(参加者のレビュー一覧) ショー・エンターテイメント | 観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

トップページ
ショー・エンターテイメントのアクティビティ参加者レビュー一覧

参加者の評価

4.34 4.34 / 5

体験談数

9444

ウィーン クラシック・コンサート・シェーンブルン宮殿自由見学&ディナー シェーンブルン宮殿

感動の宮殿体験

投稿者: Bravo, 2014/11/26

はじめてのウィーンで、まずはこれはみておきたいと直前でしたが申し込みました。総合的にはたいへん満足のいくものでしたが、個々にとても細かい注意が必要です。

まず、バウチャーの交換場所です。オランジェリーという場所、サイトにはしっかり地図があり、それは正確でしたが、現地の看板で確認したものはちょっとずれていて、そのため、結局メインの入り口まで延々と歩いてしまい、もどるはめになりました。駅からいく場合は、横断歩道わたってすぐ「左」です。そこに縦に長い旗がたっていますが、風にゆれてオランジェリーの文字がみえませんでした。みなさんが右にいくのでつられてつい右にいってしまいがちですが、注意してください。結構距離ありますよ。

さて、オランジェリー内部にはいり、事務所でバウチャーを渡して、無事チケットと交換です。宮殿見学用、ディナー用、そしてコンサートチケットと3枚渡されます。時間が3時過ぎでしたが、ほんとに3つとも1日でみるの?と心配され、、え?できないの?とちょっと不安に。でもしっかり見学できました。1日で3つやりたいというのは欧米人からみるとせっかちなのでしょうか?

さて、宮殿です。荷物は先に預けるようにいわれます。入り口をはいってさらに右にまがって、そこでチケットを改札みたいなところに通します。チケットの裏にAとかかいてあって、その同じ列にチケットのバーコードをかざさないと入れないのでよくチケットをみて。中にはいると左手からオーディオガイドを渡してくれます。欲しい言語をいって、そして上の階へ。「ここにあのマリアテレジアや、エリザベート皇妃(シシー)が住んでいたんだなぁ」とちょっと感動。いろいろな広間、寝室やら準備の間やら食事の間やら応接の間などなど、さすが王族の住まい、半端ないと実感。なかでもモーツアルトが演奏したという応接間、よく話題になるところですが、意外と狭いこじんまりとした部屋でした。がなんといっても大広間、ここの迫力は度胆を抜かれました。。ヴェルサイユやバッキンガム宮殿が、小さくみえました。オーストリアはかつて欧州の、いや世界の中心だったことが、はじめて実感できた瞬間でした。すごい。。この大広間みるためだけにウィーンにきてもいい。そう思いました。

さて、宮殿(自主)見学も無事おえて、外にでると、まだ4時過ぎなのに、もうすでに暗くなりはじめて、、やばい。。丘の上のきれいな門がみれない!とあせりました。しかも行き方がわからない。。なんと右側の宮殿の切れ目から庭園に抜ける必要が。。これを知らないと宮殿内部見学の後何時間も外でぼーっとするところでした。皆さんが寒いといっている意味がよくわかりました。冬ならば、3時にいって、4時すぎには庭園へいく、そうしないと観るところがなくて、ただ暗い中を1時間以上ぼーっとするはめになるので要注意です!

そして丘の上でほぼ日没。4時半は過ぎていました。が、なんと美しい門でしょう!写真もみてください。こんなきれいな宮殿。アルハンブラよりよっぽど綺麗!

もどってきてまだ5時。あと1時間あります。すでにチケット売り場なども閉まってしまい、外にいるしかない。なので、せっかくなので、先にレストランにいき、ワインでもいただくことに。お金はかかりますが、そこをケチっても仕方ない。優雅に、そして暖かく、さきほどまでの余韻にひたりながら食事開始の6時半を待つ。これもよい経験でした。おすすめします。ワイン一杯数EUR。いいじゃないですか。

食事はオーストリアの名物料理。Tafelspitz(タッフェルスピッツ)。お味はまあまあでしょうか。個人的にはウィーン市内の、Plachuttaをお勧めします(友人の勧めでしたが肉がシチューの中につかっていていい感じ)。

さて、食べ終わると8時前。ちょうどいい具合にコンサート会場へ。今回はメインの宮殿内でした。A列だったので一番前でしたが、人数が少ない日だったようで、この場合前も後ろも同じでした。夏の200名とかの場合はかなり違いがありそうですが。。さて、コンサートがはじまります。途中、オペラ歌手がときどきはいってきて熱唱します。演奏は3バイオリン、1チェロ、1バス、1オーボエ、1ピアノ、管弦7重奏でした。バレエはなし。演奏は1回だけちょっとハーモニーが狂った以外はほぼ完璧。95点でした。なによりなじみのある曲を最後に固めてやってくれたので、大盛り上がりでした。最後はスタンディングオベーション。私もたって拍手しました。

帰りはちゃんと地下鉄があり、余裕でホテルまで戻れました。余韻たっぷりに頭の中に楽しいメロディが残り、翌朝まで感動が、いやいまでも頭のなかであの音楽が舞って、いい旅でした。










  • 庭園内にある丘の上の門。うつくしい。。

  • レジデンツというレストラン。宮殿入り口はいってすぐ左。迷いません。

  • 宮殿内のコンサート会場。ちょっと今回はこぶりでした。

  • シェーンブルン駅。コンサート終了後の様子。安全です。

  • 宮殿内の見学おわった4時頃のシェーンブルン宮殿。ライトアップが綺麗です。

評価:
利用形態: ひとりで
6 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

【8/28限定】ブニョールのトマト祭りツアー<日本語/マドリード発>by[みゅう]

まさに“トマトの海”!!!

投稿者: Jun, 2019/08/31

マドリッド発着の日帰りツアーで参加しました。
マドリッド→クエンカ周辺のArea175で45分休憩→会場の街・ブニョールで約6時間滞在→行きと同じArea175で45分休憩→マドリッドという行程でした。

会場の街・ブニョール到着後は、駐車場から歩いて会場へ。
バス車内で配られたリストバンドの確認をされて入場。
9時からのパロ・ハボンに備えました。
いつの間にか誰かが持ってきたビーチボールでみんなで遊んでいるうちに、パロ・ハボンスタート。
パロ・ハボンとは、建物の3階か4階分くらいの高さの棒の先に括り付けられた生ハムを取りに行くというもの。
ただし、その棒にはベッタリと石鹸が塗られているので、登るのは至難の業。タオルなどで拭き取りながら、少しずつ登る高さが高くなってきます。
人の肩や頭、首を踏み台にして登ります。
勇気があれば誰でも参加可能!怪我には注意して、恥を捨ててぜひチャレンジすることをお勧めします。
パロ・ハボンが始まり、約2時間。ここからようやくトマト投げスタートです!
もしパロ・ハボンで、生ハムが取れれば、取れた時点でトマト投げスタートですが、残念ながら今年2019年は生ハムが取れなかったので、11時にトマト投げスタート!
トラック6台分145トンものトマトをみんなで投げ合います。
ガイドの明石さんの言葉にもあったように、トマトになりきることがお祭りを楽しむ極意!言葉なんか関係なし!童心に帰ったようにとにかく無我夢中でトマトを投げました笑
その後は“トマトの海”で泳いだり、写真撮影をしたりして余韻を楽しみました。

☆★☆今後参加される方へのアドバイス★☆★
・シャツは捨てても良い白いシャツ!服装はどうしよう…と迷うかもしれませんが、水着の上に白シャツを羽織るのが良いかと思います。というのも白いほうが写真を撮ってもbefore/afterがとても分かりやすく、海外の方はそうしている方が多いようです。あとは、日本らしい格好も良いかも!今回も法被を着たり、侍コスチュームで目立っている方もいました!
・ゴーグルは曇りやすく、トマトが当たると見えにくいので、曇り止めや大きめのものを用意するとgood
・ビーチサンダルは×!トマト投げの最中はまさに満員電車のような人混み。足を踏まれて怪我をしたり、サンダルが脱げたりするので、履き古した靴など、しっかりしたものがお勧めです!
・場所取りは重要!車内でガイドさんから説明あると思いますが、2010年宮川大輔さんが参加した時待っていた場所にトマトが来なかったという笑い話があるほど…ガイドさんの話を聞いて、トマトが来る場所にいることが祭りを楽しむコツです!中央付近の市庁舎前が、パロ・ハボンも行われますし、トマトの量も一番多く盛り上がる場所だと参加して感じました。
・貴重品管理に注意!今回のツアーでも、残念ながらスマホを紛失した・盗まれたかもと言っている人が何人もいました…ビニールケースに入れて首から下げても、ヒモが切れてしまった、お祭りを夢中で楽しんでいて、いつの間にかなくなっていた…という声が聞かれました。スマホだけでなく、無くしては困るものは会場には持って行かず、バスやホテルに置いておくことをお勧めします。
・欲張らないこと!せっかくトマト祭りに参加するから、トマトの海でインスタ映えする写真も撮りたい!でもシャワーも浴びたいし、美味しいパエリアも食べたい…そんなに欲張っているとバスに乗り遅れて置いていかれます。祭りが終わるのは12時ですが、そこからバスまでは徒歩で約30分。13:30には着替えタイム終わりなので、トマトの海で遊ぶのなら、ゆっくりシャワーを浴びる時間や食事をする時間は無いと思ったほうが良いです。シャワーと言っても、無料であれば地元の方の好意で数秒ホースで水をかけてもらう程度、有料でもホースなのは変わらず、水浴びできる時間が長くなる程度のもので、完全にきれいになることは期待しないほうが良いです。

朝3時出発ということで、早起きは辛かったですが、日本では絶対にできないような貴重な経験ができて、最高でした!
今回1名参加でしたが、バスに同乗した方々と仲良くなり、お祭りを楽しめました。
ガイドの明石さんのご説明も的確で、お祭りを楽しむコツや注意点、流れなど、とても分かりやすく、お祭りを存分に楽しむことができました!
年1回しかチャンスはありませんが、こんな経験は日本では絶対にできないと思います。ガイドの明石さんのお話にもありましたが、このお祭りにハマってしまう、このお祭りのためにスペインに行くという方々の気持ちが分かる気がしました。このスペインならではのawesomeなお祭りをぜひ多くの人々に体験してほしいと思います!

  • パロ・ハボンの様子。あと少しの惜しいところまで行った人がいたが、残念ながら生ハムは取れず…

  • トマトが宙を舞う!!

  • まさにトマト戦争!!

  • トラックが次々やってきてトマトを会場に投げ込む!!

  • トマト投げ終了後の会場の様子。ここは実は道路!!

  • みんなトマトまみれに…

  • みゅうからプレゼントされるオリジナルTシャツ

  • 会場で販売されていたオリジナルTシャツ。10ユーロ。

  • 往復共に休憩したArea175。行きの未明でも軽食や温かい飲み物も買える。帰りはランチも食べられる。

催行会社からのコメント

この度は、みゅうをご利用いただきまして誠にありがとうございました。
また、大変丁寧で詳細な体験談と祭りの様子がよくわかるお写真をお寄せいただきまして御礼申し上げます。
年に一度のトマト祭り「トマティーナ」ですが、私たちスタッフもこの祭りを皆様に楽しんでいただこうと毎年ツアーを企画しております。
ゴーグルの曇り止めや履物など、気を付けていただけるとよりこのお祭りを楽しめるヒントを具体的に体験談に記載いただいきましたので、来年もツアーにご参加される方は
きっとお客様の体験談を参考にされると思います。
バスで同乗された方とも仲良くなられて、より一層お祭りをお楽しみいただけたようで何よりでした。
また、ガイドへもお客様のお言葉を伝えさせていただきます。ありがとうございます。
このお祭りにハマって、是非またトマティーナにご参加いただけることをスタッフ共々お待ちしております。
みゅうマドリッドスタッフ

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2019/08/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー&ディナー<現地集合・解散>

予想以上

投稿者: 匿名希望, 2014/08/19

ショーは大変に楽しく、ダンスのレベルも高く、とても見ごたえがありました。子連れだったので、トップレスが不安でしたが、問題なく楽しめました。食事がまずいという書き込みが多かったので、食事つきにするか迷いましたが、やはり食事つきのほうが座席が前になるので、よかったです。

