残念ながらオーロラは見れずでした

投稿者: あああ, 2017/02/16

オーロラは見ることができず残念でしたが、こればっかりは天候と運があるのでしょうがないと思います。添乗員さんは遅い時間まで探していただき、また、途中のホットチョコレートはおいしかったです。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2016/11/29
この体験談は参考になりましたか? [はい]

大満足です!

投稿者: ななな, 2017/02/08

天気が晴れていたので、たくさんのオーロラを期待していましたが、前回のオーロラツアーほどたくさんのオーロラは見られませんでした(前回がとても珍しくラッキーな日だったため)。晴れていても、いつも同じだけ見られるという訳ではないようです。ですが、前回とは異なり、やや黄色や紫色がかったオーロラも見られましたし、動いているオーロラも見れたので大満足です。

三脚の貸し出しがあるので、カメラがある方は持っていくといいです。私はミラーレス1眼を持っていき、綺麗にオーロラの撮影に成功しました。設定も、ガイドの方がやってくれました。ただ、寒すぎてバッテリーの消耗が激しいので、予備のバッテリーがあるとよいです。カメラがなくても、オーロラの前で1人ずつ写真をガイドの方が高機能なカメラで撮ってくれて後日Facebookからダウンロードできます。
毎回違ったスポットに連れて行ってくれるので、おすすめのツアーです。


  • 見事な光のカーテンでした


評価:
利用形態:家族
参加日:2017/02/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

想像以上にたくさんのオーロラが見れました!

投稿者: N.A, 2017/02/08

運よくほとんど雲のない快晴で、空一面にたくさんのオーロラを見ることができました!想像以上にオーロラは動きが早く、すごいスピードで「踊る」オーロラの迫力は凄まじく、一瞬で現れて消えていく様子は神秘的でした。
私が参加した日は、少人数制バスが4台出るほどの大盛況でした。ツアーは最後のほうにホットチョコレートと軽くノルウェーのお菓子がふるまわれます。しかし、トイレによることはないので飲みすぎに注意したほうがいいです。とても寒かったですが、寒くて外で待てないときはバスの中で待つこともできます。
少人数制のバスは体力がいりますが、日によって様々な絶景ポイントでオーロラが見ることができるので、写真にこだわる方や曇りでもオーロラを見る確率を上げたいなら少人数制バスをお勧めします。


  • 一晩中しっかりと見れました


評価:
利用形態:家族
参加日:2017/02/03
この体験談は参考になりましたか? [はい]

よいツアーでした!

投稿者: mik, 2017/01/26

ガイドの当日の判断で、オーロラを見るのに適切な場所に連れてってもらえます。小屋やロッジで待つタイプとは異なり、オーロラを見るために何度かバスで移動するので、見られる確率は上がると思います。オーロラ鑑賞後のホットチョコレートがおいしかったです。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2017/01/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

とてもよかったです

投稿者: りりー, 2017/01/07

カメラの設定もすぐに教えていただけ
三脚と防寒着の貸し出しも無料でした!
ガイドさん、ドライバーさんお二人ともとても親切で、楽しかったです!


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/01/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

念願のオーロラ!!

投稿者: Sho, 2016/12/22

天候の悪い日が続く中、1日だけオーロラバスツアーに参加。山間の雲のない場所を二時間かけてガイドが見つけて、しかもオーロラアクティビティレベルの低いという予報の中、赤く光るオーロラと、空一面のオーロラを短時間でありますが見ることが出来ました!
いいカメラを持っていませんでしたが、ガイドの方に写真を撮ってもらえたり、後日その時の写真を頂けたので大変満足でした。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/12/20
この体験談は参考になりましたか? [はい]

本当にオーロラを見に行くためだけのバス

投稿者: Omoider, 2016/12/22

もう一方のベースキャンプを伴うバスツアーよりも、こちらのほうが柔軟に移動できる分オーロラを目にしやすいかと思います。ツアーの説明にある"personal"の文字が表す通り少人数向けのバスツアーであり、食事もなく、ただただバスに乗ってオーロラが見える場所を探しに行きます。ちなみにチケットの裏にはオーロラを撮影するためのカメラの設定(シャッター速度、ISO等)が記載されています。

