豐國神社は、大阪府大阪市中央区大阪城に鎮座する神社です。この神社は、もともと京都市東山区に鎮座する神社である、豊国神社とひとつのものでした。しかしながら、現在は豊国神社と豐國神社は二つの別々の神社です。豊国神社が「とよくにじんじゃ」と音読みになっているのに対し、豐國神社は訓読みで「ほうこくじんじゃ」と読みます。両神社とも、豊臣家を祀った神社ですが、豊国神社が豊臣秀吉だけを祀っているのに対し、豐國神社のほうは、豊臣秀頼、豊臣秀長も配祀しています。
歴史
豐國神社は明治元年、明治天皇が大阪に行幸になった砌(みそぎ)、国家のために功労のあった太閤豊太を、清浄な土地であるとされていた、大阪に奉祀する様にとお達しを出したため、各方面での種々熟議の結果、明治六年に京都の阿弥院峯墓前を本社として社殿を造営し、大阪には別格の官幣社、豊國神社の別社として中之島字山崎の鼻(現在の中央公会堂の地点)に、明治12年11月に創立されました。

見どころ
豐國神社の見どころとしましては、まず、その神社の歴史ある姿に心を奪われるでしょう。重厚な木材を使用し、腕の立つ大工が幾年もかかけて作り上げたその美しさには観る者を圧倒する荘厳な美しさがあります。豐國神社は、太閤秀吉閤を祀っているだけあって、多くの観光客がこの豐國神社を訪れます。秀吉は努力家としても有名ですので多くの受験生が参拝することでも有名です。
1アクティビティ
1/1ページ
  1. 豊臣秀吉の築城以来400年、大阪城は激動の歴史の舞台となってきました。現在の城は三代目。日本一の高さの石垣の上にそびえる天守閣は今なお秀吉の威光を感じさせます。四季折々の美しさを見せる大阪城公園とともに大阪観光には欠かせません。

    JPY4,000

    毎日
    3時間 (午前)

エリアからツアーを探す

豊國神社 (観光情報) | 大阪観光| VELTRA(ベルトラ)

豐國神社は、大阪府大阪市中央区大阪城に鎮座する神社です。この神社は、もともと京都市東山区に鎮座する神社である、豊国神社とひとつのものでした。しかしながら、現在は豊国神社と豐國神社は二つの別々の神社です。豊国神社が「とよくにじんじゃ」と音読みになっているのに対し、豐國神社は訓読みで「ほうこくじんじゃ」と読みます。両神社とも、豊臣家を祀った神社ですが、豊国神社が豊臣秀吉だけを祀っているのに対し、豐國神社のほうは、豊臣秀頼、豊臣秀長も配祀しています。