ウルル サンライズとカタジュタツアー<午前/空港送迎付きプランあり/日本語>の参加体験談 | エアーズロックの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ウルル サンライズとカタジュタツアー<午前/空港送迎付きプランあり/日本語>

参加者の評価

4.48 4.48 / 5

体験談数

111
体験談を投稿する

ちょうどよいツアー

投稿者: Halong, 2019/11/06

こちらのツアーの内容が変わってからすぐの2日目ぐらいにシニアの母&娘で参加しました。
閉山直後だったためか、参加者も少なく、ゆったりとした和やかな雰囲気で過ごすことができました。

早朝から、コーヒーを飲みながらのウルルサンライズ。残念ながら雲が多く期待通りのカラーには見えませんでしたが、
それでもウルルは美しかったです。
その後は、ウルルの散策、カタジュタへ移動しての散策となります。

行程は特に急ぐことも間延びすることもなくちょうど良いタイミングで進みました。
ウルル、カタジュタを一気に駆け抜けますので、バスでの移動も多いのですが、移動中のバスでは、朝ごはんを食べたり、休憩をしたりと時間を持て余すことはありません。

なんといっても、日本人ガイドのMieさん(だったと思います。)は知識も豊富かつ、説明もわかりやすく大変勉強になりました。
やはり、現地のガイドさんに説明を受けるほうが理解も深まってよいですね。
ウルル観光は色々お金がかかりますので、個人で行くことも考えましたが、こちらのツアーに参加して本当に良かったです。

素敵な時間をどうもありがとうございました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2019/10/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

麓も素晴らしい!

投稿者: ゆりえりママ, 2019/10/10

結果から言うと、ウルル登山は強風のためできませんでしたが、
現地の日本人スタッフyukoさんのガイドがとてもよく、麓散策を満喫できました。時間的にも余裕あるツアーで、何か所かを効率よく回れました。

20歳から72歳までの親子3世代で参加しました。とてもよかったです。

評価:
利用形態:家族
参加日:2019/10/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

念願のウルル登頂!

投稿者: ナタリー, 2019/09/22

今回の旅行の最大の目的はウルル登頂でした。ツアーではなく、自分たちで自由に行こうかとも思いましたが、せっかくなのでガイドさんの説明も聞きたいと思い、日本語ツアーにしました。
もともとは登頂に2時間以内で降りてきて、その後のツアーに参加予定でしたが、残念ながら思った以上に登頂に時間がかかってしまい、あまりツアーに参加する意味がなかったかなと思いました。
登山希望の方には高いツアーかと思いますが、麓ウォークを希望の方にはぴったりかと思います!

  • ウルルの麓から

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/09/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルルを満喫出来ました

投稿者: MM M, 2019/09/01

ウルル登頂に向けてガイドさんが何度もアプローチしてくれました。
ウルルは思った以上に急斜面で頂上までは登れませんでしたが、良い思い出になりました。
ウルルの周りの散策もガイドさんの解説もあり楽しめました。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2019/08/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルル登山

投稿者: ドアンくん, 2019/08/25

最初に登山口に到着した時は、ゲートが閉まっていたので、無理かな?と思って散策コースに行って、ハートとピース✌️、壁画を見た後、戻ってきたら何と数珠のように人が連なって登っているではないか!
奇跡的に登れました!下山したらまたゲートが閉まっていたので、とても幸運でした。

頂上は、とても風が強いので、ハットだと飛ばされるかもしれないです。

評価:
利用形態:家族
参加日:2019/08/21
この体験談は参考になりましたか? [はい]

念願のウルル☆

投稿者: わーすん, 2019/08/24

ウルルのサンライズ鑑賞と登山挑戦のプランに参加しました。サンライズは、温かい飲み物とクッキーが用意されていて、薄暗く寒い中でワクワクしながら朝日を待つことができました。ウルルに少しずつ朝日が当たって行く様子が素敵でした!登山の方は、残念ながらゲートが閉まっており登ることができませんでしたが、アボリジニーたちのいろいろな聖地のお話を、ガイドさんがわかりやすく教えてくださり勉強になりした。楽しかったです☆

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2019/08/03
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルル サンライズ

投稿者: Yuka, 2019/08/10

まず暗いうちから出発して、サンライズを見に行きます。暗闇から朝日で光るウルルまでの変化を十分見る事が出来ました。
その後は、ウルルの登山口が空いてるか見に行きます。今回は3回見に行きましたが、3回とも閉まっていました。閉まっている場合はガイドさんとウルルの周りを散策します。
私は次の日に登頂成功したので、実際に登る前に色々な情報が得れたので、逆に散策やガイドさんのお話を聞けて良かったなと思いまさした。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2019/08/04
この体験談は参考になりましたか? [はい]

参加して良かった

投稿者: mcgee, 2019/07/15

ガイドさんの説明もわかりやすく、ウルルの歴史、神話を知る事ができました。
念願のエアーズロック、登山する事が出来ました。
ウルル最高!