シャンパンショーだと後ろの席になり、センターなら全体が見渡せていいと思いますが、サイドの後ろだと、かなり見えづらいと思いました。

私たちは安いほうのメニューでしたが、最前列でしたので、ダンサーの衣装が顔にあたるほどの臨場感でした。

同じく最前列にいた別の日本人がステージにあがって、笑いをとっていました。


前菜のフォアグラのテリーヌもおいしかったですし、サーモンもデザートもおいしかったです。量も十分ですが過剰ではなく、ちょうどよかったです。デザートは私はチョコレートムースを選びましたが、夫のベリー系のケーキのほうがおいしそうでした。メインは、チキンを選ぶと、付け合せのパスタが大量についてきて、それがイマイチのようでした。サーモンのほうがシンプルなバターソースにポテトの付け合せで、口にあいました。パンが「おっぱい型」で笑ってしまいました。前菜とメインの間が、忘れてしまうほど長かったり、給仕の問題はありましたが、あれだけ大勢の食事を出すので、仕方ないと思いました。

シャンパンかワイン、ジュースが選べました。ジュースは瓶で2本分もらえます。飲み物付きの食事とショーで、この値段は決して高くないと思います。

写真撮影は、希望者だけです。食事中にステージ前に出て撮影するので、とても恥ずかしいと思いました。欧米人カップルが次々と前に出てダンスしたり、キスをしながら写真をとってもらっており、とても自分にはできないと思いました。
でも、記念写真は欲しかったなと思いました。あんなに目立つ場所でなければ、とりたかったです。20ユーロくらいしたようですが、ムーランルージュの背景が入って、台紙もつくので、いい思い出になると思います。

売店には、ホームページにはのっていないものが、たくさんあります。私は、Tシャツと巾着袋、麻のキッチンタオルを買いました。Tシャツは何種類もあり、私が買った半袖は20ユーロでした。試着室はありませんが、その場で試着もできます。キッチンタオルはロートレックのポスターのプリントで10ユーロでお買い得でした。有名カフェの同じようなものが18ユーロ、お土産やでは15ユーロしていたので、もっとたくさん買えばよかったと思いました。とても立派すぎる袋に入れてくれるので、お土産にぴったりです。

送迎に関しては、私たちは必要ありませんでした。治安が悪いといっても、会場の目の前が地下鉄の駅でしたので、1回目のショーなら地下鉄で十分でした。ツアーの人は、集合場所や時間が決められていたので、トイレや売店での買い物の時間もなく、ツアーだからといってよい席に通されているわけでもなく、はじっこの席にまとまっていました。ただ、おひとりでの参加や、海外旅行に慣れていない方は、送迎つきのほうが安心かもしれません。

高いほうのメニューを選んだ人は、入場口でもレーンが異なり、優先的に案内されていたようでした。席も優遇されていたかどうかは確認できませんでした。

トイレの内装がとてもかわいらしかったので、ぜひトイレも行くといいと思います。6時半会場なので、なるべく早めに行くほうがいいと思います。6時45分くらいに行ったら、入口が長蛇の列で入場までかなり待たされました。

全体として、とても満足できる内容で、行ってよかったと思います。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2014/08/16
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー&選べるプラン <セーヌ川クルーズ・エッフェル塔ディナー・イルミネーション鑑賞>

何度でも来たい!

投稿者: aki, 2015/10/03

実は、今回の利用の数日前に、同じツアーを利用しています。
そのときのムーランルージュのショーがあまりに楽しかったので、わずか5日間ほどの短いパリ滞在のあいだに、もう一度来てしまいましたw
【予約について】
余談ですが、ベルトラさんにはバウチャーを宿泊先のホテルにFAXしてくれる予約システムがあり、おかげで滞在先での急な予約でプリンタが無くても、バウチャーの入手に手間取らずに済みましたw
【イルミネーションツアーについて】
前回も同様でしたがバスに乗ろうとすると、帰りの経路を決めるためかホテル名と住所を聞かれます。
ネット予約の際に登録していても関係ないようなので、事前に宿泊先情報を控えるなどの準備をしておいた方が面倒がなくていいかも知れません。
さて、前回も同様でしたがイルミネーションの方は、はっきり言って「ウムム」という部分も…(笑)
バスの運行経路は、当日の交通事情にもよるのか前回とは若干違っていましたが、二回目ともなると、日本語オーディオガイダンスの「右側に見える建物は…」と言う説明が、実はフェイクで左側の建物のことを言っているものだったり、すでに通過してしまった建物の説明であるなど、前回「?」だった部分の謎が少し解けましたが…(o´艸`)プ
夜景をカメラに収めようにも、走行中のバスの中なので思うようにいかない部分もありますが、途中の22時~22時5分位の間にエッフェル塔から少し離れた駐車場での休憩があり、そこでエッフェル塔のシャンパンフラッシュを撮影することができます。
【ムーランルージュ】
そして、メインのムーランルージュです。
私達の席は、舞台右袖の3列目、最前列の客席からは一段上がった位置にあるテーブルでした。
前回は気づきませんでしたが、店内は内装にもこだわりがあるようで、様々な絵や小物が飾ってあります。
席に案内された後も、次から次へと周りの席にお客さんが案内されてくるし、客席に案内するボーイさんは少々イカツイし、店内はごった返していて雰囲気を楽しむ感じではありませんが(笑)
この日の客席中央部には、ドレスコードを全く無視したどこかの国の大集団が、ショーが始まるまでの間、めいめいワーワー騒ぎながらボーイさんの制止をかいくぐりカメラを構えている姿が目につきましたが、「30年前の日本の団体ツアーも、カネに物を言わせてこんな風だったんだろうな」と思うと、マナーを知らないということが他人の目からはこう映るのかと、こちらが恥ずかしくなる思いです(笑)
そうこうするうちに始まったショーは、やはり期待を裏切らない楽しさでした。
日によって演目が一部変更になるのか、前回は観られたローラースケートの男女によるアクロバットや、フレンチカンカンの際の女性のバク転(男性のバク転はありましたが、やはり女性のバク転が見たいです)などがなく、かわりに客席から男女4人を舞台上に引きあげてのコメディショーが行われました。
当初、壇上に上げられたお客さんたちには戸惑いがあるようでしたが、コメディアンの軽妙な身振りによる演技指導に、本人達も次第に硬さがとれてノリがよくなっていき、客席もどんどん引き込まれて会場全体が大きな笑いと喝采に包まれていました。
そうして楽しいひと時は、あっという間に終わってしまいました。
前回も感じましたが、ムーランルージュのショーは何回来ても楽しめるものだと思いますし、ここのショーを見ることを、パリに来る目的の一つにしてもいいくらいに思いました。
またパリに来る機会があれば、ぜひムーランルージュに来たいと思います。

  • 入店前の大混雑。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2015/09/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アイランドホッピング 人気の2島巡り ヒルトゥガン島&ナルスアン島&ニューハーフショー<現地ガイド日本語可/ビュッフェランチ/マリバゴグリルディナー>

朝から夜まで遊びつくせる!!最高なツアーです!

投稿者: Juno, 2019/01/04

★アイランドホッピング へ
ピックアップのホテルからほとんど歩くことなく、可愛いジプニーと素敵な小さな船で島まで連れてっていただきました!
(船は、壁がないので風に吹かれ続けます!風がすごく気持ちいい!!けど濡れたあとはバスタオルやパーカーがあると少し風も防げるしよかったなと思いました! 陸から船に乗り込む時とか、少し揺れるのでヒールでは無い方が安全かと思います!でも、アウトドアーサンダルとかでなくても大丈夫そう!)
写真たくさん撮ってくださるから、ポーズとか考えていくと良いかもですね
★海
びっくりするくらい綺麗で感動しかなかったです!!エサを撒くとすごく魚が集まってきました!(パンはある程度の塊で魚に与えると、水も綺麗なままだし、群れるから楽しい) 水中で使えるカメラがあったらもっともっと楽しかったのにと思いました!
あと、浮き輪持っていってもよかったな〜と今は思います!(日本の海よりあまり浮かない印象だったので、ライフジャケットとフィンを付けないと立ち泳ぎしているだけで結構疲れましたw フィンはつけた方がいいと思います!それと浮き輪があれば素潜りもできるし、写真も映えるので完璧かと!泳ぎ苦手な方はちゃんとライフジャケットつけましょう!!)お菓子持っていくのおすすめ!
★昼ご飯
小島での食べ放題!色んな種類があって美味しかった(^^) 全種類食べきれないくらい種類あるし、フルーツとかもあるし嬉しい!
あと、その後の自由時間のところでは、フタッフさんが荷物を見ててくださるのですごく身軽に遊べてうれしかったです! そして、そこで飲んだマンゴーシェイク(マンゴースムージーだったかな?忘れちゃいました )かなり美味しかった!!!ぜひ飲んでみてください!
★島からの船で帰り道
風が気持ちい、景色最高、でも疲れて...寝ちゃったー笑
掛け布団あるとうれしかったから、やはりバスタオルあるいいと思いました!(^^)
★ニューハーフショーまでの待ち時間
シャワー浴びたかったので近くのEGI Resort and Hotel というホテルに行き、デイユースを利用!(アイランドホッピング のジプニーでホテルまで連れて行っていただきました!ありがとうございました!)温かいシャワーは浴びれなかったのですが、プールのシャワーで塩水を流せたし、プールも利用できて300ペソで、150ペソ分の飲み物券をもらえるシステムでした!そこで飲んだマンゴーシェイクも本当に絶品でした!!!(155ペソくらいだったかな? 5ペソくらい足せば飲めます!ぜひ試してみてください!)
着替えはホテル内のトイレを利用させていただきました、普通に綺麗でした。髪の毛は、自然乾燥で!‍♀️笑
そのあとの時間は、EGI Resort and Hotel からJ park Hotel までの道にあるローカルな八百屋さんでフルーツを買い食べりSUBMARINE でお土産を買ったり、カフェに入ったり、すごく楽しめました!
★めっちゃ美味しい夕食!
ジャングルの中のような店で本当に美味しいフィリピン料理をいただきました!そして、食べきれない分はテイクアウト可能!ありがたかったです(^^)
★ニューハーフショー
めっちゃ綺麗だし、ショー自体のクオリティーが高い!!!お気に入りのお姉さんやお兄さんを探しながら見ると余計楽しいと思います!最後に写真を取れるサービスも!(^^)

大満足の1日でした!
ありがとうございました!!

  • デイユースしたホテルのマンゴーシェイク

  • ジャングルレストランの様子

  • ニューハーフショー フィリピン伝統ダンス

  • ニューハーフショー クリスマス

  • 島からの景色

  • ジャングルの中のフィリピン料理

  • 島の食べ放題

  • お魚いっぱい!!!(携帯の動画でもこれくらい撮れました)

催行会社からのコメント

Juno 様

この度は弊社ツアーにご参加いただき、誠にありがとうございました。
ご投稿ありがとうございます。PTNトラベルの増田と申します。

ツアーをお楽しみいただけたようで弊社としてもうれしい限りでございます。
お写真もとても綺麗に撮れていますね。

アイランドピクニックは綺麗な海でのスノーケリングをお楽しみいただける弊社の中で一番人気のツアーでございます。
透明度の高い水中でたくさんの色とりどりの熱帯魚やサンゴなど、まるで水族館の中にいるような感覚になります。

日本人ガイドや現地ガイドが常備しているので安心してお楽しみいただけたかと思います。

昼食のブッフェも美味しくいただけたようで嬉しく思います。

南国と言ったらマンゴーですよね。
自由時間とEGIホテルで飲んだマンゴーシェイクも美味しかったようで良かったです。

夕食のマリバゴグリル、ニューハーフショーともにお楽しみいただけたようで安心いたしました。
マリバゴグリルでは各コテージの部屋になっており、雰囲気の良い席で美味しく夕食をいただけたのではないでしょうか。

ニューハーフショーでは女性顔負けの綺麗なスタッフたちが出迎えてくれ、ショー自体もとても明るくて面白いですよね。

今回は分かりやすく時系列のようにご投稿いただきありがとうございました。
全体的にご満足頂けたようで安心致しました。

弊社ではセブ島で満喫できるツアーを数多くご用意しております。
是非またご利用くださいませ。弊社一同心よりお待ちしております。

PTNトラベル
増田

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2018/12/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

サンドキャッスル・グアム イリュージョンマジックショー <食事付き/無料送迎サービスあり>

食事とショーどちらも大満足です!