私は前日にベースキャンプのツアーに参加していましたが、この頃のトロムソは連日の曇り空で、その日はオーロラを目にすることはできませんでした。リベンジを兼ねて参加したのが本ツアーでした。

19:00にトロムソ市街を出発し、この日は南東に向かうようです。前日に引き続きあいにくの悪天候でした。
バスは夜の山道を結構なスピードで滑走しますが、これは雲に覆われた空の下、来る晴れ間を逃さないための努力でしょうか。バスはキャンピングカーサイズ。トイレはありませんが、宣言すれば近くの便所に寄ってくれます。

1時間半ほど走ったところで、周りを山に囲まれた、開けた湿地帯でバスを降りました。遠くの空に星が複数、確かに見えます。オリオン座だと判別もつくほどでした。月も顔を見せています。はじめ夜空を撮影した際には、雲の縁がうっすらと緑がかって写っていました。その後数分して、空がくっきりと顔を出すと、カメラがオーロラを捉えていました。ただ、肉眼ではその姿を確認することができませんでした。

その後場所を移動することに。30分ほど走ったでしょうか、山間の程々に開けた場所にバスが停留しました。程なくして、白い雲のような、しかしその滑らかな動きからすると明らかに雲ではないものが、上空に現れ始めました。微かに虹色を帯びたそれは徐々に光度を強め、最高潮に達したときには、まさしく光のカーテンでありました。
約30分の間、オーロラはその強度に緩急を加えつつ、我々の目の前に出現し続けました。

一段落したところで、ホットチョコレートとチーズ味のサンドウィッチが振舞われました(美味しい)。

今回はガイドさんや運転手さんの手腕により運よくオーロラを目にすることができました。しかしながら、天候は終始良くありませんでしたし、写真に収めたオーロラもほとんどが雲の向こう側に存在するものでした。
もっと晴れていれば…との想いは捨てきれませんが、一方で、見られるかどうかわからない中での体験はある種の達成感があったのも事実です。何はともあれ感動的で、そして興奮する体験でした。



  • 最初の停留地で撮影。肉眼では捉えられなかったものの、カメラにはしっかり写っていた。


  • 二番目の停留地で撮影。肉眼でもはっきり捉えられる。


  • 二番目の停留地で撮影。肉眼でもはっきり捉えられる。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/12/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

最高のひと時を

投稿者: intel, 2016/01/10

幸いにもオーロラを見る事が出来ました!
幻想的なひと時を味わう必須アイテムは、Aurora Forecastというアプリと防寒靴です。
カメラは持って無くても、高性能カメラでスタッフに撮って貰えて、後日Facebookにてゲット出来ますよ。注意(写真撮って!と自分から伝えて下さいね)
カメラの設定はスタッフが丁寧に教えてもらえます。iphoneの撮影は厳しかったです。
無料貸し出しは、お持ちの洋服から羽織れる防寒着を貸してもらえますよ。
オーロラ観賞は長時間-10℃のなか待ち続けるため、一瞬のひと時を自分の目で観るには、防寒が重要です!ボードウェア,ジーパン,スニーカーで挑んだので足の感覚が。。。
アクションカメラ(Go pro hero4)でタイマープラス撮影を行うと、時間経過と共にオーロラを撮影する事が出来て、光のカーテンが一気に収縮して、強烈な光を放って消えていく様子が、カメラのなかに!
ぜひ神秘的な現象を味わって下さいね!


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/12/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

概ね満足。

投稿者: maaa, 2016/01/09

集合について
集合場所のラディソンブルホテルのロビーにツアー会社のカウンターがあるので、そこでバウチャーとチケットを交換します。ツアーの車はホテルの入口前に止まっていました。

トイレについて
バスにトイレはなく、途中でのトイレ休憩などもありませんでした。
私は、朝食時にコーヒー等、飲んだ後は昼に1杯、水を飲んだだけで、オーロラ観測中に配られたホットチョコレートも飲みませんでした。その甲斐あって、ホテルに戻ってくるまで、トイレに行かなくても済みました。オーロラ観測の場所は暗いので、いざとなれば、少し離れた場所で青空トイレすれば大丈夫です。不安な方は目隠しのための折り畳み傘と懐中電灯を持って行ってはどうでしょう。