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2019/06/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

もう少し、30分でも長ければ、ウルル-カタジュタ カルチュラルセンターも見学できたのに。ざっと見ただけで終わりました。

投稿者: Hiroshi-san, 2019/06/10

2019年5月にツアーに参加して登山にチャレンジしました。日本人ガイド付きでしたので、全員参加者は日本人でした。バスは大型バスでトイレが付いているので安心です。
ホテルピックアップが6:10頃で、サンライズ会場と言われるバスの駐車場でコーヒーや紅茶等の暖かい飲み物とクッキーが出ました。どうせ出してくれるなら、駐車場でコーヒーを出すのではなく、展望台で1杯のみでも良いので出して欲しいと思います。
ドライバーの方が展望台辺りに袋を持ってきて、紙カップを回収してくれました。環境に優しい会社だと感じました。5月の寒い朝には、暖かい飲み物は有難いですが、無くても良いと言うのが正直な気持ちです。それよりも料金がもう少し安くなればありがたいです。

登山については、サンライズ会場からウルル麓に近づいた時と、麓ツアーの途中にゲートの前を通った時にゲートの開閉状況を確認しますので計3回のチャンスがあります。登山が許可されるか不許可はいろいろな理由があるようですが、不許可の一番多い理由は強風のようです。

麓ツアーは、アナング族の人たちは文字を持たなかったので、昔から口伝されているアナング族の物語をガイドさんの説明を聞きながらトレッキングします。ガイドさんが物語を写真を交えて説明をしてくれます。非常にわかりやすいです。

途中ウルル-カタジュタ カルチュラルセンターにもトイレ休憩を兼ねて寄り自由に見学ができます。中では18分の資料映像を見ることが出来るのですが、他の展示物を見ていると時間が無くて見られないのが残念でした。
ガイドさんはアナング族の方がウルル登山をして欲しくない理由をわかりやすく説明をしてくれ、アナング族の生活や文化を一生懸命に説明をしてくれ、登山希望者には麓ツアーも検討するように説明がありました。ガイドさんの話に興味を持ってセンターの見学を楽しみにしていましたが、時間が無く満足に見学が出来ませんでした。ちょっと時間配分が残念だったと思います。「もう30分」長ければ良いと残念でした。

トレッキングを終えてバスに乗り込むときに冷たいおしぼりと冷たい水を提供してくれます。晩秋の5月でも気持ち良かったので、夏の暑い季節では最高のおもてなしになるでしょう。
又、バスにはトイレが付いているので安心です。でも揺れるし狭いですよ。

  • サンライズ前に、駐車場でコーヒーとクッキーのサービスがあります

  • 展望台から見る人

  • 展望台の下に小屋があり、座って見られます

  • 最前列でサンライズを見ます

  • 目の前で、登山禁止となりました

  • 登山口には、アボリジニの方の登山をして欲しくない理由が掲示されています

  • ガイドさんが写真付きで説明してくれます

  • 麓ツアーが終わったら、冷たいお茶と冷たいお絞りで迎えてくれます

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/05/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

とても分かりやすい日本語ガイドさん

投稿者: もうすぐ50さい, 2019/06/09

英語レベルがそれほど高くないので、日本語ガイドがわかりやすくてオススメ。
途中の休憩で、温かいお茶やお菓子を振舞ってくれて楽しい気分にしてくれた。

個人で行くのに比べ高くつくが、その分楽しめてお得に感じました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2018/07/31
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルル登頂は後でできました

投稿者: usachan, 2019/05/05

強風でツアーで訪れた時は登山道がクローズされていましたが、帰る時になってまさかのオープン!
悔しいので、エアーズロックリゾートに戻ってからホップオン・ホップオッフというバスを使って戻り、無事登ることができました。
こればかりは運次第のようです。

  • 日差しが強くて暑かった

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/10/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