投稿者: H&N, 2016/05/04

2016年4月、息子の希望で初グアム旅行の最終夜に「デラックスディナープラン」で参加して来ました。
まずは、グアムに到着してから、忘れないうちにリコンファームを済ませ、無事に予約が出来ている事を確認。当日は、ホテルから会場までの送迎付でした。

会場は、外観がきれいで、内装もシャンデリアがありゴージャスな雰囲気。日本人スタッフが居たので、困った時に日本語で対応して頂き助かりました。その他、お手洗い等の設備も清潔でした。

最初に、会場に到着してから待ち時間の間に、ショーに出演している女性ダンサーと記念写真(後で1枚25ドルで購入可)を撮影しました。
それから、順番に入場手続きを済ませ、座席が記入された紙をもらって会場に入ります。この時、スタッフからVIP席へのアップグレードを知らされ、ワクワクしながら案内された席につくと、なんとステージ正面ど真ん中!まさか、こんなに近くの席だとは思わなかったので、これには本当にビックリ。ソファー席は、2人で座るには十分すぎる広さで、隣とも仕切られていて、プライベートな空間が確保されているので、周りを気にする事なくゆっくりと過ごす事が出来ました。

席に着くと、最初に、飲み物(別料金)とコース料理のメインディッシュ(サーモン、チキン、牛フィレステーキ、ロブスター等の中から1つ)を選びます。
お料理は、スープ、サラダ、パン、メイン、デザート、コーヒーのコースでしたが、どれも日本人向けな味付けで食べやすくて大満足!個人的には、ロブスターのスープがとても美味しくて気に入りました。
サラダは、胡桃やフルーツが入っており、ドレッシングも食べやすい味付けでした。そして、メインのステーキは、焼き加減も希望通りのミディアムでお肉が柔らかく、添えてある野菜も美味しかったです。
残念なことに、最後のデザートを食べる頃には既にお腹がいっぱいで、デザートを味わう余裕はありませんでしたが、ショーが始まる前にゆっくりと食事を楽しむ事が出来ました。

次に、食事を終えると、19時半からショーが始まります。(ショーの間は席を立つ余裕はありませんので、早めにお手洗いを済ませておく事をお勧めします。)
ショーは、定番のマジックショーからダンス、アクロバットなど、次から次へと繰り広げられるので、見ていて飽きません。また、効果的な音楽と照明が、ショーをより楽しいものにしてくれ、ホワイトタイガーやヘリコプターが一瞬にして目の前に現れるイリュージョンには、思わず歓声が上がってしまいます。
そして、出演者がスタイル抜群で、とても格好良い&美人なので、思わず見とれてしまう事もしばしば…。さすがに、頭上で繰り広げられるパフォーマンスには、落ちてこないかと冷や冷やしましたが、間近で見ることが出来て大満足!ステージの近さに圧倒されながら、あっと言う間のショータイムでした。

最後に、ショーが終わって会場を後にする際に、息子はお土産のマジックセットを購入し、出演者の方にサインをして頂き、一緒に写真を撮らせて頂きました。
マジックショーというのは、人によって好みがあるかと思いますが、私達にとっては初グアム旅行の最終夜にふさわしい楽しいエンターテイメントだったと思います。
またグアム旅行の機会があれば、次は、家族皆で参加したいです。

催行会社からのコメント

この度はSandCastleへお越し頂きまして誠にありがとうございます。
初グアムの思い出がお客様にとってよりよいものになりましたことまた、お食事、ショー共にお客様にご満足していただけたご様子、私どもも大変嬉しく思います。
お褒めのお言葉も誠にありがとうございます。スタッフ一同今後のサービス向上の糧とさせていただきます。
私共のショーはリピーターの方々にもお楽しみ頂けるよう、これからも定期的にリニューアルしてまいります。
次回グアムへご来島の際は是非ご家族でお越しくださいませ。

スタッフ、ダンサー一同心よりお待ちしております。

SandCastle

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2016/04/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー&ディナー<現地集合・解散>

良い思い出になりました

投稿者: カタリナ, 2018/10/31

ムーランルージュの日本公式サイトよりベルトラさんのほうが安かったので出発する1か月前にベルエポックメニューで予約しました。当日の服装私は黒のワンピースに大ぶりのネックレス、ピアス。夫はジャケット、ワイシャツ、ネクタイで18時すぎに並びました。先頭から10人目ぐらいでした。(バウチャーは17時頃に隣のチケットショップで交換しました。開場まで時間があったので写真を撮ったり近くを散策しました。)
会場入り口付近にはロートレックの絵がたくさん飾られていて雰囲気を盛り上げてくれます。入場するとスタッフが日本語で書かれたパンフレットの購入を勧めてきます。10€で購入。
会場内は舞台を扇状に囲んだテーブルでぎっしりでした。最前列の長テーブルは各国の団体客のようでした。日本人の団体は一番前のど真ん中の長テーブルに座っていました。その横の斜め右は中国か韓国の人たち、舞台右横最前は南米系の方のようでした。私たちが案内された席はその団体客を取り囲む2列目のテーブルで舞台の中心よりです。私たちはそのテーブルに一番最初に着きました。テーブル内では舞台に一番近い席でした。続いてアイルランドからのシニアカップルが隣に座り、ひとつ席を飛ばして日本人の女性1人がテーブルの端(このテーブルでは一番舞台から遠い席)に座りました。その後にイタリア系のカップルが空いていた席に座りました。一人で来た日本人女性以外は皆ベルエポックメニューでした。日本人女性のメニュー何なのかは不明でした。日本語メニューはないのでベルトラさんで事前に印刷していったものが役立ちました。料理の内容は普通でした。前日にリドに行って同じランクの料理を食べそちらがとてもおいしかったので期待していたのですが、それほどでもなかったです。飲み物は赤ワイン二人で1本にしてもらいました。このワインはとても美味しかったです。

テーブルは舞台から2列目でしたが団体の方の席に比べて後ろ側が通路になっていて余裕がありました。トイレにも気軽に立つことができました。トイレは無料で綺麗でした。

ショーが始まるまで隣の席のアイルランドからシニアカップルとポケトークを使って会話を楽しむことができました(ポケトークは2代目のWです、wifiルーター持参。)ちなみに前日行ったリドではポケトークは繋がりませんでした。

食事付きで予約した人でもだいぶ後ろの席や舞台の端っこに座らせられている人たちがいました。シャンパンだけの人でも最前列の団体方々の空いている席に案内されていた方もいました。
料理の写真を撮ろうとしたら撮影禁止ですぐにスタッフが飛んできて注意をします。記念写真を残すためにショーの前に専属カメラマンに舞台の前で撮ってもらいました。1枚21€。出来上がりを見て購入することができます。ショーが始まってからスタッフが小さな懐中電灯をもって席に回ってきてお金を払うシステムです。
スタッフの方々もテキパキと動いていて人種差別などは感じませんでした。片言の日本語で挨拶などされました。

ショーの内容はとてもすばらしく特に男性2人のパフォーマンスがよかったです。客席との一体感が全体にありとても盛り上がるショーでした。
帰りは目の前にある地下鉄でホテルまで帰りました。危険な感じはしなかったです。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2018/10/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

サイアムニラミット (Siam Niramit)  タイ古典舞踊ディナーショー <チケット事前予約/タイ料理食べ放題付>

ショーと食事以外もお勧め

投稿者: 米国駐在中, 2016/12/29

レストランとショー劇場以外に、タイの文化を体験できるタイ文化村のようなものがあるとの口コミを見て、早めに5時30分頃に到着。子供連れなのでまずレストラン会場で夕食を済ませました。食事はタイ料理を中心としたバイキング形式で、観光客向けに辛みを抑えた味付けで、普段辛い食事を食べられない子供達もふつうに赤いタイカレーを食べていました。一部和食?と思われるチキン照り焼き風の料理もあり、和食以外は厳しい両親を含め、家族皆で問題なく食事を楽しむ事が出来ました。夕食を終えてから中庭方向へ進むと、入り口にはゾウの親子。観光客からエサをもらっていました。(きゅうり5本くらい?200バーツ)小ゾウでも勿論体格が大きく、きゅうりめがけて鼻を躊躇なく伸ばしてくるので子供達は大恐慌。鼻からぬるっとした水(鼻水?)が垂れている事もありキャーキャー大騒ぎ。(一般の観光客も笑って見ていました。後で笑える良いビデオ画像が取れました。)ゾウへのエサやりに満足した後で、水路の回りに広がる小屋をひとつひとつ訪問。ろうけつ染めのような染色や機織り、生糸の取出し、タイの楽器の演奏等、小屋ひとつひとつにテーマがあり、家族皆で楽しめました。実演するスタッフも気さくなスタッフばかりで、6歳の娘に絵筆を持たせてくれたり、写真を一緒に取ってくれたり、スタッフ達との交流も大いに楽しめました。面白かったのはタイ北部地方のオムレツの調理実演で、葉っぱを重ねたものをフライパン代わりにしていました。甘しょっぱくておいしかったです。開園時間に近づくと、スタッフに誘導され、シアターに移動。他の口コミでも紹介されていますが、カメラや携帯電話の持ち込みは禁止されており、シアター入り口に預ける必要があるのですが、受け入れスピードが手早く、袋にカメラや携帯を入れると番号札が渡されるシステムでした。列に長々と並ぶ事もなく、スムーズにカメラを預け、シアターに入る事が出来ました。ショー自体については、舞台の仕掛けもいろいろあり、ゾウやカヌーが登場したりと壮大と言えるショーでしたが、ひとつひとつのシーンがやや長く子供達は多少退屈していたようです。ショーが終わると、出口でカメラを受け取り、また中庭に戻ります。ここでは出演者が随所に待機していて、自由に写真を撮れる趣向になっています。ショーの最中に写真を撮れない事は残念ですが、ここで自由に写真を撮れる為、思い出として持ち帰る分は十分かもしれません。タイは欧米やインドからの観光客も多くさまざまな人種が混在していて、それぞれのお国事情が垣間見れたのも面白かったです。上海に旅行した際に中国人はあまり列に並ぶ習慣がない事を痛感させられましたが、ロシア人も中国人同様にまったく他人を気にしないで横入りしてきますね。あまりに傍若無人な為、日本人としての節度ある控え目モードを捨て、思いっきり注意して、後ろに並んでもらいました。様子を見ていた出演者達も同調してくれ、やはり同じ仏教国同士、タイ人の感覚は日本人とあうな、とうれしくも感じました。
個人的にはショーそのものよりも、タイ文化村での体験が良い思い出になりましたので、ぜひ夕方早く、訪れる事をお勧めします。4時にはオープンしているようです。

  • タイ文化村?の小屋にて

  • 試食用のオムレツ

  • 無料パンフレットに記載されているショー風景

  • 文化村の真ん中にある水路

評価:
利用形態: 小さなお子様連れ
参加日: 2016/12/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

カリプソ・キャバレー(Calypso) ニューハーフショー<現地集合・解散 or 往復送迎/日本語ガイド付き>*送迎なしなら当日15時まで予約可!

「天使の羽」ニューハーフの方々にはまりました!

