽山大仏 <英語ガイド>

参加者の評価

4.50 4.50 / 5

体験談数

2
体験談を投稿する

ツアー情報の補足

投稿者: ほーさん, 2019/10/23

 ツアー自体はとても良かったのですが、HPの案内では分からなかった点がいくつかあったので記します。
①HPに記載はありませんが最少催行人数が決まっているようで、ずっと仮予約の状態が続いた後、催行4日前になって別の日(不催行のはずの日曜日)に変更するよう提案がありました。
②ガイドさんからホテルへ電話連絡があるまでピックアップ時間が分からないため、私が使った全日空成田直行便のように深夜の成都着だと翌日参加は難しいかもしれません。
③パンダ基地観光は約2時間半とありますが、今回は8時の開園と同時に入園し、10時には楽山へ向けて出発するスケジュールでした。私は2時間弱の見学でも十分でしたが、「もっと居たい」とガイドさんに訴えるお客さんもいました。なお、この手のツアーによくある園の入口解散・集合ではなく、5か所ほどの見どころを一緒に移動し、そこで5~30分フリータイムというスタイルでした。混雑していて時間が足りない場所もありましたが、園内が広く見どころが点在しているので効率的に回れて良かったです。
④楽山では1時間昼食時間があり、英語メニューがあるレストランを紹介されますが、どこで食べてもよいとのこと。ローカルフードの店もたくさんあり庶民の味を堪能できました。
⑤楽山大仏の見学は、大仏の頭上まで2往復する2~3時間のウォーキングコースと、遊覧船に乗って大仏を正面から観る往復30分ほどのコースのいずれかを、参加者の多数決で決める形でした。今回は遊覧船コースになったので良かったですが、アップダウンの激しいウォーキングコースは私には無理だったと思います。(ウォーキングコースだと成都戻りは20時頃になるとのこと。なお、HPには「遊覧船の乗船料は別途」と書いてありますが、追加料金は不要でした。)

  • 生後2ヶ月

催行会社からのコメント

この度は「成都パンダ基地+楽山大仏混載ツアー」をご利用いただき誠にありがとうございました。大切なコメントと写真をご投稿していただきありがとうございます。
ツアーの補足情報を詳しく書いていただき、感謝しております。ツアー販売開始してから現在まで、変更点がありツアーページの更新が遅くなってしまい、誠に申し訳ございませんでした。それなのに、成都パンダ基地と楽山大仏観光を楽しんでいただき本当に良かったでございますね。
また機会がございましたら、お客様の中国旅行にお役に立てますと幸いでございますが。この度はどうも、ありがとうございました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2019/10/20
この体験談は参考になりましたか? [はい]

丁寧で安心なガイドさん

投稿者: A&T, 2019/05/29

専用車にて成都パンダ基地そして楽山大仏をまわりました。
同行いただいたガイドさんがとても親切かつ丁寧な方でした。
中国という異国の土地でも安心してまわることができました。
またぜひ同じ方にお願いしたいと思いました。
どうもありがとうございました。

催行会社からのコメント

この度は「 成都パンダ基地+世界遺産・楽山大仏 1日観光」をご利用いただき、誠にありがとうございました。大切なご体験談ありがとうございます。
こちらの日程で専用車と専属の日本語ガイドを手配させていただきました。ガイドにご満足していただき、ご旅行を楽しんでいただいたようで、とても嬉しく思っております。
機会がございましたら、ぜひまた成都へお越しくださいませ。またお客様の中国旅行にお役に立てますと幸いでございます。
この度は本当にどうも、ありがとうございました。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2019/05/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

可愛いパンダに世界遺産!成都満喫1日ツアー 成都パンダ基地+楽山大仏 <英語ガイド>の参加体験談 | 成都・九寨溝・黄龍の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

可愛いパンダに世界遺産!成都満喫1日ツアー 成都パンダ基地+楽山大仏 <英語ガイド>の参加体験談 | 成都に来たならやっぱりパンダが見たい!自然に近い環境の中でのびのびと暮らすパンダの姿に癒されます♪可愛らしいパンダを満喫した後は世界遺産に登録されている世界最大の石刻座仏、楽山大仏へ。1日で四川省の見どころを効率よく回るお得なツアーです!
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