登らない選択も

投稿者: 狸の穴, 2019/05/04

60人参加のうち12人が登頂せず麓巡りのツアーに参加しました。アナング族の想いを理解し、ウルルがあったから水場ができ動物が集まり生活ができた、その奇跡の貴重さをいくらかでも体感できたのは、まさに貴重な体験でした。ウルルは登る為にあるのではない事が実感できました。示唆に富んだ物語も伺えてアナング族の知恵の奥深さにも触れることができ勉強になりました。ガイドさん、ありがとうございました。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/05/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

着いたら明るい…

投稿者: Kazu, 2019/05/04

暗いエアーズロック(シルエット)を見れると思っていたのですが、エアーズロックを見るポイントに着いたときには既に明るくなっていてがっかりでした。正直、こういう状況になるなら自分でレンタカーを借りていった方が良かったかもと思いました
これから行く方のためにこの点は改善されることを願います。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/05/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エアーズロックにいけてよかったです!!

投稿者: れいか, 2019/03/28

日の出を見るツアーに参加させていただきました!
朝は少し早かったですが、日の出とともに赤く染まっていくエアーズロックには感動しました。

エアーズロックに登れたらいいなと思い、このツアーに申し込んだんですが、この日は運良くのぼることができました!
はじめは閉まっていた登山口も、後から見たら空いていて登れました。
そのため、登山だけではなく、ガイドさんのお話も聞くことができて逆によかったと思いました。
登頂は思っていたよりも道が険しくて、2時間で登って下るのはかなりきつかったですが、こんな経験はすることができなかったと思うので良い経験です。
これからのぼる方がいたら、途中にロッククライミングするポイントがあるので、動きやすい服と軍手は絶対に持って行ってください!

  • エアーズロック登頂は!!!

  • 日の出直後のエアーズロック!

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2019/03/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルル登坂

投稿者: マイク003, 2019/03/17

強風の為、ウルルには登れませんでしたが下から登坂道を見て登らなかった方が良かったのかなっと思いました。危険な事だけでなくウルルを見ているとやはり神聖な感じがして、そこに土足で入って行くのも如何なものかと言う感情が湧いて来ました。
逆に遠くからの写真は上手く撮れましたので大満足です。

評価:
利用形態:家族
参加日:2019/03/08
この体験談は参考になりましたか? [はい]

とにかく感動!

投稿者: れあこ, 2019/03/07

デザートガーデンホテルが最初のお迎えだったので530集合で朝早かったのですが、お天気に恵まれ素敵な半日でした。

サンライズでは朝日が登るとエアーズロックの色が変わり、とても素敵でした。逆側に朝日が登りますが、出てくる朝日も感動でした。

その後はアボリジニーの文化を求めて散策かエアーズロック登頂でしたが、地上で風が少し吹いていたにも関わらず、ゲートが開いていて登ることができました。
年間3割と聞いていたので、本当に運が良かったです。
早く戻れば途中から他の場所の散策にも参加できましたが、私たちは最後の集合に間に合う時間で上り下りをしたため、最後はエアーズロックの麓を軽く歩いたくらいでしたが、昔からの伝統を守っている現地の方の想いなどを聞き、とても感慨深い気持ちになりました。

やはり登りたい、という気持ちが高かったので登れて嬉しかったですが、もし二回目に来ることがあれば、次回はカタジュタやアボリジニーの文化をもっと深く知りたいです。

評価:
利用形態:家族
参加日:2019/03/01
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

運良く登れました。

投稿者: 匿名希望, 2019/03/04

素晴らしい体験でした。
ガイドさんも含めて良い体験でした。
30%の確率でしか登山口が開いていない中で、運良く開いていたこともあり、足を踏み入れさせて貰えたことはありがたかったです。
普段見る事ができないウルルの一面も、このツアーに参加すれば見る事ができます。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/03/01
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

日本語ガイドさんがよかった!!!

