世界のパリのエッフェル塔の花火、問題は行き帰り

投稿者: yayo, 2018/07/26

皆さんが書いてらっしゃる通りです。
私も前年の体験談を熟読し、花火が終わった後、宿まで楽に帰るために、日本出発前にネットでタクシーを予約しました。Port de la Bourdonnais までタクシーで送ってもらって、そこを待ち合わせ場所にして迎えに来てもらうため。ベルトラサポートへもタクシーの段取りもあるから、セキュリティーパスを日本出発前にとにかく早く送って下さいとせかして。と、きわめて日本的な発想で、準備着々と。
7月14日当日、18:15 に予約のタクシーが迎えに来て、段取りよしと乗り込んで、Place de Breteuilmade 辺りまで行ったのですが、通行止めでどの道路も入れない、運転手は次の予約があるから元の場所に戻ると言いだして、伝わらない英語で、とにかくメトロで行くから駅で降ろしてくれと言って降りて、メトロでBirHakeim まで行きました。すでに19:00。ここからが、警官やら、軍隊やら、バッグの中をチェックしたり、あっち行けこっち行けと同じところを一往復半も走って走って、仕切りをこそっとまたいで、やっとバトーパリジャンの係員へ、最初の橋のたもとで良かったのです。この船にお乗り下さい、これは連絡船。次にデイナー船に案内され、19:40.ここからは素晴らしい極上の世界でした。たっぷりのワイン、フランス料理、生演奏、夕暮れのセーヌの景色。そして座り込んで茶菓子をつまみながら優雅に真下から見る花火!7/14の雑踏の花火大会、物価の高いパリで、25,000円の価値はありと思いました。
やっぱり、帰りはまた地獄、タクシーと連絡がつかず、1時間歩いて帰りました。今だにタクシー会社と交渉中です。
ベルトラサポート担当者様へ
今年の2018年7月の皆様の体験談にあるように、同じように苦労しました。次年度への改善策を考えて下さい。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

