久米島ホタルの会
KUMEZIMAHOTARUNOKAI
取り扱いエリア: 久米島
情報最終更新日: 2016/04/15
久米島ホタルの会では、ホタルの棲む環境を蘇らせ、ホタルとホタルに繋がる在来の生きものを保護し私達人間を含めた健全な生態系を保全することを目的に活動しています。

クメジマボタルをはじめ、久米島の生き物は「島の宝」です。その宝を生かして、久米島の生活を成り立たせていくことは、持続可能な社会をつくることになると思います。久米島ホタルの会を通じて、会員のみならず、島の人みんなで自然を感じ取り、久米島の宝を守り、自然を生かした社会の形成ができる大人や子ども達を育んでいきましょう。

このプログラムの参加費は、島の自然から地球環境を学び守る久米島ホタレンジャーと会の活動を支えています。
4アクティビティ
  1. 夜のホタル館内と周辺の森や川をライトの明かりだけを頼りに探検します。日本一大きなテナガエビや、季節ごとに出てくる生きもの達(もちろんホタルも)が、自然の面白さ、大切さを教えてくれます。運が良ければ、野生のオオウナギに出会えるかもしれません!

    JPY無料

    100%
    OFF
    モニターツアー
    毎日
    1時間 (夜)
  2. ホタル館で地球の洞窟の成り立ちと自然のつながりについてレクチャー後、車で6分移動した先にある自然洞の雰囲気あるヤジヤーガマ洞窟を探検するツアーです。ヘルメットとライトをつけて、本格的な体験気分が味わえます。

    JPY無料

    100%
    OFF
    モニターツアー
    毎日
    2時間 (午前, 午後, 夜)
  3. ホタル館で立神海岸の独特な地形の成り立ちについてレクチャー後、車で15分移動した後、約290段の階段下にある県指定天然記念物の天宮城や立神岩の案内と、自然度が高く人の立ち入りにくい場所での地球にやさしいクリーン活動を実践します。

    JPY2,500

    毎日
    (午前, 午後)
  4. ホタル館で久米島のラムサール条約登録湿地、およびその象徴的な生きもの(キクザトサワヘビなど)をレクチャー後、ニブチの森へ出かけ、ラムサール条約登録地と、久米島の自然の中で生活していた時代の暮らし跡を案内します。

    JPY無料

    100%
    OFF
    モニターツアー
    毎日
    (午前, 午後)

久米島ホタルの会 | 久米島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

久米島ホタルの会が運営する久米島ツアー一覧