投稿者: curious, 2019/02/24

日本語でのガイドさんに案内していただいたのでウルルの文化や神話など詳しく知ることができました♪
温かい飲み物を用意していただいたり、至れり尽くせりでした!
バスの中はもちろん日本の方がいっぱいでしたので、オーストラリア感はなかったですが私達は他のツアーを英語のガイドにしていたので、これはこれでよかったです(^o^)
あと、必要な物の中にハエ避けと書いてあって日本では見つけられず持って行きませんでしたがあったほうがよかったです‼️現地でも買えるので心配はいりませんが~(*^^*)

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2019/02/18
この体験談は参考になりましたか? [はい]

サンライズと登山

投稿者: 旅行好き, 2019/02/13

エアーズロックサンライズ&登山に家族4人(夫婦、小5、中3)で参加してきました。朝早く夜明け前にホテル前に集合しピックアップバスに揺られ数十分、サンライズ会場に着きました。トイレを済ませて、まだ暗い中をてくてくと遊歩道を歩き少し広くなったところでサンライズ鑑賞をしました。朝日に徐々に照らされて真っ赤に染まるエアーズロックは息を飲む美しさです。サンセットも鑑賞しましたが断然サンライズの方がキレイです。写真をバチバチ撮りまくり、辺りが明るくなったころにバスに戻りましたが、なんと私がいた場所はサンライズ展望台ではなくその数十メートル手前にある広場だったのです。ずっと展望台だと思っていましたが、どおりでやけに人が少ないはずでした。きちんと展望台まで行っていた主人に聞いたところ展望台は人が多くて写真を撮るのも大変だったと。主人の写真は人の頭が写っているものが多いので、むしろ広場の方がきれいに見えるし写真もきれいに撮れるのではと思います。
登山は朝は強風で登れず。途中から登れるようになりましたが帰りのバスの時間の関係上、頂上までは行けず途中まで言って引き返しました。鎖の急斜面は見た目以上に急で日ごろ運動しない人にとってはかなり辛い上り坂です。上から人が落ちてきたら間違いなくみんな巻き添えになりそうです。日本から持って行った滑らないスニーカーのハイパーVソールの運動靴を履き、10メートル登っては休みを繰り返し中腹まで行くのに1時間くらいかかりました。
ホテルからエアーズロックまで行くにはツアーバスのほかシャトルバスもありますが1日に数本しかないのでタイミングが合わないとエアーズロックのふもとで遮るものもない中、数時間も待つ羽目になります。レンタカーなどがあると時間に追われずに行動できて便利ですがエアーズロックの周辺にはレンタカーもタクシーもありません。必然的にツアーバスに参加する必要がありますが日本語の解説もついていて安心感もあるのでお勧めです。

評価:
利用形態:家族
参加日:2017/08/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

極寒サンセットとウルル登頂

投稿者: kumayu, 2019/02/10

2018年7月中旬にツアーに参加しました。

まだ暗い中のピックアップ、リゾート内の各ホテルを周り無事に出発
大きなバスでほぼ満員でした。

サンライズ会場ではホットドリンクとクッキーなどを頂けます。
私達は前日にスーパーで買っておいたクロワッサンを持っていき、小さな折りたたみ椅子を借りてパンとホットドリンクを飲みました。

しかし。ゆっくりし過ぎて日が昇り始め
ビューポイントに着いた頃には大勢のツアーの人・人・人。
会場に着いたらホットドリンクとクッキーなどを手持ちに展望台の方に早く向かわれたほうが良いかもしれませんね。

それでも素晴らしいサンライズに染まるウルルを堪能できました。
その後はウルル登山口へと移動いなるのですが、その道中では先住民の歴史やウルルが彼らにとってどれほど神聖な場所であり
ウルル登山をめぐる様々なお話を聞きました。

正直、ここまでてウルル登山はどうしようかと迷いました。
しかしウルルの登山口のある場所に着くと、風もなく、気候条件としては最高で朝イチで登山口が空いていました。
神聖な場であること十分に胸に刻みながらのぼ登らせていただきました。

実際には奥の頂上までは行かずに帰ってきましたが・・
十分に広大な景色・ウルルの厳しさを味わうことができ無理をせずゆっくりと下山しました。


このツアーではウルル登山はあくまでも個人の意思で自由に。
登らない方は麓のツアーや博物館などのツアーが1時間ごとにしっかりと計画されており、私達のように途中で降りてきた人がと中辛ツアーに合流できるのがとても良いと感じました。

実際にウルルの裏側へとバスで向かうツアーはとても良かったです。

全体通してガイドさんの細やかなサービスとガイドの知識
とても満足いく内容でした。

  • 夜明け前

  • ウルル登山口

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/07/14
この体験談は参考になりましたか? [はい]

見事登頂成功!