素晴らしい時間と心折れる行き帰り

投稿者: じゃじゃまる, 2018/07/25

乗船時間19時30分に十分間に合うよう18時ころアルマ・マルソー駅にボクと妻は降り立った。なんとすでにディナークルーズを待つ人の列は、アルマ橋まで続いている。
18時とはいえ、パリはまだ陽が高い。木陰のない橋のたもとの歩道で、一向に進まない列。時計を何度も見る。ジリジリしてくる。18時50分過ぎに、前に並ぶインド人若夫婦がボクらに問いかける。あなた方も19時30分の船ですよねと。この進み方じゃ心配になるよね。
遠くに見えて来たチェックの様子は、とってもノロい。その調子じゃ、この群衆を到底さばけませんぜ。しかも途中からの割り込みがひどい。割り込むのはフランスの地元の人が多い。列は整然としたものじゃないから、それをいいことに何やらしゃべりながら脇からスルリと集団の先の方に紛れ込む。おしゃれな紳士、ドレスアップした女性も平気な顔で割り込み。そういうお国柄なのかしら?と思う。
目の前に割り込んだグループに列の後ろに行けと注意したが、少し後ろでまた割り込んでいる。ここは紳士の国じゃないのかい! すっかり心が折れる。
19時を過ぎたら群衆に焦りが漂い始めた。当然、前のほうで強引な割込みも多くなる。そのうち大混乱になるかも…と心配になる。
申し込まなきゃよかった…気分を害しながらも、このままでは大量のキャンセルになるから船も出発できないさとタカをくくる。
19時15分ころから列が急に流れ始めた。チェックの人数が増えたのと、チェック自体がすごく甘くなった。セキュリティパスもチラ見、ボクにはバックの中身のチェックすらしない。その2、3日前にVELTRAからパスポート持参の案内メールがあったが、パスポートどころじゃない緩さ。というか、この混乱ではパスポートを失くさないかの方が心配だ。持ってこなきゃよかった。
先のインド人夫婦は、近くのフランス人夫婦にパスポートは?と尋ねていた。フランス人夫婦はセキュリティパスを手に「これがそうさ」と。当然、フランス人はパスポートを持って集まっていない。
やっぱりパスポートはホテルのセキュリティボックスに入れて、コピーを持参すればよかったなと思った。
チェックを通過したら小走りで船着き場に。手前の船で乗船する船と席を指定され、別の船に向かう。席は船尾の窓側。目の前にエッフェル塔が見える。ようやくほっとしてスーツのジャケットを脱いだ。20時の出航まで、まずはシャンパンで乾杯。
分厚いフォアグラの前菜から始まったコースは、サーモン、メーンの子羊肉、チーズ、デザートへと続く。気持ちも味覚もふくふくとした時が流れる。船着き場にたどり着くまでの身勝手な人たちのせいで疲れきった気持ちが癒されていく。
素敵な時間が流れ、22時、船はエッフェル塔そばの船着き場に戻った。30分ころから乗客はワイングラスを手に船尾のデッキに。川風に吹かれながら、23時過ぎ、さぁ花火ショーの始まりだ。
エッフェル塔も花火で包まれ、目の前が花火でおおわれる。花火の連打の区切りのたびに大きな歓声と拍手。新婚さんなのかな?目の前で日本人カップルが頻繁にキスをする。キスをする横顔が花火の光で浮き上がる。
23時30分過ぎに花火は終わり、船上ではワインパーティの続きが始まった。いつまで飲んでいるんだろう? この人たちどのようにして帰るのかな? などと思いながら、ボクらは23時50分ごろ船を降りた。アデュー。
帰路は多くの人の流れに従って、セーヌ川沿いを歩く。暗い道があるが、たくさんの人も一緒。日本の花火大会の帰り道のようなもの。
1時間近く歩いてコンコルド広場に。地下鉄駅の入り口が見つけられず、次のチュイルリー駅まで歩く。移動遊園地からキャーっという歓声。パリ祭の夜は日が変わってもにぎやかだ。
チュイルリー駅に入ってきた地下鉄は超満員。とうてい乗り込めないと思ったが、一緒に並んだ紳士が車内に突入したので、それと一緒にボクらも無理矢理乗り込む。妻を先に押し込み、後からボクが。1回は身体半分がドアに挟まれ、少し開いて次はカバンが車外に。完全に閉まりきらないドアからカバンの底に手を回し、強引に引き込んだら腕時計が外れた。
ああ…そのまま地下鉄は発車。ホームにいた紳士が下を指さし「ウォッチ」と口パク。ボクは涙を拭くジェスチャーで応じた。落とした腕時計はフランス製。確か値段も安かったはず。でもスーツに合ったので気に入っていたのにな。時計は故郷に返したと思うことにした。
パリ祭のディナークルーズ、行きと帰りの苦労さえ厭わないなら、素晴らしい時間が過ごせる。割り込みの横行と帰りの足の不安で星1つマイナス。それでも体験する価値は十分あると思うよ。