投稿者: のぶ子, 2018/01/06

 到着した日に行きました。大正解!
送迎が付いているので、帰りが遅くても安心でした。案の定終わった後、タクシー待ちに行列ができていました。
 着いたら、時間待ちまで、ガイドさんが夜市(マーケット)に引率してくれます。「NARAYAに行きたいか」と聞かれ、「行きたい」というと5%割引券をくれお店前まで引率してくれました。引率してくれなかったらどこにお店があるか絶対わからないまま集合時間になっていたと思います。空港などよりかわいいものがたくさんあると感じます。お行きになる方は是非立ち寄ったらいいと思います。
 開始時刻までに入り一番前列でしたが一番端でした。ちょっと残念で真正面からも見たかった・・。が、ちょうど出番を待つ場所でもあったので、天使の羽ショウのときは随分間近に見れて目が合って良かったかも(笑)
 フランスのムーランルージュにも娘と主人と私の三人で見に行っていたのですが、私はムーランルージュの際には寝てばかり。が、こちらは、到着したばかりの日でしたが、もう目を大きく開け楽しく見入ってしましました。
 娘が言うには、『ムーランルージュ』は、私たちはこんなのをやるから勝手に見て行ってくれ~的プライドが感じられ芸術的でもあったけど、こちらの『ニューハーフショー』は、お客さんを全て楽しませようという心意気が感じられる。が、日本、韓国、中国、アメリカ、などと各国ごとでテーマをわざわざ作っていたのは、媚びを売ってるようで余りよろしくない・・・ということでした。
 ちょっと分かり辛く不満だったのは、劇場の担当者が私たちが席についてから順々にドリンク券を回収に来るのだけれど、私たちが座った最前列の担当者がなかなか回ってこなかった。私は担当者が決まっていることを知らなかった為、違う場所の担当者がすぐ近くに来るたびに回収してほしいと声をかけ続けてしまう羽目になり、その間ショウに集中出来なかった。同じテーブルを使っていたお二人が早々にドリンクを頼んでいたので私は焦ってしまったわけだが、最初から、ドリンク券の回収担当者はどのように担当を決められているか知っていれば、間違いなくドリンク券は回収されるからと説明があれば焦らずにゆっくりできたと思う。
 ショーが終わり、ずらりと並んだ”お姉さん”とも写真を撮り、最後の方に並んでいた「天使の羽さんたち」としっかり写真を撮りました。楽しかったです。絶対、またタイに行った時には行きます。娘と二人で100バーツずつを、お姉さんの中で一番きらびやかな人と、天使の羽の中で一番のお目当てのニューハーフの方に渡しました。チップチップと叫ばれて大変なのは男性だけなのか、私たちが余程貧乏そうに見えたのか、それとも、私たちが写真を撮ってさささっと引き、次に歩き出したせいかしら? ・・・・
 また、行きたいです。面白かった!!!!!私はムーランルージュよりこちらが大好きかな~。娘の観察では、ムーランルージュの方々より、ニューハーフの方々の足の細さが際立っており、お肌のお手入れが半端なくしてあって綺麗だったということです。因みにムーランルージュでも最前列右端に近い場所でした。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2017/12/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

【8/28限定】ブニョールのトマト祭りツアー<日本語/バルセロナ発>by[みゅう]

貴重な体験ができました^ - ^

投稿者: ハワイ大好き, 2019/10/06

午前2時という集合時間に不安を抱きながらも、スペイン広場に着くと既に沢山の人達がいて、すぐにわかりました。ホテルからはタクシーで行きました。近かったので、1000円しないくらいでした。
そもそもトマト祭りをやっている時期を知らず、何かイベントとでもやっていないか探していたところ、トマティーナというキーワードが出てきて、これはテレビで、みたことのある例の!ということで、思い切って参加しました。初めは個人で参加しようといろいろみていたのですが、バルセロナから距離があること、前日には予定を入れてしまっていたこともあり、こちらのツアーがお得と思い、申し込みさせていただきました。
ガイドの方もとても親切で、安心して参加できました。
肝心のトマティーナですが、これは一生の思い出になるくらい、とても楽しかったです。激しさは想定内でしたが、女性にも容赦なく攻撃(それも笑いながら)してくるので、発狂してトマトを投げまくりました。会場の通りは一方通行でトマトを積んだバスが入ってくる方にスタンバイしていた方が、激しくトマトを投げれます。通りの終わりの方に行けば行くほどお祭り騒ぎが激しく、水やらお酒も混じっていたような。私達は最初フレッシュなトマトを投げ合い、徐々に移動していきました。最後は頭にすりこまれたり、背中からトマトを入れられたりトマトまみれになりました。
終わった後の惨劇はそれはひどくて。シャワーは2ユーロで浴びれますが、長蛇の列で、ギリギリまで会場にいた私達は帰りのバスの時間に間に合わないため、地元の方が好意で水を撒いてくださっているのですが、バスの駐車場まで、帰り道、その水を浴びながら、トマトを落としました。バスに乗せてもらえる最低限のところまで落とし、あとはバスで着替えました。ツアーの案内にもあるように、女性は大きめのバスタオル、もしくは小学生の時に使っていたようなバスタオルにゴムを入れてワンピースになるようにしておくと着替えやすいと思います。頭もベタベタの状態で辛い状況で帰らなければいけませんでしたが、それには代え難いとても貴重な体験できたと思います。
肌の弱い方は、トマトにかぶれるかと思いますので、注意してください。私はぶつぶつが出ました。それと大量の目ヤニ(笑)これは目薬のようなものをいただけるので、それで解消できました。スッキリして帰りたい方は、終了前には会場から出て、シャワーを浴びられるといいと思います。現に、同じバスの方にはスッキリされて、しかもパエリアまで食べてる方がおられました。お店が出ているので、お昼は現地で食べれます。私達にはそんな時間はありませんでしたが。
とにもかくにも、8月後半にスペインに行かれることがあれば、参加されることをオススメします!効率的ですし、自力では、めんどくさいことも多いので、ツアーで行かれることをオススメします。バレンシアから来られる、もしくは、トマティーナメインなら、地元ホテルを予約して前の日からブニョールに入り、前夜祭を楽しむこともできるので、もし、つぎ行くことがあれば、それもいいかなと思っています。

催行会社からのコメント

ハワイ大好き 様    この度はみゅうバルセロナ、トマティーナツアーにご参加いただきまして、誠にありがとうございます。お客様に1年に1度のお祭り、トマティーナをお楽しみいただけまして、何よりです。日本のテレビ番組でも紹介されましたこちらのお祭りでございますが、やはり画面上で見るのと、実際に参加して体験するのとは大観されましたように違いますし、会場の雰囲気、人々の盛り上がりなども、やはり参加しないとわからないことがいっぱいだと思います。お客様は一度ご体験されましたので、またご参加される際は、違った楽しみ方をしていただけるかと思います。    みゅうバルセロナ

評価:
利用形態: 友達・同僚
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー&選べるプラン <セーヌ川クルーズ・エッフェル塔ディナー・イルミネーション鑑賞>

時間がない方にはおすすめ!…かな?

投稿者: minami, 2014/02/09

エッフェル塔ディナーも、セーヌ川クルーズも、ムーランルージュも楽しみたいけど、時間がない…ということで申し込みました。
ガイドさんは多言語堪能な女性の方(フランス人?)
フランス語・英語・スペイン語・イタリア語でお話されていました。
英語ができないので不安でしたが、分かりやすく説明してくださり、最初に「あまり英語ができない」ということをお伝えすると、都度、私たちのところに来て、確認してくださって安心でした。

■エッフェル塔ディナー
あまり期待していませんでしたが、そこそこ美味しかったです。
窓際のテーブルだったので、夜景も見れてよかったです。
ミネラルウォーターがついていますが、ランダムにガス入りとガスなしが置かれているので、
ガス入りが苦手な私は、隣のテーブルの方にガスなしをいただきました。
途中、写真撮影に回ってきますが、無理に売りつけられることもないので、拒否しなくても大丈夫です。
お手洗いもきれいなので、行かれることをおすすめします。
メニューが選べないので、鶏肉が苦手な方だと難しいですね。。。

■セーヌ川クルーズ
当日土砂降りだったせいか、単にムーランルージュの時間が1部に変更になったせいか、
チケットを渡され、翌日以降自分たちで行くように言われました。
受付時に、帰国日とフライト時間を聞かれたので、もし翌日の早くに帰国される場合は
返金等の対応だったのかもしれません。
過去の体験談でも同様の報告が結構あったので、こちらのツアーを申込みされる方は、
翌日以降、セーヌ川クルーズができるようなスケジュールを予め組んでおいた方がいいかもしれません。
私たちは翌日のお昼頃行きましたが、とてもすいていました。(オフシーズンだから?)
エッフェル塔のふもとからノートルダム寺院のほうまで行って、戻ってきます。
所要時間は40分くらい。
各座席に電話のようなものがついていて、各言語で音声ガイドを聞くことができますが、
イヤホンを指すこともできるので、イヤホンを持参することをおすすめします。
ちなみに乗り込んだら、岸とは反対側(進行方向に対して左側)の席に座ってください。

■ムーランルージュ
私たちのときは、エッフェル塔ディナーから直行で、早い時間のショーでした。
席はかなり狭く、席によっては前の人で非常に見辛いですが、なんとか見ることができました。
これはとにかく楽しかったです!
シャンパン付ですが、オレンジジュース・リンゴジュースも選べます。
リンゴジュースをいただきましたが、非常に薄味でした…。
コートや荷物を預ける場合は、1点につき2ユーロかかります。
帰りは非常に混雑するので預けなくても大丈夫な場合は、預けないことをおすすめします。
(とはいえ、ツアー参加の場合は、全員が戻ってくるのを待たなければならないので、
自分たちだけ早く戻っても仕方ないのですが…)
グッズ販売も混雑していますが、ポスターや食器などが売っていました。
帰りはホテルのすぐ近くまで送っていただけるので、安心です。

  • 写真を撮るなら、ショーの後道路の反対側から。

  • セーヌ川クルーズのルート

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2014/01/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ショーチケット予約 「V」 - 究極のバラエティショー

あっという間の楽しい時間

投稿者: はるママ, 2018/06/14

プラネットハリウッドというショッピングモールの中にショーを見るシアターがあります。行けば割と簡単に見つけられます。
私と主人は別のショッピングモールに行く予定でしたが、タクシーの運転手にプラネットハリウッドもショッピングモールだと教えてもらい、急遽、予定を変更して、少し早めに行き、ショッピングモールの中を歩きながら、時間を潰しました。

ショッピングモールの中もあまり日本で見かけない店がたくさんあり、歩いていても退屈はしませんでした。
フードコートやカフェなどがあるので、腹ごしらえを済ませました。

何日か前に別のショーを観たとき、会場の外でポップコーンが売っていて、鑑賞しながら、食べたり、飲みものを飲んだりという感じでしたので、日本でも有名はポップコーンのチェーン店のお店があったので、購入し、万端の準備をして入場しました。
チケットを発行してもらうときに、有料でアルコールの注文ができました。

開演の15分前に入場できますが、買い物に夢中になり、7時ギリギリの到着でしたが、まだ長い列ができていて、10分後にやっと席に座りました。案内されたのは、一番前の席でした。日本と違い色んな場面で細やかな説明がないので、拙い英語で係りの方に聞きにいったりという感じです。

最初は太鼓のような楽器を持った二人が、会話と素晴らしい演奏、パフォーマンスで楽しませてくれました。
隣に座った男性が舞台にあがりったので、私も主人も声をかけられるのではないかと、最初の方はドキドキしてしまいました。
でもたぶんちゃんとわかっていらっしゃって、東洋人は選ばないのかなと思いました。やはり英語での受け答えがうまくできないと、ショーも成立しないと思いました。
そのあとも、バラエティーに富んだ色々なパフォーマンスがあり、飽きることなく、あっという間に時間が過ぎていきました。
ショーの会場の中はあまり大きくなく、スタッフの方々が一つのパフォーマンスが終わるごとに、急いで舞台に上がったりで、手作り感というのが、裏方とパフォーマーの一体感を感じました。
パフォーマンスをされる方々はさすがにプロフェッショナルで些細なミスも笑いに変えたり、アドリブもあるのかなーと見ておりました。
マジックショーもありましたが、最前列なので、少しネタが見えてしまいましたが。
とてもテンポよく進むので、全く飽きませんでした。
メイン?で出てくる方は最高でした。
英語でなので、あまり会話の理解は難しかったです。私達と中国人グループ以外の周りの方々は大爆笑って感じでした。
ただパフォーマンスは面白く、無駄な動き、ミスは全く無いので、素晴らしいです。

英語が理解できず、満足度は85%って感じです。
でも観て良かったです。


評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2018/06/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