投稿者: Journeyman, 2019/01/09

頂上までは案外大変だったけどなんとか登頂に成功!
途中の強風はマジでヤバく飛ばされるかと思うほど
聞いてたよりも大変な登山でなめてかかるとダメだということがわかった

評価:
利用形態:家族
参加日:2019/01/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルルに登れず残念。でも、見学ツアーは説明も聞けて、文化的な活動でもありよかった。

投稿者: とだっち, 2019/01/05

メルボルン空港を出発し、フラップの不具合で、1時間30分後には再びメルボルン空港に着陸。4時間後に再出発し、エアーズロックに到着。
エアーズロックリゾートのスーパーで飲み物と夕食、朝食を急いで買い、カタジュタサンセットツアーに参加。英語のガイドツアーで、すべての英語は理解できませんが、簡単な英語は理解でき、外国人と交流できる楽しさはありました。飲み物、スティックサラダ、サーモン、カナッペなどちょっとしたおつまみも食べ放題に近くお腹が満たされました。ハエが寄ってきて大変でしたが、ハンカチを頭上でくるくる回すと、ハエは顔には寄ってきませんでした。もちろん、景色はきれいでした。15人程度は動きやすかったです。
翌朝、ウルルサンライズと麓めぐりツアーに参加しました。温かいお飲み物を飲む余裕がなく、トイレに行き、展望台に行き写真を撮りに行きました。神秘的なサンライズを鑑賞できました。ウルル登山は、風が強く登れませんでした。マラウォークなどの麓めぐりツアーで、詳しい説明を聞き、見るものに意味があり、見ごたえがましました。今回は、日本人ツアー40人程度の参加でやや多いかなと思いましたが、そんなに支障はなかったです。

  • 風が強く登れず。せめて、登れる道の写真でも。

  • 見学の方が、登るより勉強になります。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/12/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エアーズロック登山は大変です!

投稿者: チビタク, 2019/01/04

念願のエアーズロック、登山する事が出来ました。
エアーズロックの歴史も解りましたし、当日の登頂可否の瞬間も、ドキドキでしたが体験するが出来ました。
但し登る為の岩ではない為、登山はかなり大変です。覚悟が必要です。登山後の当日は、ほとんど動けませんでした。斜面の角度は勿論、道幅も狭い所も多く、登山中不安になる事も何度かありました。
でも、登山中の景色や登山後の達成感は、登山体験者しか解りません。オススメです。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2019/01/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

奇跡的に登れてよかった!

投稿者: RoKa, 2018/12/23

あまり事前情報無しで行ったので、とりあえず自分たちで行ってみようとウルルに向かいました。
レンタカーでカタジュタの入園券3daysを購入し向かうと、すでに閉鎖。12月は暑いので8時ごろにはレンジャーの人が来て閉鎖するそうです。
今回は12月で7回目の登山可能日ということで、やはり3分の1ほどの確率みたいです。
閉鎖理由の最多は強風で、風速14mを超えるといつも閉鎖されるようですが、今回はもう少し強かったらしい笑
上に登ると足は疲れますが、そんなの吹き飛ぶ恐怖と爽快感です。
来年の10月で登れなくなってしまうので、行ける人は是非、このツアーなどを利用して行ってみてください!
ちなみに、帽子やらサングラスやら風で飛ばされることもあります。私もサングラスぶっ飛んで行きましたが、奇跡的に戻って来ました!絶対に自分で取りに行っちゃダメですよ!帽子落としても命落とすな、と、ガイドさんに言われましたが、その通りです。気をつけて行ってきてください!いぼ付き軍手必須です!

  • エアーズロック全体。是非ご自分の目で!

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2018/12/21
この体験談は参考になりましたか? [はい]

地球のへそ

投稿者: みなー, 2018/12/10

念願だった、エアーズロックを間近で見れて、すごく嬉しかったです!
しかし風が強く、登山口閉鎖のため、登山はできませんでした…>_<…
一泊しか滞在しなかった為、周りの聖地を歩いて終わりましたが、こちらはこちらで迫力のある写真が撮れたので良かったです!
来年からは登れなくなるので、登りたかったのでまた機会があればチャレンジしたいです!