  • 船着き場に戻るころにはエッフェル塔には灯りがともる


  • 30分間、目の前は花火でおおわれた


  • セーヌ川沿いを歩いて帰路に

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

乗船するのに最寄駅から1時間半、サービスは、プリミエール「最前席」でなかったパリ祭限定セーヌ川ディナークルーズ

投稿者: エビトラ, 2018/07/22

午後6時15分をチェックイン目標にして、最寄駅のMetro6のビル・アケム(Bir-Hakeim)駅には、午後5時50分ごろ到着しました。前日に事前確認していたので余裕でチャックイン出来ると思っていました。ところが、駅は、大勢の人で溢れ、駅を出た処でサキュリティチェックの警官が進行を制限し、事前に貰っていた「セキュリティパス」を見せても”此処は通せない、他に行け”と言われ、通してくれる他のセキュリティ検問を探し始めた。7か所を過ぎても通過出来ない、乗船締切の時間は迫ってくる、午後7時を過ぎてもセキュリティ検問を通過出来ない。警官と押し問答が続く。警官とのやり取りで一番印象的だった会話は、警官:”このセキュリティパスでは、此処は通せない。”、小生:”では、どうすれば良い?”、警官:”タクシーに乗れ、タクシーは、パリ市内何処でも連れて行ってくれる”、小生:”この状況でタクシーが此処を通れるか。ダメだろう”、荒い言葉を残し、次の検問場所を探す。7時15分過ぎ、ようやく、一つの検問を通過、まだまだ乗船指定の船着き場-Pier n'7には遠い。群衆をかき分け、進む。7時25分過ぎ、最後のセキュリティチェックを通過し、ようやく-Pier n'7に到着出来た。乗船手続きは-Pier n'7だったが船は5番のポートだと言うので、チケット(内容は、Bateau:CRISTAL、Porton:S、Service:Soir、Zone:Premier、Table:104)を受け取り、5番ポートに移り・乗船、案内された席に着いた。席の位置は、「最前席」では無かった。説明の為、船の構造説明用語を使います。船の先端部分は、船首、真ん中部分は、胴体、そして、船の後ろの部分は、船尾と言います。案内された席は、胴体の前の部分で、且つ、内側席でした。予約完了のメールには、「最前席」と記入されていたので、自分の座る席は、「船首の部分で、窓側」と思っていました。”がっかり”でした。自分の思っていた席と実際の席が異なるので、主催者に話をと思いましたが止めました。何故ならば、船首部分の席は、他の人が座っていて、既に食事・お酒が提供されディナーが始まっています。此処で、私の主張を通すには、既に座っている人の一つのテーブルを明け渡して貰わなければなりません。三者(主催者・既に座っている人・私)で、一悶着が起こり、其の場の雰囲気を台無しにします。
お酒(シャンペイン・白ワイン・赤ワイン)、食事、歌の内容は、予想したもので、良かった。そして、花火、自分の席を少し離れ、上を見上げる。エッフェル塔本体からも花火が打ち上げられ壮観。見応えの有るシーンを思い出に残すためカメラのシャッターを切る。そして、終了。帰国後、写真を見ていて気が付いた、打ち上げ花火は、船を覆っているガラスを通して見ていたが、そのガラスが汚れているのがどの写真にも写っている。がっかり・ガッカリ。

その日の午前中は、軍事パレード観賞の為、シャンゼリーゼ通りに行きました。その際、「セキュリティパス」は、持っていなかったのですが、セキュリティチェックの警察官に話すと、”この道を真直ぐ行って3番目のセキュリティチェックの警官と話せ、そこは、「セキュリティパス」無しでも通してくれると言われ、其の場に行くと通してくれた。鑑賞場所に行くと、運よく、通りの向かい側には、楽隊が配置されていて、その左側には、日本国旗が掲げられていた。おそらく、日本政府関係者が其処に居ると推察された。「セキュリティパス」無しでも良い場所でパレード観賞できて満足!

催行会社からのコメント

【VELTRAからのコメント】
ご利用いただき誠にありがとうございます。この度はご案内のお席がご期待に添えていなかったとのこと、心苦しく存じます。
弊社のページでも事前にご案内を差し上げていたとおり、最前席というのは船の船首側のエリアとなり、窓際を確約するものではございません。またセキュリティパスについてもご不便をおかけし申し訳ございません。ご存知の通りパリ祭は多くの方が市内中心部に集まります為、非常に混雑しておりセキュリティゲートも限定されております。こちらの件はお客様からの貴重なご意見として来年度の改善点として催行会社と共有させていただきます。帰国後の貴重なお時間を割いての体験談の投稿、誠にありがとうございました。また機会がございましたらご利用いただけましたら幸いです。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