【コンサート】 ショパン・ピアノコンサート<夜・ドリンク付き/"Time for Chopin" コンサートホール/ワルシャワ発>

オススメ‼︎

投稿者: ロビン, 2016/11/04

10月末に娘と母親の2人で行ってきました。とても良かったです。
場所は王宮や人魚像のある旧市街広場からすぐ近くなので、1日の観光の終わりにちょうど良いかと思います。周辺にはカフェが多数あり、時間調整にも困りませんでした。
会場は昼間は写真展など個展に使われているようで、始まるまでは写真を眺めていました。
こじんまりした会場です。ステージに柱があるため、柱が邪魔に感じないスペースの真ん中だけに椅子を並べてあります。
ベルトラで予約した画面を携帯で見せたので、スムーズに受付が済みました。休憩時間のドリンクの希望(伝統的なポーランドのお酒orりんごジュース)を聞かれ、今日のプログラムが渡されます。クロークとまでは言えませんが、コートは受付奥のハンガー掛けに預けられます。その後、係りの方が席まで案内してくださいます。スタッフの方、みなさん親切です。
予約してあれば名前が書かれていて、良い場所に席があります。私達は最前列左側の演奏者の手が見える席で、私にとっては特等席でした。広場などでチラシを配り宣伝していますが、当日予約と値段は変わらず、良い席が用意されているので、事前予約をオススメします。最終的に、約9割以上の席がうまりました。6〜7割が予約済みだったのではないかと思います。
前半3曲、後半4曲+アンコール2曲
演奏者は数々のコンクールで賞を獲得していると紹介がありました。
演奏はとても素敵でした。旅の疲れが癒されました。演奏者もハンサムな方でした。前半20分位、休憩5〜10分、後半20〜30分位です。子供は小学生くらいの子と中学生の2名でしたが、飽きずに鑑賞していました。興味があれば子供でも長い時間ではないようです。娘は人の弾くピアノを聴くより自分で弾く方が好きなので、乗り気ではなかったのですが、楽しめて良い体験だったようです。りんごジュースもすごく美味しいと言っていました。ピアノは調律不足かもと言っています。ピアノに疎い私にはわかりませんでしたが、少しおかしい音と響きが気になったと。ピアノ自体は普通くらいの音色だと言っていました。(個人差はあると思います。私には音の事はわかりません。。素敵な演奏会でした‼︎)
トイレは2つ。入り口ドアのすぐ左とクローク右奥です。休憩時間が短いので、ドリンクを楽しんでいるとあっという間です。気を付けてください。
月曜日はほとんどの博物館が休館で、唯一の楽しみになりとても良かったです。観光客ばかりなので、服装は失礼のない程度のラフであれば大丈夫です。その点もお値段も気軽で良かったです。

その日のプログラム
Ballada g-moll op.23
Walk As-dur op.42
Fantazja f-moll op.49
休憩
Etiuda E-dur op.10 nr 3
Etiuda a-moll op. 25 nr 11
Nokturn dis- moll op.27 nr 1
Polonez fis-moll op.44

催行会社からのコメント

あなたのフィードバックやコメントをいただきありがとうございます。我々は非常に満足しています。
自動翻訳のため申し訳ありません。よろしく、バーバラKotarba

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2016/10/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

フラメンコ&夜景鑑賞ツアー<夕食orドリンク付/グラナダ発>

最前列で大迫力のフラメンコを見れて最高だった!

投稿者: けいしろ, 2019/07/13

6月初頭にディナー無しワンドリンクのプランで参加した。自分たち以外の参加者はスペインの人やヨーロッパ諸国、中南米等から来た人たちで、ガイドはスペイン語と英語でゆっくり説明してくれた。ナイトツアーもしっかりとあり、展望スポットは繁忙期で混んでたものの、ライトアップされた美しいアルハンブラを見ることができた。
なによりも素晴らしかったのはフラメンコだった。過去にも同様のツアーに参加したことがあり、その時は閑散期の冬で非常に空いていたが、6月の会場は満員だった。そのため、舞台との距離次第では物足りなく感じるかもしれないが、会場に並んでる時は前の席を取りやすいポジションをキープして、また座席を案内してくれる会場のスタッフに前の方に行かせてほしいとアピールして、運の良さもあり最前列の真ん中の席をとることができた。フラメンコはスペインの情熱を凝縮したような迫力でプログラムが終わった夜更けもしばらく昂揚感が続いていた。妻も大満足でスペインで最も素晴らしい経験だったと言っていた。
ディナー付きのプランにするとドリンク付きの人たちの席の後ろのテーブルになってしまうので、フラメンコを最大限に楽しむためにはドリンク付きのプランの方がいいかもしれない。繁忙期は参加者が多いだけに最前列はドリンクのオーダーが回ってくるのがプログラムの後半になってしまったがフラメンコを前列で見れた経験と比べたらとるに足らないことだった。記憶では冬はそんなに参加者がいなかったので、問題なく近くで見ることができた。(同じ会場だったのかは記憶が曖昧だが。)
どの席で見られるかは運も絡んでくるようだが、前列をとる努力と場の空気を乱さない程度の主張をすればいい席に座れる可能性は上げられると思う。日程に余裕があれば複数夜トライする価値もあると思う。(グラナダの夜はバル巡りなど他にも楽しめることはあるので、旅程との相談になると思うが。)
他のレビューを見ると残念な経験をしている人がいるようであるが、自分は過去二回の参加でどちらも素晴らしいものだった。(前回はveltra経由ではなかったが。)ただし、ガイドが案内してくれる内容は多少ちがったので、ガイドによってやや異なるのかもしれない。
ナイトツアーで回る土地は歴史的にイスラム圏とキリスト教圏の文化が混ざり合い、独特な雰囲気の街を黄昏と夜の間の時間に歩くだけでも非常に面白い。ガイドによってはそれぞれの建築様式の違いなどについても解説してくれると思う。ナイトツアーだけでも充分参加の価値があるが、音の響く洞窟で間近で見るフラメンコの迫力と情熱は、日本の大きな会場で見たものとは全く違った。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2019/06/04
この体験談は参考になりましたか? [はい]

【12月31日、1月1日限定】カラヴィタ教会 ニューイヤーリサイタル・コンサート

荘厳な教会で、迫力あるテナーの響きに大満足!~弦楽四重奏の音色にのせて~

投稿者: 梅本 牧子, 2017/01/08

「せっかくローマで年越しするのだから、記憶に残るイベントに参加したい。できれば大好きな音楽に関連するものがいい!」というわがままを全て満たしてくれた、大変満足できる内容でした。26日からのイタリア旅行が決定したのもギリギリでしたので、もうそんなに良いコンサート等は埋まっているだろうなあと思っていましたが、偶然、姉が見つけてきてくれたイベントがこの「カラヴィタ教会・ニューイヤーコンサート」でした。正直、最初はオペラではないし、会場は教会(日本の教会のイメージでした)だし、クオリティそのものについてはさほど期待していませんでした。しかし、コンサートを鑑賞し、この予想は全く覆されました。まず、会場となった教会です。イタリアが全くの初心者であった私は、イタリアでいういわゆる「教会」の歴史と規模を初めて目にして、驚嘆しました。まるで由緒ある美術館、寺院のような天井の高い立派な造りで、天井や壁には一面に歴史を感じる素晴らしい、緻密な絵画が描かれていました。当然、音響も抜群です。次に予想に反した嬉しいできごとは、生の弦楽四重奏による演奏です。自身も弦楽器経験者なので、演奏者の質の高さに感嘆しました。CDか何かの音源を予想していた私はすっかり興奮。さて、メインのテノール歌手3人ですが、言わずもがな、これも日本ではなかなか鑑賞できない距離間で、力強く、伸びのある高らかな歌声が素晴らしく、思わず感涙しました。途中、観客を巻き込んだ楽しいパフォーマンスも。とにかくあっという間の至福の時間でした。アンコールで歌ってくれた「トゥーランドット」の「だれも寝てはならぬ」は、今まで聴いたものの中で最も良かったと思います。一緒に聴いた連れは、クラシックについて無知でしたが、迫力ある素晴らしい歌声で、「聴いたことがある有名な曲」を演奏してくださり全く飽きることはなかったと言っていました。
 この企画でエクスクルーシブ席という恵まれた席で鑑賞できたというのも、大きかったです。貴重な経験をすることができ、本当に満足しています。
 ただ一点、課題だったのは、「カラヴィタ教会」という教会を、現地ホテルの受付スタッフや、タクシー運転手、現地ガイドさんなど意外と知らなかったということです。「カラヴィタ通り7」にある教会、ということで、やっとわかってもらいました。当日は看板が出ていたので、迷うことはなかったのですが、付近に教会が多数あり、事前に場所を確認しに行った時には、ちょっと迷ってしましました。住所が明記してありましたので、助かりました。
 一生忘れられない記念になりました。ありがとうございました。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2016/12/31
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー&選べるプラン <セーヌ川クルーズ・エッフェル塔ディナー・イルミネーション鑑賞>

もう一回行きたくなる!

投稿者: aki, 2015/09/28

正直に言って、イルミネーションツアーだけなら「ウムム」だったかも知れません。
日本語オーディオガイドの説明は、バスの走行地点と微妙にずれていたりして「え?今どの建物の説明してるの?」と思ったことは一度や二度ではありません。
それに各名所を車中観光する(時々、短時間の停車あり)ので、バス右側の席に座るか左側の席に座るかで、観光のしやすさが変わります。
シャンゼリゼ通りでは、バスの正面に凱旋門が見える位置取りになるので、後方の座席に座ると前方のお客さんに遮られて景色が見えません。
ほとんどの場合、バスは名所近くの路肩などで超低速走行してくれますが、夜景を撮影したり望遠撮影する場合などは車体が常にガタガタ揺れるのでカメラのピントが合わせづらく、低速走行するより通常走行でいいから、各要所で少しのあいだ停まって欲しいと思いました。
ですが、ムーランルージュではとても楽しい経験ができました。
お客さんには夫婦や女性客も多く、男性はジャケットなどを着ている方が多かったように思います。
私達は、舞台右袖の前から二列目の6人がけのテーブルに案内されました。
着席時にはテーブルにはシャンパンが2本セットされていますが、ほどなくボーイさんがシャンパンを注ぎに来てくれます。
すると、相席になった方々と簡単な自己紹介が始まりました。
私達と相席になったのは、カナダ人のマイク夫妻とアメリカ人夫妻でしたが、このマイクが気さくな方で私達にも色々と話しかけてくれたので、私達のテーブルは他のテーブルとは違って、ショーが始まるまでの間にかなり打ち解けた雰囲気になることができました。
そうして一緒のテーブルについた6人が、ほんわか楽しいムードになったところでショーが始まると、これがまたスゴいものでした。
スマートな男性と綺麗な女性のダンスから幕が上がり、信じられないほどの身体能力を見せる男女の演技、コミカルなショー、次から次へと目まぐるしく展開する数々のショーに次第に会場も興奮に包まれ、そこかしこで拍手や指笛が鳴り響き、幾度と無く会場全体で手拍子を重ね、客席全体で舞台を盛り上げようとする雰囲気が高まっていきました。
私達のテーブルでもシャンパンのおかげもあって、すっかり打ち解けた6人が盛んに手拍子をしたり、マイクが「ブラボー!」と舞台に喝采を浴びせていました。
ショーそのものも素晴らしかったのですが、会場の一体感もとても楽しく感じられました。
そうして、あっという間にショーは幕切れとなり楽しい一時が終わってしまいましたが、このショーはまた観たくなりました。
期待以上に楽しい、すばらしいショーでした^^

  • たしかオペラ座だったと思います

  • シャンゼリゼはいいけど信号まで停まらないから、車体が揺れてピントが合わない(;´д`)

  • だから、停まれって!゛(`皿´#)

  • ムーランルージュ

  • みんなオシャレしてます

  • エントランス付近

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2015/09/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

パラディ・ラタン(Paradis Latin) フレンチキャバレー&ディナー<現地集合・解散>

素敵な夜でした

投稿者: MHCH, 2016/06/20

パラディ・ラタンのディナーコース付きのショーに、母娘の二人で参加してきました。
初めは少し高いかな?同じ金額でフレンチを食べた方がいいかな?と思っていましたが、結果的にはとても満足のいくショーで、思い出にのこるパリの夜になりました。母が、「いつかフレンチカンカンを見てみたい」と言っていたので、念願かなって本物を見ることができました。

【チェックイン】
チェックイン時間の19時45分よりも早く会場に着いたら、劇場のスタッフみたいな人が3人くらい劇場前に立っていて、少し怖い雰囲気だったのですが、19時45分を過ぎたあたりから、他のお客さんも集まってきて、和やかな雰囲気になりました。入口でバウチャーを見せたら座席は決まっているようだったので、あまり早く行きすぎない方がよいかもしれません。19時45分から20時15分くらいまでお客さんが徐々に着席して、テーブルに着いた人からディナーが開始されました。ショーの始まりの21時半まで、めいめいにディナーを楽しむ、という感じだったので、もう少し遅くに会場についても良かったかなと思いました。

【客層】
フランス7割・欧米3割でアジア人は私たちだけだったので、会場全体の雰囲気もノリがよかったです。フランス人はバスツアーの団体客が多いような印象で、地方からパリに皆で旅行にきている団体が多かったです。また、夫婦・カップルをはじめ二人組のお客さんも多く、女性同士のグループで来ている少人数のグループ、一人のお客さんもいました。少人数で来ているお客さんも浮かないようなテーブル配置になっているので、安心です。

【ディナー】
フレンチの定番コースに、シャンパン・赤ワイン・水も十分な量ついています。エスカルゴ・フォアグラ等も選べます。飲み物は追加オーダー可能ですが、ワインはショーの間も飲んでいたのですが、余ってしまったほどです。料理の味も美味しかったです。