評価:
利用形態:家族
参加日:2018/11/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

登らなくても十分に楽しめます

投稿者: ayaya, 2018/11/30

ラストチャンスとばかりに、登山付きのプランに申し込みました。
風でcloseとなっていましたが、その代わりに様々な散策コースへ廻れるのでかえって楽しめたと思います。麓でも洞窟に入れたり、壁画を見たり出来るので、十分面白いです。
ウルルを知っていくうちに、先住民達のウルルを思う神聖な気持ちを理解し、登れないのではなく、登ってはいけないのだと思い知らされます。
翌日登山道は開いていましたが、登るのは日本人がほとんどで、残念な気持ちにすらなりました。
写真やビデオを撮る事を禁止しているエリアがたくさんあるくらいです。神仏、パワースポットを大事にする日本人なら、現地の人々の思いをきちんと受け止めるべきですね。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/11/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

最高の経験でしたが...ひとつだけ。

投稿者: ソラ丸, 2018/11/13

風の影響で登頂はできませんでしたが、周辺の散策も充実感がありとても素敵な経験をさせて頂きました。
ただ現地ではウルル登頂は全く歓迎されておらず、登山道入口にも各言語ではっきりと登頂はして欲しくないと書いてありました。アボリジニアンの方々の歴史背景や考えを現地でお伺いし、楽しく登山!という場所ではない事を初めて知りました。
日本では「ぜひウルル登頂!」という案内ですが、至る所でアボリジニアンの聖地なので登頂はして欲しくないよー。登頂=原住民の聖地を踏み荒す行為だよー。それを知った上で登りたい人だけどうぞー。という雰囲気です。

  • 朝日と虹のウルル

  • 公園内からの朝日鑑賞

  • 登山口の掲示板

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/11/11
この体験談は参考になりましたか? [はい]

まさかの雷雨

投稿者: wow!, 2018/10/30

前日の快晴から一転、早朝は雷が鳴り響き、雷雨となりました。

現在、日本語ツアーしか、ウルル登山の案内はないと聞いて何故?
という疑問に対し、ガイドさんは、日本人は山があったら登りたく
なるみたいなんですよね。と言っており、参加しながら納得でした。

天候はよくはなかったわけですが、サンライズの時間には雨もほぼ止み、
ウルルの向こうに稲妻が落ちたりと、ある意味なかなかない体験ができました。

当然ながら雨に打たれた岩山のウルルは危険な為、登山には参加
できませんでしたが良い思い出となりました。

あ、蠅除けグッズは本当にあると便利です!

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/10/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

登れて良かったエアーズロック

投稿者: ベトナムちゃん, 2018/10/18

早朝4時起き、5時集合でエアーズロックへ車を走らせること約20分。メインはエアーズロック登山ですが、安全面から登山口が開いていないこともあり、本ツアーでは3回開いているか確認出来る機会があります。今回、1回目は開いていなかったため、その間、周りを散策。2回目も開いていなかったので、アボリジニーカルチャーセンターヘ、そして3回目・・・開いていました。8:30頃から登山がスタート出来ました。先住民にとって大切なエアーズロックを登らせていただくことを肝に銘じ、自分は勿論、他の登山客にも怪我・事故の無いよう気を付けて登ることをお勧めします。本ツアー中に登れなかったとしても、日中に登山口が開く可能性があり、開いたらホテルにメールが来るそうです。その時に登りた場合には現地に“hop on hop off”(約49ドル)というツアーがあるので席に空きがあればホテルから申し込むことも可能なので、参考までに。

エアーズロックを登るという、という非常に貴重で神秘的な体験が出来たことを嬉しく思います。また3割の確率でしか開いていない登山口が奇跡的に開いたこと、先住民に感謝します。

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2018/10/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

天気だけが残念!

投稿者: hasu, 2018/10/14

前日夜から不安定な天気で、出発時から雨がぱらついていて日の出が見られませんでした。青い空の下ウルルを見たかったので少し残念。
でもウルルの岩肌や大きさを間近で見られたこと、アボリジニの文化や取り組みを現地で見聞きした事は貴重な体験になりました。本や画像で見るのとはやはり違います。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2018/10/08
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウルル サンライズとカタジュタツアー<午前/空港送迎付きプランあり/日本語>の参加体験談 | エアーズロックの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

ウルル サンライズとカタジュタツアー<午前/空港送迎付きプランあり/日本語>の参加体験談 | エアーズロックの岩肌が輝きだす瞬間は圧巻!朝日とエアーズロックの光景は解放感たっぷり!温かいお飲み物と共に神秘的なサンライズを鑑賞後、クニヤウォーク散策やカタジュタのウォルパ渓谷へご案内します。嬉しい空港送迎つきの半日ツアーです。