すばらしい時間

投稿者: KEI, 2018/07/21

7月14日に たまたまパリにいることになり、せっかくならディナークルーズに参加してみようということで申し込みました。とても素敵な時間をすごすことができ、良かったです。19時半チェックインでしたが 、早めにホテルを出て、17時半ごろアルマ橋まで来ましたが、そこで警察による荷物チェックがあり、列ができていました。20分以上並びました。炎天下でしたので結構疲れました。チェックインまでまだ一時間以上前でしたが、セキュリティパスを見せて 自分がどの船に乗るのかを確認するために行ったところ、冷房のきいたラウンジで待つことができました。席数が少ないためたくさん人が立っていました。そして いよいよ 自分達の席に着いたら、シャンパン・ミネラル水・白ワインとお料理に合わせてサービスしてくれます。赤ワインは2人で一本頂きました。窓側の席でしたので、セーヌ川の夕景を楽しむことができました。オレンジ ピンクに染まるパリの夕焼けもすばらしく感動しました。お料理も美味しく満足しました。サービスの方も感じが良かったです。後になって気づいたのですが、 サービスの方へのチップを忘れていました。申し訳ありませんでした。デザートまで終わり 花火が上がる頃 船のデッキに出て見物しました。すごい迫力で貴重な体験でした。帰路の交通が心配でしたので、セーヌ川沿いに一時間近く歩いて帰りました。歩きやすい靴を持っていくことをおすすめいたします。たくさんの方が歩いていますので怖いおもいはしませんでした。パリ祭の夜にセーヌ川ディナークルーズで花火を見る とてもすばらしい経験ができ 良かったです。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

パリ祭 セーヌ川クルーズで楽しむ

投稿者: chaco, 2018/07/20

パリに初めて行きました。最終日前日がパリ祭。朝から交通規制がかかりそれでも行きはエッフェル塔までメトロを使って最寄り駅の側の駅から歩いて行く事になりました。クルーズでは、お料理やデザートも美味しかったです。
男女の歌手の方の生歌で雰囲気が盛り上がりました。
パリの日の入りは夜の10時くらいのため、9時ごろ出航、11時過ぎから花火という具合でした。花火は出航した船着場に戻って停泊した船からの眺めでした。インスタに上げるような「エッフェル塔をバックに」という写真は撮れませんでしたが、下からエッフェル塔と花火を撮る事は出来ました。
帰りは、メトロも閉まっており、ルーブル近くのホテルまで小一時間歩いて帰りました。少し、疲れましたが楽しめました。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

2018年7月14日 パリ祭限定 セーヌ川ディナークルーズ バトーパリジャン

投稿者: manmaru, 2018/07/17

仏旅行出発の2日前までパスが届かなかったので、このままでは印刷できないとハラハラしました。
当日かなり余裕を見て着くつもりだったのが、通行止めなどあり、かなり焦りました。同じパスをもったフランス人のカップルを見つけて一緒に走りました。もう少しはっきりした道順の地図がほしかったです。
クルーズは、食事のサービスもかなりレベル高かったのではないでしょうか。花火は、隣の無人の船の屋根が邪魔になり、エッフェル塔の下半分が見えなかったのが残念でした。が、こちらに花火が落ちてくる感じで迫力ありました。
帰りも人出が多く、娘と二人で怖い思いもせずホテルまで1時間歩いて帰れました。
予約して良かったです。


評価:
利用形態:家族
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

「エッフェル塔がとける」の謎が解けた!

投稿者: Momo, 2018/07/16

内側席、友人と二人で参加。夜8時でも明るく暑いパリで、クーラーの効いた船内でディナーを楽しめるクルーズは非常に快適でした。タバコ天国のフランスで禁煙なのもGood!
料理も美味しく、ボリュームもあって楽しめました。
花火は圧巻の一言。エッフェル塔から次々花火が発射され、エッフェル塔がとけるというのも納得です。
ただし帰りは交通網がマヒしているので、すぐ近くにホテルを取るか、フランス人と一緒に深夜まで楽しむか、お好みで。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

最高でした!!

