タティオ間欠泉群 & マチューカ村観光ツアー<朝食付/英語ガイド/サン・ペドロ・デ・アタカマ発>

参加者の評価

4.00 4.00 / 5

体験談数

1
体験談を投稿する

防寒対策は万全に

投稿者: Oky, 2019/03/04

夜明け前に標高4300mは、非常に寒いので真冬と同じ防寒着が必要。自分が参加した2月=真夏でも日が昇る前の気温はマイナス7度。
間欠泉はイエローストーンの様に何メートルも拭きあげず、大きいものでも1m程しか吹き上げませんが、常時噴き上げてます。

  • 夜明け前、気温マイナス7度、極寒

  • 帰り道で立ち寄った湿地帯

  • 村。住民よりも観光客の方が多く若干興醒め

  • 間欠泉がある場所では温泉があり入浴出来る。

  • 村の教会

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2019/03/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

タティオ間欠泉群 & マチューカ村観光ツアー<朝食付/英語ガイド/サン・ペドロ・デ・アタカマ発>の参加体験談 | チリの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

タティオ間欠泉群 & マチューカ村観光ツアー<朝食付/英語ガイド/サン・ペドロ・デ・アタカマ発>の参加体験談 | 1名でも予約確定!標高4500m、世界最高所にあるアタカマ高地観光のタティオ間欠泉群。サン・ペドロを早朝に出発し、夜明けと共に大地から吹き出す水蒸気をご覧いただきます。帰り道には、人口10人ほどの小さな小さな村マチューカにもご案内。