【ショー】
劇場自体が小さいので、舞台との距離も近く、一体感がありました。大がかりなセットを使うショーもあり、セットを準備している間には、マジシャン・曲芸師が出て、会場を楽しませてくれます。最後のフレンチカンカンからのフィナーレが圧巻でした。ダンサーの方は体の動きも綺麗で、とても訓練されている印象を受けました。

【交通】
帰りは11時を少し過ぎたので、タクシーで帰りました。団体のお客さんのバスが何台も入口の前に停まっていたので、劇場前ではタクシーは拾いにくいので、10-20メートルくらい歩いて別の通りからタクシーを拾いました。Uberでマレにあるホテルまで5ユーロでした。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2016/06/16
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ショーチケット予約 「Vegas! The Show」 - ラスベガスのショーの歴史をたどるショー

「Vegas! The Show」を 観ての 体験談

投稿者: たかちゃん, 2018/10/27

インターネットにて印字したバウチャーを片手にプラネットハリウッドの正面玄関から建物内に入りましたがメーションカウンターらしき場所がロビーには無く、やむを得ず 近くのテナント店の売り子さんに バウチャーを提示して V Theater Box の場所を訊いた処、通路を直進して突き当たって左折しろと手振りを交えて教えてくれ、その通り進むと それらしき場所に十数名の行列があり、並び、順番が来てバウチャーを提示すると、係員は此処では無いというのみでラチが付かず、改めて、付近のテナント店の売り子さんにバウチャーを示して此処では無い別の場所を問うと、首をかしげながらに左に回れと返答。 そのとうりに 左に左に戻り なおかつ 先に進むと通路中央にインフォメーションカウンターが見つかり、職員にバウチャーを見せると建物ないの地図を取りだし、示された。 その地図を頼りになおかつ 左折するとやっと本来の Box に辿り着きました。 多分日本からの初めての観光客がこの建物内に入ると同様にまごつくと思われますので バウチャーの 日本語のお客様確認用の欄に 「 建物正面より入って直進し、右折して通路中央にあるインフォメーションカウンターにて Box の所在を確認しても可 」 の文言を添えた方が宜しいかと思います。少なくとも私たちは建物内に入ってから Box に辿り着くまで、20分弱を要しました。
 ショウの中味は素晴らしく、かって、地中海、バルト海、米国西海岸の各クルージングの船内で鑑賞したショーとは比較にならない豪華さでした。特に主演格の女性の声量の豊かさはオペラの主格と同等以上、相方の黒人の仕草なども 昔観た「五つの銅貨」の黒人俳優(名前を忘れました)を 思い出させました。十数名の踊り子達も全ておそらく170センチメートル以上の美人で、ジャズやマンボのリズムに合わせて舞台一杯に飛び跳ねる躍動感に圧倒されました。肉体美を誇る男性4人の統一された踊りは日本のテレビなどでは目に出来ぬ素晴らしいものでした。 VIP 席の後部中央の 抜群の席をあてがわれ、一生の思い出となります。適度のセクシーさは 当然ありますが いやらしさは全然無く 上品な健康美そのものでした。どの程度過酷な練習を積み重ねて舞台に立っているのか予想も出来ませんが、凄い競争率を勝ち抜いて選抜されて舞台に上がっているのでしょう。 あっという間のショーが終わり、出口にてやはり声量素晴らしい白人俳優と握手ができ(同行の友人ともども)感激しました。ロビーから観客席に移動の際 飲食、撮影禁止の表示があったため、残念ながら、写真は撮っておりません

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2018/10/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウィーン・モーツァルト・オーケストラ ウィーン楽友協会またはウィーン国立歌劇場<4月~10月>

旅の締めくくりに最高の時間でした!

投稿者: Kyoko, 2019/08/21

70歳目前の両親との旅行。1週間の旅行で移動も多く、若干疲れてきていました。

その旅の最後の夜にこのコンサートを予約していましたが、最後の夜にふさわしい、旅の思い出を素敵なものにしてくれる経験になりました。

【ドレスコード】
「スマートカジュアル」(ジーンズ可)というのが逆に難しい!と思いましたがちょっぴりおしゃれして出かけました。夫と父はジャケットを持ち、私と母はワンピースとサンダルで出かけました。
他のお客さんは同じようにおしゃれしている方もいましたし、フリフリキラキラのドレスの方もいましたが、Tシャツにデニムの方もいて、結構なんでもOKな感じです。(個人的には、せっかくなら、ちょっとおしゃれした方が気分も上がるなーと思います。)

【時間と場所】
オペラ座での公演でした。前日に裏手にある、どんな観光ガイドにも載っている「ザッハー」のカフェに行っていたので迷うこともありませんでした。

バウチャーをチケットブースに持っていく必要があったのですが、ブースが開く19:15ちょうどに着くと10人くらい並んでいました。人の流れがスムーズで、さほど混雑に困ることはありませんでしたが、少し遅いと待ち時間は長かったかもしれません。

チケットブースの場所は分かりにくいです。「チケットオフィスに行くように」と指示がありましたが、チケットオフィスって書かれているところに行くと「ここじゃないよー」と言われてしまいました。

実際には、建物の横手から入るドアがあり、それを入ってすぐの場所でバウチャー→チケットに交換してもらえました。

【雰囲気】
中に入ると衣装を身にまとったスタッフが座席の案内をしてくれたり、プログラム買いませんかーと売って歩いたりしていて、気分も盛り上がります。

【座席】
せっかくなので、スーペリア席で予約していた私たちは前から5列めで、当日まで座席がわからないので念のため持って行っていたオペラグラスは必要ありませんでした。少し後ろの方だと表情などは見えにくいのかもしれません。

【飲食】
始まる前にスナックコーナーで少し休憩しました。プチケーキとカナッペ、どちらも美味しかったです。ウィーンではお肉ばかり食べていたのでカナッペのサーモンがとっても美味しく感じました♪

【内容】
おもしろ楽しく演出をしてくれているので、クラシックに詳しくない私たちでも十分に楽しめました。曲目も、音楽の授業で習うような曲が多いので「聴いたことある!!」がいっぱいです。

22:00の終演後、近くのカフェでお茶をして帰るのもまたすてきな時間でした。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2019/08/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー<現地集合・解散>

期待以上

投稿者: kerosan, 2014/07/04

母と娘の2人で参加しました。
モンマルトルは治安が悪いと聞いていましたが、さっときてさっと帰れば危険は
まったく感じませんでした。
23時のショーでしたが、行きは地下鉄帰りはタクシーです。
地下鉄は降りて目の前にムーランルージュがあるし、タクシーもショーが終わって
すぐにでたので、ムーランルージュまえからすぐに乗れました。
22時30に行きましたがすでに長蛇の列で、あめが降っていましたがみなさん
はやくから並ばれているようでした。ARAN1でチケットをとると、
バウチャーを本物のチケットに交換する手続きがあるので、中でチケットをもっている
人とバウチャーを持っている人と2列に分かれるように指示されますので、
良い席をとりたいなと思われる方は早めにいって並んでみたほうがいいかもしれないです。
ただ、前のほうの席が空いていても後ろのほうに誘導されたりするので、
早くいこうが遅くいこうが、席は決まりがないのかもしれません。
ショー自体はキャバレーというイメージで行くとまったく違う印象を受け
とても素晴らしかったです。
きれいなお姉さんの踊り、腹話術、プールが登場し蛇と泳いだり、ポニーがでてきたりと
あっという間に時間がすぎ、機会があればまた行きたいと思います。
席は真ん中の後ろぎみで外国の方4人との6人席でしたがまあまあみえやすかったです。
会場自体がそんなに大きいわけではありませんので、どの席でも見やすいのではと思います。
服装は結婚式に行くようなきれいな格好で行きましたが、私たちの前に並んでいた中国人の
方はパンツにTシャツにナイロン製のパーカーでしたがなぜか一番前の席に案内されていました。服装で席が変わることはないと思いますが、海外の方は比較的おしゃれにされていたように思います。あと、写真は禁止ときいていましたが、海外の方はショーが始まる前に自分たちの写真をとっており、ポーターはそれをみても見ぬふりをしていましたが、私が前に座っていたフランス人の方に頼まれ2人の写真をとってあげていたら、すごい剣幕で怒ってきました。私は頼まれただけなのに、言葉がうまくはなせないのでsorryとしか言えませんでした。他を見ていてもアジア系の方は写真を注意されてもヨーロッパ系やアメリカあたりの方が写真をとっても注意されていませんでしたので、日本人の方はカメラをとったりしないほうが自分が嫌な思いをしないですむと思います。
しかしながらショーは本当にすばらしかったです。次はリド・クレージーホースも
見に行ってみたいとおもいました。
おすすめですよ!!!

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2014/06/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー&選べるプラン <セーヌ川クルーズ・エッフェル塔ディナー・イルミネーション鑑賞>

最高のパリの夜でした!!

投稿者: かわうそ, 2018/07/29

パリの滞在が2日間のみ。エッフェル塔のシャンパン・フラッシュも観たいし、ムーランルージュも観たい、ついでにフレンチのディナーも楽しみたいと、各オプショナルツアーを探し、やっと見つけた。

このツアーの口コミを見ると、「ムーランルージュが終わった後、集合場所に行けなかった。」、「日本人は自分たちだけだった。」と大丈夫かと不安になりましたが、とりあえず申し込みました。
しかも当日同時刻に、シャンゼリゼ通りでサッカー・ワールドカップ優勝パレードが行われるということで、不安が増しましたが、集合場所へ。
ガイドさんはもちろん英語・フランス語・スペイン語しか分かりません。そこで作戦。ガイドさんから離れないですぐ後ろを歩くことにしました。

バスを降りてエッフェル塔の二階へ。ガイドさんの傍なのでレストランは一番先に案内されなんと窓際の席。セーヌ川を見下ろせる特等席。
隣の席はアメリカ人のご夫婦でしたが、会話を楽しみながら楽しく食事できました。窓の外ではワールドカップの優勝を祝うトリコロールカラーの煙を出して飛ぶアクロバット飛行も同じ目線で見られました。
食事の内容は普通ですが赤ワインがボトルで付いてました。

次に下に降りてセーヌ川クルーズ。20時半を過ぎてもまだ明るいパリの夜。暑い日でしたが川面を渡る風がとても気持ちよく、ここでもワールドカップ優勝を喜ぶパリ市民がクルーズ船に手を振ってきます。
船が折り返して出発した船着場に戻ってきたところでやっと日が沈み、エッフェル塔のシャンパンフラッシュを見ることができました。
夢の中にいるくらい幸せな時間でした。

次にバスに乗りムーラン・ルージュへ。バスを降りるとき、終演時の集合場所を何度も確認したため、安心してショーを楽しめました。
ドレスコードがあるとは聞いてましたが、入り口でジャケット着用を求められませんでした。しかしながら、少なくてもTシャツやジーンズは避けた方が良いと思います。
ショーはフレンチカンカンだけでなくきらびやかなパフォーマンスがどんどん出てきます。シャンパンを楽しみながらの、あっという間の2時間でした。

先に確認した集合場所へ。すぐバスに乗り、ホテルの目の前まで送ってもらえました。午前1時40分にホテルに無事到着。とても素敵なツアーでした。

英語が不安な方は、あらかじめ英語が苦手であることを伝え、ガイドさんのすぐ隣を離れない。これで何とかなると思いました。
一生の思い出に残る最高のパリの夜でした。また是非ともVELTRAのツアーを利用してみたいです。

  • これからエッフェル塔に登ります~

  • エッフェル塔2階のレストラン. 窓際の席です. 目の前をトリコロールカラーのアクロバット飛行が見られました!

  • エッフェル塔を後にしてクルーズ船に乗り込みます.

  • クルーズ船からのパリの夕景.

  • クルーズ船からのパリの夕景.

  • クルーズ船からのパリの夕景.

  • クルーズ船が到着したときにエッフェル塔のシャンパン・フラッシュが始まりました!

  • ムーラン・ルージュ

  • ムーラン・ルージュ

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2018/07/16
この体験談は参考になりましたか? [はい]

【コンサート】 ショパン・ピアノコンサート<夜・ドリンク付き/"Time for Chopin" コンサートホール/ワルシャワ発>

ショパン生誕のワルシャワにて、素晴らしいピアノ演奏を間近に体験!