投稿者: はなこ, 2017/07/22

想像していた以上に、素晴らしいツアーでした!!
どの船より豪華で、歌手の生声を聴きながらの食事は雰囲気のあるものです。
ウエイターもとっても感じが良かったです。
花火も満足に見られました。

催行会社からのコメント

Good Morning,

We thank you for this review. We are glad that you enjoyed your diner cruise on our boat on Bastille Day.

We look forward to welcoming you again very soon.

Bateaux Parisiens team.

評価:
利用形態:家族
参加日:2017/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

花火

投稿者: hideki yamada, 2016/08/07

船上で生で花火が見えると思ってたら、締め切られた船内での見物でした。音も小さく少し迫力に欠けるものでした。
シャンパン、ワイン 赤白 ほぼ飲み放題でそれには満足しました。料理は普通でした。ただトイレの心配しなくても済むのも参加理由の一つでした

催行会社からのコメント

コメントありがとうございます。

パリの花火が期待通り楽しむことができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
すべてのお客様が素晴らしいクルーズを過ごすことを目指し、改善しております。

この度は貴重なご意見をありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

Bateaux Parisiens カスタマーズチーム

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ぜいたくな大花火大会

投稿者: こぺら, 2016/08/07

川沿いの船着場にはセキュリティカード(事前にPDFで送付されてきたのを印刷)を提示しないと入れないようになっている。こういう特権のあるコース。

巡航中にいただく食事はわたしには十分においしく、男女の歌手がムードある歌を歌っていたりして、花火がなくても気分は満点である。わたしたちの席は安い内側の席で、隣の人たちと接しているので自然とあれこれ話すことになるのもまたいい。ほろ酔いでなんでもない話(といっても通じているのやら)をしていると平和な気持ちになってくる。

そうこうするうちに一巡して元の船着場に返ってくると花火が始まり、音がしはじめると誰彼なしに船外に出るので、花火鑑賞の点では内側の席も外側の席も変わらない。花火は期待通りにぎにぎしくセーヌの両岸、エッフェル塔内部から、じゃんじゃん上がり続ける。

一部始終が終わる時間には、近隣の道路は閉鎖、地下鉄も周辺駅には停車しないので、ちょっと離れた駅まで歩いて行くことになる。このときばかりはどうしても人混みを避ける訳にはいかないが、こんな日なので、バスティーユに押しかけた群衆になったつもりで、ぎゅうぎゅうの地下鉄に乗り込んで、とにかくホテルに帰った。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

この日を狙って行って本当に良かったです!

投稿者: かぶお, 2016/07/31

いい値段するので、このツアーを頼むのを最初は迷いましたが、行って良かったです!
クルーズに乗り込むまでは厳重警備で少し大変でしたが、それも安心できました。
クルーズ中は7月ということで夜も外が明るいので景色を楽しめますし、スタッフの方が明るく優しいので英語を話せない私たちもとても楽しかったです!お食事も美味しかったです。
そしてメインはやっぱりエッフェル塔の花火!
エッフェル塔が見えなくなるくらいの沢山の花火が上がります!圧巻です!
7月の旅行を考えられてるかたは是非参加してほしいです!

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/07/14
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

優雅なひと時

投稿者: パリジャン, 2016/07/16

船…この日はバトーパリジャン全4隻がフル出動します。
  大小さまざまな船に振り分けられ船上します。
座席…事前に決められており、座席交渉不可能。(運任せ)
   進行方向右窓側はラッキーです。花火も座席に座ってゆっくり鑑賞できます。
   反対側の座席の方はデッキに出て鑑賞可能。
服装…エレガンスと言っても完全な正装の人はいませんでした。カジュアルエレガンス。
   ジーパンの観光客もいたほどで、完全にバッチリ決めていくとちょっと浮いてしまう。
食事…非常にゆっくりペース(仏式)で、お腹が空いてしまいます。男性には少し物足りない。
飲料…シャンパンとワイン(白と赤)、ミネラルウォーター、コーヒーまたは紅茶込み。
船長、船員、ギャルソン…皆、仏語英語バイリンガル。観光客に慣れているので片言の日本語を話してくれます。
花火…23時〜30分程度。正面ではないですが、障害物もなく観れます。