防寒着について
貸出用の防寒着は、観測場所に着いた後、車の横に無造作に積んでありました。
風もなく、それほど寒くなかったのと(日中は3℃くらい)、みんなそれなりの恰好で来ていたので、借りる人はいないようでした。
私も、最後の方は少し寒く感じましたが、以下の恰好で十分でした。
上はヒートテック、ウールの下着、タートル、フリース、薄手のダウン、スキー用のジャケット、下はタイツ、レギンス、裏地がフリースのパンツ、スキー用のパンツ、足元は綿の靴下、ウールの厚手の靴下、ゴアテックスのひざ下までのブーツ。手袋は綿の手袋、ウールの手袋、革製のミトン。ネックウォーマー。

帰りについて
解散場所からはタクシーで帰ってくるつもりでしたが、私が泊まったスカンディック グランド トロムソまでは歩いて5分程度、外灯も明るかったので、結局、歩いて帰ってきてしまいました。(途中までは同じツアーの参加者が一緒でした)
現地の若い女性も一人で歩いていました。(だから安全というわけではありませんが)

オーロラついて
観測場所に到着後、2時間くらい待った後に見ることができました。
他のツアーグループが諦めて帰った後、5分するかしないかのうちに、大きなオーロラが出現しました。
ただ、写真にはしっかりと緑に写るものの、肉眼では白いオーロラにしか見えず、雲と見分けがいまいち付き辛かったです。
自分のカメラがなくても、ガイドさんが撮った写真をフェイスブックに載せてくれます。フェイスブックのアカウントを持っていなくても、見ることができます。
私も緑のオーロラをバックにした自分の写真を撮ってもらいました。

オーロラ出現後1時間ほどで終了、バスで戻り始めたところ、10分程、走ったところで再び、観測タイム。
さらに30分ほど観測した後に、本当の終了となりました。
往復のバスの乗車が3時間、オーロラ待ちが2時間、観測時間1時間30分くらいでした。

肉眼で緑のオーロラを見ることができなかったのは残念ですが、これはツアー会社の責任ではないです。
緑のオーロラを見るために、またいつかリベンジしたいです。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/12/28
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

楽しいオーロラ観測ツアー

投稿者: Hiro, 2016/01/03

一人で参加しました。

20人ほどで1台のバスに乗り込み、その日一番条件がいいであろうポイントに向かいます。

到着までの間は運転手兼ガイドさんが英語でトロムソやオーロラに関して説明してくれます。時にユーモアたっぷりな説明のため、楽しみながら移動することができます。

ポイントについてからは、三脚を貸してくれたり、一眼レフの設定に関して一人ひとり丁寧に教えてくれたりと大変親切なガイドさんでした。

生憎、参加した日は終始雲が厚く、その日はオーロラを観測することはできませんでしたが、少しでも見られるよう、最後まであきらめずポイントを探し続けてくれました。

また途中で温かいココアとケーキもいただき、オーロラは現れないながらも、みんなでいつか見られるかもしれないというドキドキ感から、終始わいわい盛り上がっていました。

19時~25時頃のツアーでしたが、バス内は終始温かく、寒くなったら車内で待機できるのもこのツアーのメリットかと思います。

自然が相手なので、見れないこともありますが、可能な範囲で現地の天気を確認しながら、日程を決めると観測できる可能性はより上がるかと思います。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/12/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 |

少人数制バスで行く!光のカーテン オーロラ鑑賞ツアー<9月~3月/トロムソ発>の参加体験談 | ノルウェー(ノルウェー)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

少人数制バスで行く!光のカーテン オーロラ鑑賞ツアー<9月~3月/トロムソ発>の参加体験談 | 16人掛けのミニバスに乗って、神秘のカーテン、オーロラ観測に出かけましょう。その日の天候によって観測地は変わるので、高確率で出会えるのも魅力のひとつ。経験豊富なガイドが、オーロラを綺麗に撮影するコツなども伝授します。