投稿者: お好み焼きは広島風, 2016/10/01

【ピアノコンサートについて】
50名程度の席に、8・9割は埋まっていたでしょうか。
当日深夜までに予約したからか、最前列の席を予約席として確保してくれてました。(いつもかは分かりませんので、是非リクエストしてみましょう!)
ただ、ピアノに向かって右手でしたので演奏者の顔の表情は良く分かるのですが、手の動きが見えない。。。これは好みの問題ですが、これもリクエストしておくか、早めに行って席を確保すれば問題なし。
この日の演奏者はEDWIN SZWAJKOWSKI。数々の世界レベルコンクールで賞を勝ち取っているらしく、いままでに聴いた事の無いピアノの音色でした。
繊細でなめらかでうっとりする、心地の良いピアノです。弾いているっていうんでしょうか?軽やかに弾んでいる感じです。そしてイケメンときました(私は男。笑)
演奏時間は休憩の20分くらいを除いて、賞味1時間くらいだったでしょうか?18時過ぎに開始、19時半前には終了しました。あまりコンサートに慣れてらっしゃらない方にも負担は少ないかと思います。
このような小さい会場で、間近にピアノ演奏を聴ける機会は早々無いと思いますし、日本円で2000円弱で聴けるのであれば儲けモンです。最後には握手に写真も一緒に撮ってもらいました。
この場所で、この価格で、この演奏。是非ともオススメします。

 ※書き込み者は、一応クラッシックコンサートを2,3ヶ月に1度くらいは聴きに行くので、ある程度の感覚はあるハズ。。。

【チケット注文に至るまで(時系列的にはこちらが先ですが)】
クラッシックコンサートや、ピアノリサイタルなど何か観劇したいなと探しても、どこも満席もしくはスケジュールが合わず。それもそのはず。ワルシャワに到着してから探してますから。。。
ふと以前、アメリカでヘリコプター遊覧ツアーを申し込んだVELTRAを思い出して探してみると幾つかのピアノリサイタルが発見。中でもワルシャワ歴史地区の中にある、当ピアノコンサートが観光しながら寄れるので便利と思い現地時間深夜1時に申込。朝起きたら6時半には承諾メールが返ってきてました。
Googleマップでも見つけられますし、ワルシャワ王宮(Zamek Królewski w Warszawie)の出口から右手にいけば直ぐ目の前です。
その近くの商店街には、ショパンピアノコンサート18時から!と、プラカードを持っている人が立っていましたが、60ztとVELTRAの価格とほぼ変わりありません。そればかりか、予約席として最前列が確保されていました!(これはいつもかは分かりませんが、リクエストに書いておけば確保してもらえるのではないでしょうか)

  • 休憩時間のワインで乾杯。アイスワインでしょうか?甘くて濃厚でGoodでした。

  • 引き込まれる演奏でした。

  • ピアノはKAWAIでした。

  • 綺麗にされています。若干、音色を止めるダンパーがきつい感じがしました。調律ではなく、調整が必要ですね。

催行会社からのコメント

Dziękuję za Państwa opinię.
Przepraszam za automatyczne tłumaczenie - nie mówię po japońsku.
Pozdrawiam, Barbara Kotarba

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2016/09/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムーランルージュ(Moulin Rouge) フレンチキャバレー&選べるプラン <セーヌ川クルーズ・エッフェル塔ディナー・イルミネーション鑑賞>

同伴の主人と高校生の娘も盛り上がりました

投稿者: 匿名希望, 2015/03/02

パリのお正月はお休みが多くてどうしようかと言いスケジュールを組み立てました〈参加1月1日)。連日朝から晩まで思いっきり無駄なく過ごしたのですが、この日は日中は市内観光夕刻から晩までディズニーランドにいたので、ホテルへの送迎付きのこのツアーは、楽しめ計画も立てやすいもってこいのモノでした。私たち一組しか参加していなかったため、日本語べらべらの運転手さんが、とっておきコース〈ビィトンの創設時の建物やらいわゆる本店は実はここだとか)を回って時間つぶしをして送ってくれました。ドレスコードは?と少しおしゃれをして行きましたが、確かにドレスを着ている人もいましたが、そこらを歩く少しキレイめ格好で大丈夫です。長い行列を作り、建物に沿って多くの方にまじり、寒空の中待つので冬場薄着は禁物。ガイドさんは居ませんが待つだけで問題なし。早めに行ったら多少良い席が期待できるかも。人種差別的扱い?も感じませんでしたが、私たちは斜め右側から観るという場所が与えられました。どうも、その時の席を決めるチーフのような方が、人数とかの都合で、お客の「ぱっと見」で場所を指示していたようです。内容はとても良かったらしい〈私は眠かったが)。テーブルにお酒〈品目忘れた)が置いてあったのですが、1本はテーブルの人達と飲み残り1本は全く手つかずでしたので、持って帰れば良かったと後悔する主人と娘でした〈笑)。また行く!と叫んでいました。
ムーランルージュ内の出口に向かい右側に、お店があり色々売っています。運転手さんとの待ち合わせ時間を遅めに設定しましょう~。以前友人達と行っていた長男が〈成人)、DVDを買いたかったが時間がなく買えなかったということで、今回行った妹にDVDを買うように頼んでいました。もちろん買いましたが、背の高い外人さん達が、後からわんさか来て、桁違いのお買い物を済ませていく間も、娘は、兄に買わなければ叱られるとばかりに、粘りに粘って自分も買いたい物全て買い込んでいました。まずでかい声で『プリーズ!』『ヒヤー!』と大声で叫び、一人しかいない店員さんをいかにこちらへ引きつけるかが勝負です〈笑)品物はつきませんが、なんせ、店員さんがのんびりとして一人で対応するモンだから、ツアーで時間を気にしなくちゃならない方には鬼門です。買い物が終われば、約束の場所に運転手さんの車がお迎えに来てくれホテルに送ってもらえ楽です。

評価:
利用形態: 小さなお子様連れ
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ムエタイ観戦チケット☆1万人収容の「ラチャダムヌン・ムエタイ・スタジアム」で熱血ムエタイ観戦!<月・水・木・日曜催行>

☆席をお早めに!☆

投稿者: クマくま, 2018/05/18

18時に会場に到着し、会場前にはスタッフさん達がいて、スムーズに案内してくれました。会場に入る前に、セキュリティさんが荷物チェックをして飲み物を捨てられます。いよいよ中に入り、席を探します。日にもよると思いますが、私達が来た時は、お客様がまだチラホラいただけだったので、カメラマンさんが近くにいるコーナーの一番前の真ん中の席を確保しました。座って少しすると、店員さんが軽食のメニューを持ってきてくれました。Foodは、ホットドッグやポップコーンなど、アルコールはビールのみで、ソフトドリンクは諸々ありました。早速、ビール、コーラと軽食を注文。値段もそんなに高くなかった気がします。ちなみに、お手洗いも普通な?綺麗さでした。18時半になり、いよいよ試合が始まります!試合をする前に選手達個人個人、準備運動?神様にお祈り?をする時に曲が流れるのですが、二階席から生で演奏されていました!凄い!
最初は、若い選手達なのでそこまで迫力は無かったのですが、顔つきはもう真剣そのものなので見ていても楽しかったです。後々に成人の強い選手達が出てくるので、様々な年齢の選手達が見れる事は楽しいですし、気持ちが段々と高まっていけるので、気づけば地元の方と同じように声援を出せる様になりました。
私の座った席は、写真を沢山撮りたい方にオススメです!勝った選手は、試合が終わるとすぐにコーナーにいるカメラマンの前に行き、ポーズを決めます。私はそのチャンスを狙って写真を撮っていました笑!また、前の真ん中の席なので、写真だけではなく、間近で戦いの姿や、コーナーにいる姿も見られる為、色んな姿を見る事が出来ました☆
1階席は、観光客の方が多いですし、椅子に座ることが出来るので落ち着いて過ごせます。二階からの席は、地元の方が大きな声で声援を送っており、たまに荒々しかった場面もあったので少し怖いと感じました。初めてのお方や女性は1階席がオススメだと思います。また、こちらのプランはスムーズに案内してくれるしで楽なので、お願いして良かったなと感じていてます☆今回のタイ旅行では、ベルトラさんに3つのツアーをお願いしましたが、1番良かったです!
このプランを最善に楽しむ方法は、ガイドさんなどがいないので早めに行き、座りたい席を獲得することが条件だと思います☆
会場前には、 ぼったくりの乗り物、タクシーがいっぱいいるので気をつけて下さい!^^

  • とても近かった~

  • ビール

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2018/05/03
この体験談は参考になりましたか? [はい]

リズム・オブ・ダンス 情熱の民族ダンスショー<20:30開演/火・木・土曜日/イスタンブール> by Hodjapasha Dance Theater

一体感と臨場感のある伝統ダンス

投稿者: Lucky_World, 2014/08/04

ベリーダンスが好きですきで、いろんな国でたくさんみてきました。でも何か「本物」のダンスをみたい、イスタンブールならそれがみれるのでは?と期待してあちこち探した末、こちらのホジャパシャのショーをみつけました。ホジャパシャとはこの地区の名前だそうです。当日、わくわくしながら会場に到着。建物、ショーのスペースは、やや狭めでしたが、円形劇場の形式で、ダンサーと観客席の一体感が強く感じられるいいところでした。

さて、オープニングの音楽とともに、最初のショーが始まります。音楽と映像がリレーションしていて、しかも円形なので、とても不思議な一体感を感じます。自分が歴史の舞台にたったような錯覚さえ覚えます。とてもうまい演出だなと、まずはスタート早々からドキドキしてきました。

ダンスそのものは、比較的短い時間で、なんどもダンサーが入れ替わり、息をつく暇もないハイペースで、ショーは続きます。お目当てのベリーダンスは3種類ぐらいは、みれました。ソロダンサーのパートが個人的にはとてもよかったです。それ以外の伝統ダンスは、ちょっとはずむような感じのダンスで、これがトルコの伝統ダンスなのかと感じ入り、食い入るようにみていました。

いちばん会場を湧かせていたのは、男性のソロダンサー。とってもマッスル(筋肉質)なダンサーで、ダンスで胸や全身をプルプルさせるのですが、その度に会場のお客さんは大熱狂。やんやの喝采でした。まな板かと思うほど分厚い胸でした。

もうひとつ、音楽のソロ演奏で、パーカッションのソロパートがありました。これもたいへん渋い演出で、背後に白くてすけるカーテンを引いてそこに控えるバックの演奏者とともに、静かで熱い情熱をみせてくれました。こちらも当日2番人気ぐらいの喝采でした。

イスタンブールには、ディナー付きのダンスショーがいくつかありますが、私が調べた限りではちょっとダンスがおざなりな評判のようでした。なので、ダンスをみせることにサービスを専念しているのがホジャパシャの特徴だと思います。

イスタンブールでは、ご飯はどこでもさくっとかつおいしく食べれます。なので、他国とは違い、ディナー&ショーより、別々にディナーはディナーで、ショーは本物のショーで、とそれぞれを楽しむのが正解かな、そう確信したショーでした。

イスタンブールで、ずばりイチオシのショーです。

  • 静かなベリーダンス

  • パーカッションのソロ演奏。しびれました。

  • フィナーレです

  • 男女で、とんだりはねたり、、おもしろそう。

  • みんなでなかよく、元気なフォークダンスのよう

評価:
利用形態: ひとりで
2 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウィーン・モーツァルト・オーケストラ ウィーン楽友協会またはウィーン国立歌劇場<4月~10月>

リッチな気分♪オペラ座でのモーツァルトコンサート!