特別な日のクルーズなので、当日周囲のセキュリティーは厳戒態勢でした。
通常、2時間半〜3時間コースのクルーズですが、7時15分に乗り込み、この日は結局5時間乗船。花火観賞後下船できたのは深夜0時過ぎでした。

道路は閉鎖されているので、タクシーなどは捕まえられません。最寄りの地下鉄駅まで徒歩のみ。駅も開いているところと封鎖されている駅があります。

全体の評価…在住9年目にして、初めて夜のクルーズに参加。このお値段で食事をして 雑踏の中スリに逢う心配もなく、ゆっくりと席に座って花火を観れるのはお得だと思いました。来年も是非乗りたいです!



評価:
利用形態:家族
参加日:2016/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

面白かった~♪

投稿者: かな♪, 2015/08/08

友人と3人で参加しました。
セーヌ河でのディナーと花火を楽しめて感動しました。スタッフはテキパキサーブしてくれますが、気さくでお客にも話しかけてくれます。片言の英語しか話せない私たちも楽しかったです。
お食事もそこそこ美味しかったし、ワインもボトルで2~3本(?)食事についてたので咲け好きな私たちが追加オーダー不要でした。
花火は、凄かった!夜空を横面一杯広範囲に花火が華やかに、そしてダイナミックに彩りました。エッフェル塔からも花火が止めどなくうち上がり、塔が溶けないかしんぱいしました(笑)
ただ、花火が23時からで、終了後も混雑避けるために船内に1時間ほど留め置かれました。華やかに歌手の歌を楽しみ、乗客が踊り出すなど愉快でしたが、下船して地下鉄にいくと、終電がでたとこでした。ホテルまで延々歩いてたら、運良くタクシー拾えました。
長い1日でした。



評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2015/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

素晴らしかったです!!

投稿者: aoi, 2014/07/22

たまたまパリ祭の時に旅行の時期をとってしまい、人も多いしどうしようかと思っていました。パリ祭の花火はクルーズがいいが中々チケットは取れないと聞いていて、まさかチケットが取れるとは!!10時にやっと日が暮れる頃なのでそれまではコースのご飯を食べつつクルーズ。生演奏・歌の音楽を聴いていると優雅な気分になります。わざわざあっち見たら教会ありますよなど、スタッフさんが親切に教えてくれたりもしました。お料理も最高に美味しくて、シャンパンは食前と食後、白と赤のワインは1本ずつどんっとおいてくれました。←最初はちゃんと注いでくれます。アルコールに弱くて飲みきれないのは残念でしたが、とっても美味しかったです。席は選べないのでどんな席かとドキドキしていましたが、花火が始まる頃には皆さん外や見やすいところに移動されていました(笑)私達もいそいそと移動してエッフェル塔から上がる花火を堪能しました。エッフェル塔のバックとサイドと花火が上がるのでキョロキョロしながら眺めてましたが、綺麗すぎでした。もう忘れられない夜になること間違いなしです!!お値段も最初は高いかとも思ったのですが、あのコース料理にあのサービスあの景色・・・ありえないぐらいのお値打ちでした。また行く機会があれば是非行きたいです!!

評価:
利用形態:家族
参加日:2014/07/14
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

2018年7月14日 パリ祭限定 セーヌ川ディナークルーズ バトーパリジャン <3コースディナー/現地集合・解散>の参加体験談 | フランス(パリ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

2018年7月14日 パリ祭限定 セーヌ川ディナークルーズ バトーパリジャン <3コースディナー/現地集合・解散>の参加体験談 | 7月14日は、セーヌ川が花火で彩られるパリ祭の日。3つのプランから選べるディナークルーズが、今年も登場しました。光り輝くイルミネーションの中、この特別な夜を大切な方と一緒にお過ごしください。