投稿者: mayu, 2015/08/24

ウィーンで最低2つはコンサートへ行きたいと思い、クアサロンのコンサートと一緒に、このモーツアルトコンサートを申し込みました。(両方ともA席)

本当はウィーンフィルのホームである楽友協会で聞きたかったのですが、あいにく私の行った8月中旬はオペラ座での開催でした。結果、あんなに素晴らしいホールで聞くことができてよかったです。(楽友協会は英語の見学ツアーにて。黄金ホールも素晴らしかったです。いつかはここでも聞いてみたいですね)

30分ほど前にオペラ座に到着し、バウチャーを見せチケット交換をしました。A席で予約していましたが、チケットを受け取るとそこには「€95.00」の文字が。席も7列目だったので、おそらくスーペリア席にアップグレードされたんだと思われます。ラッキーでした。

中に入ってみると、ボックス席などテレビで見たことあるあの景色が!それはもうテンション上がります。ドレスに身を包んだ美しいお姉さまが席を案内して下さいました。ステージ近!!あれよあれよと言う間に、最上階の席まで満員御礼でした。

ドレスコードは・・・割とみなさまドレッシーな感じでした。(前の方の席だったからでしょうか、中国人ツアー客などはあまり見かけず、上品な方々が多かったですが、全体的にはやはりカジュアルだったのかもしれません。)私はワンピースでした。

コンサート自体はモーツアルトの曲を中心に、知っている曲も知らない曲もやってくれました。途中オペラ歌手が歌うのですが、目を見開き迫力満点で良かったです。コンマスもしっかり見れました。演奏中は当然撮影禁止なのですが、上の方の席のアジア人がずっとフラッシュたいて撮影しており目障りでした。。

指揮者の方はとっても愉快な方で、観客を巻き込んだ色々なパフォーマンス(手拍子など)で楽しませてくれました。私の前のヨーロピアンな奥様も、都度「ブラボーー!!」と声を掛けてらっしゃいました。楽しかったです。

小休憩ではみなさんシャンパンを召し上がられていました。私はボックス席を覗きに行ったり、中央階段でモーツアルトに扮したスタッフの方々と写真を撮ったりしていました。

休憩含みトータル2時間弱です。今回こんなに間近で見られてよかったです。席については色々悩みましたが、チケットを取るなら、絶対A席以上をおすすめします。本当に臨場感が違いますよ!

  • 会場全体の様子

  • 演奏者が入る前

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2015/08/17
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

「アンコール!」マジックとサイレントコメディーショー <フィエスタリゾート/無料送迎サービスあり>

笑いと迫力と感動で忙しかった!(笑) グアムナンバー1!!

投稿者: マカダミアナッツ, 2016/10/20

モニターツアーに参加させて頂きました。
マナーの悪い韓国人?がものすごく多く、会場に入る前にたくさん割り込みをされましたが、座席は指定のようなので焦らなくても安心です。
私達はなんと、最前列ド真ん前の座席でした!!!
案内をしてくれたスタッフの方も「Vip seat!」と笑顔で案内してくれました^^
室内は寒いのでブランケットを貸し出してくれたりとても親切な気遣いをして頂きました。

肝心のショーですが、まず最初に赤いハットをかぶった方がミスター〇ーン的なサイレントコメディーを見せてくれます。
たくさん笑わせてくれて会場を温めてくれます。
この方、ショーの間に何回か登場するのですが、後半には彼が出てくると同時に喜びの笑い声が!みんな彼の虜になってます(笑)
ステージにお客さんを上げて、お客さんの両手と股間に風船を持たせて、その風船をムチで叩いて割るという怖いパフォーマンスが・・・・・・
成功するかどうかは実際に自分の目で見て確かめるべきです!(笑)
たくさん笑わせてくれます!

そして、雑技団のような体操選手のようなアクロバット演出も本当に美しくもハラハラで息を止めて見入るほどでした!!

そしてそして、メインのマジックショー!!
イケメンマジシャンが、瞬きするのももったいないぐらい次々をマジックを見せてくれます!
鳩が次から次へと出てきたり、紙で薔薇を作っていたかと思いきや本物の薔薇に変わり、お客さんにプレゼントしていたり、美しい女性が一瞬でホワイトライオンに変わったり!!
女性が宙に浮いたり!!クライマックスには水を使った危ないマジックも披露され完全に釘づけでした!
最前列なので絶対に仕掛けを見抜いてやろうと思ったのですが(笑)全然分からなかった!!!
そして、私自身もステージに上げて頂き、鏡に種も仕掛けもないことを確認させてもらいました!そんな普通の鏡からマジシャンが飛び出てきたり!
なんかなんかすごい!!とにかくすごい!!
あんな間近でたくさんのマジックを見れて本当に感動と驚きでいっぱいでした!!

この2日後にサンドキャッスルでのマジックショーも見ましたが、こちらのマジックショーが圧巻すぎてサンドキャッスルは行かなくて良かったな・・・と思うほどでした。
グアムナンバー1のマジックショーーだと思います!!
またグアムに来たときには必ず見に行きます!

催行会社からのコメント

マカダミアナッツ様
おはようございます!
この度はアンコールをご覧頂き誠に有難うございました。
最初のお客様を席にご案内する際にご迷惑をおかけしてしまい
ました事、心よりお詫び申し上げます。
確かに韓国からのお客様も多い為、当方が気をつけるべき問題
でございますので早速議題にさせていただき改善をしていける
ように努力してまいります。
また、お客様が凄くお楽しみいただけた事にスタッフ一同、
感謝申し上げます。
またグアムにお越しの際には、是非アンコールをご覧いただけ
ればと思います。
今後ともご愛顧いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

レッドドアプロダクションズ マネージメント

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2016/10/12
この体験談は参考になりましたか? [はい]

バリ版"シルク・ド・ソレイユ"!デブダンショー(devdan)☆インドネシアのエネルギーが溢れる90分間のスペクタクルショー<南部エリア無料送迎>

インドネシア各地の伝統舞踊をギュギュっと濃縮!心がウキウキする華やかさ!

投稿者: てぃむたむ, 2016/11/05

絶対おすすめなのにお客さんの埋まり具合は30%くらい・・・もったいないのでこちらで宣伝させてください。ちなみに最終日に旅の総まとめとして見るのがオススメです。

デブダンショーは、シルクドソレイユというよりは、ディズニーランドの「イッツアスモールワールド インドネシア版」とでも言ったほうが近いかもしれません。ただし演じるのはお人形ではなく生身のダンサー。ワイヤーアクション、アクロバット、マジックもあります。

会場のヌサ・ドゥア・シアターは、バリ・コレクションという、レストランやお土産屋さんもある現代的な複合施設の中にあります。

無料で夕食付き!だったので、ショー開始の1時間くらいに受付をし、夕食バウチャーを受け取って、すぐ近くのインドネシア・レストラン「Resing」へ。無料とはいえ侮れないお味。私は魚のココナツカレーソースを注文しました。量はカフェ飯的な感じでしたのでメニューによっては男性には物足りないかもしれませんが、夫の注文したインドネシア料理スペシャル的なのは量も多く、結果的には大満足でした。オシャレにライトアップされたお庭をみながらディナーの後は、いよいよショーのスタート。

インドネシア全土の伝統芸能をギュギュっと凝縮したショーはストーリー仕立てになっており、観光ツアーから抜け出した男の子と女の子が主人公です。

ショーの内容は、インドネシア各地のダンスにアクロバット、影絵(ワヤンクリ)など、旅のあいだに見たものもあれば、見たかったけど時間がなくて断念したもの、全然知らなかったダンスもあり、何より衣装と音楽が華やかなので見ていて飽きません。ミュージカルやレビューとまでは行きませんが、そういったライブパフォーマンスがお好きな方は絶対に気に入ると思います。お子さんもなんだかとりあえず楽しいと思います笑

セリフは英語、各ダンスやバリ島アイテムの紹介として手前のモニターに英語と中国語の説明字幕が出ます(地味に嬉しい配慮)。とはいえ、英語がわからなくても大丈夫そうです。

お客さんは欧米系、中国系が多く、日本人は少ない印象でした。欧米のお客さんは反応も派手で、会場が満杯ならもっともっと盛り上がってるはず。そう思うと、やっぱりお客さんが少ないのが残念でなりません。本当にオススメですのでぜひ一度、観覧してみてください。

  • 無料の夕食① 青魚のココナツカレーソース

  • 無料の夕食② インドネシア料理スペシャル。ナシゴレン、ミーゴレン、サテ、チャプチャイなどなど。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2016/11/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ショーチケット予約 「Vegas! The Show」 - ラスベガスのショーの歴史をたどるショー

VegasのShow歴史をたどるパフォーマーを身近に感じるショー

投稿者: にゃかりん, 2018/07/20

チケット引き換え場所:Voucherからチケットに変えるため18時までにBoxオフィスに行かなくてはならなかったのですが、少し迷った。プラネットハリウッド(Planet Hollywood Resort & Casino) を目指して行ったが、その隣のミラクル・マイル・ショップスから入ると分かりやすい。あくまでショップが入っているドアを抜けること。そして真っすぐに進んでいくと、もう1回迷いポイントが。他のショーのTheter BoxオフィスがVシアターBoxオフィスより手前にあるので、一度そちらでスタッフに確認。するともう少し先にあるとのこと。もう少し真っすぐ歩くとようやく到着。チケットへの変換は、Voucherを渡したらすぐに。入場は18時45分からとのことで、それまで隣のラウンジで待つかお買い物でも?と言われ、その通りに。

ショー:ショーの席は、B列のど真ん中。もう少し後ろの席の方がショー全体を見渡せて良かったかも?とと思ったが、ダンサーの細かい息遣いや、汗、瞬きまで確認でき、前の席ならではの良さを確認。途中、キャンディーの歌に合わせてスタッフが投げてくれたキャンディーもキャッチでき、スタッフとの交流もでき楽しく時間を過ごすことができた。ラスベガスのショーは、ステージが大きなものが多いがこのショーは、スタッフと客席が近く、程よい大きさなので、ショーにのめりこみやすかった。ショーの内容は、歌あり、ダンスあり、コメディーありで盛沢山。コメディー、英語が苦手な方でも分かるようなM&Mネタや3人の大人が小人に扮したもの、フラフープ等々、楽しめるものがたくさん。ダンサーも歌い手さんも何度も衣装を変えて全力でお客さんを楽しませてくれている、それが伝わるとても良いショーでした。だいたいショーは、場所を変えて何度か見ることにしていますが、今度は、会場の真ん中辺りから鑑賞したいと思います。

写真:写真は、基本禁止です。添乗員風の方が「ショーの最初と最後は大丈夫ですよ」と声をかけていましたが、周りでは、誰もとっていませんでした。

荷物:Vegasのショーでは、大きい荷物(小さくても)の持ち込みが禁止の所がとても多いいですが(ロッカーに預けろといわれることが多い)このショーは、そこまでうるさく言われませんでした。

「Vegas! The Show」あなどれませんよ。Vegasのショーを一通り見ている人達でも楽しめると思います。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2018/07/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]

「オペラ座の怪人」 ロンドン・ミュージカルチケット予約

最高の思い出

投稿者: じゅん, 2013/02/10

初めての海外旅行、初めての飛行機、初めてのミュージカル。初めてづくしの私のロンドンへの旅でしたが、その中でも最高の思い出となりました。

正直言って、何を言っているのかはほとんどわかりませんでした。台詞の部分はわかるのですが、歌っている部分は初めて見る人にとってはほとんど聞き取れないのではないでしょうか。その意味では、事前に映画や本などで内容を把握しておいたほうがよかったと思っていますし、それをお勧めします。

もちろん一人での参加もさびしかったです。ほかの観客はカップルや夫婦ばかりでした。ちなみに、現地の人(イギリス人)と思われる人は少なく、観光客が多かったように思います。写真撮影を一度頼まれました。このミュージカルの内容からいって、どなたかといったほうがより楽しめると思います。ただ、このミュージカルは一人でも十分に楽しめます。生のオーケストラ、生の歌声。これはCDやDVDでは味わえない最高のものです。ちなみに思い出したくて、帰国後にCDを買いました。もちろんCDで当日を思い出し楽しんでいますが、もう一度観に行きたいという気持ちがより強くなりました。それに、これは主観ですが、(CDの)サラ・ブライトマンより、現在のクリスティーン役のソフィア・エスコバールの方が(容姿も声も)美しいと思います(笑)

残念だったのは座席です。高めの予約料金を払っているのに、あまり良いとは言えない席でした。3階席まである2階席でした。2階席では、もちろん1階席ほど近くで臨場感を感じることはできませんし、3階席部分が邪魔になって上も見えません。なぜ上が見たいかというと、上にはシャンデリアがあるからです。また、これは仕方のないことですが、前の席の方が大柄の方で、ものすごく見づらかったです。ずっと体を斜めにして見ていました。今度は、是非一階席で観たいので、なんとかして、席を確保したいと思います。

以上のことから、ミュージカル自体は最高です。ほかのミュージカルを見たことのない私が言うのも説得力がないのですが、とにかく感動させられたことは間違いありまえせん。また、劇場も歴史のある素晴らしい劇場だと思います。席が狭いのもまた味わい深くて良いと思います。

少し長くなりましたが、言いたいことは、もう一度観たい。ただそれだけです。

評価:
利用形態: 友達・同僚
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ショー・エンターテイメント | 観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

世界中のトップエンターテイメントの事前予約はこちら!