がっかり&次にリベンジ

投稿者: 自然大好き, 2014/12/06

バレーオブファイヤーはとてもよかったです。気に入ってまた行きたいと思います。青空と赤と白の大地は素敵でした。ただ、私たちはウォーキングツアーに参加する気満々で(日本からトレッキングシューズも持参していたのに)ほとんど歩かず、車でまわるフォトツアーでした。それがとても残念。歩かずに大自然を見たい・写真を撮りたいという方にはいいツアーです。言葉の壁なのかツアーの主旨がもともと違ったのかウォーキングツアーでじっくり堪能というのはちょっと違うかなと思います。ランチの時にはリスにいっぱい会えたり、ペトログリフを見れたり楽しかったですが、1時頃にはホテルにいたので1日ツアーでもないかも・・・半日かな。トレイルも何本かありますし、歩けるか聞いたけれど、フォトストップと言われてしまいます。全体として物足りなかったな・・・というのが感想です。ただ場所はいいのでにもっと本当に歩けるツアーでもう一度行きたいと思いました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2014/11/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

じっくり見てまわりました

投稿者: 匿名希望, 2013/06/14

ラスベガスから片道1時間半と近めの場所なので、移動で疲れることはありませんでした。写真ストップが多く、観光時間も十分あって良かったです。
きれいな写真を撮りたい方にオススメです。


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2013/06/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

4000年前のネイティブの姿と数百年前の木の化石表出に驚き

投稿者: くろやまたぬき, 2013/03/08

仕事の合間の日曜日、申し訳ないが一人の催行。国道を外れるとジェットコースターのような道を駆け抜け、朱色の世界の扉が開く。時の流れを体験できる場所だが、同時に、西洋人が侵略を発見と偽ってネイティブの生活を破壊してきた中で、貴重な歴史的遺跡と存在し続けている意味は大きいと感じる。半日コースだが、見方によっては貴重な体験。しかし、自然観光としてみるとグランドキャニオンやアンチロープ、モニュメントバレーなどとは比較にならない。午前中のイベントがお勧め。午後だと公園に入るのに相当な渋滞の覚悟が必要。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/02/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

英語が喋れない者同士の楽しい旅

投稿者: ばんぶー, 2012/03/23

今回は2回目のラスベガスの旅で、1回目に行ったグランドキャニオンといったメジャーなところ以外のツアーに行きたいと思っていたので、このツアーに参加してみました(日本人ツアーは催行されなかったので)。
女の一人旅です。

バレー・オブ・ファイヤーはラスベガスから近い州立公園で、日帰り(15時頃)でベガスに帰れました。

古代原住民 アナサジ が描いたピエログリフや、特徴のあるセパレートな模様のある岩、頭でっかちな岩バランスロック、デザート・ビッグホーン・シープとの遭遇など、日本では味わえない景色を体験できました。

英会話を習い始めたばかりの私に英語ガイドの説明はついていけるかどうか、ドキドキでしたが、なんとかなりました。

私が参加したツアーは、私以外は全員カナダ人(約10人ぐらい)で、ケベック州から来たとのことで、1人を除きフランス語しか喋れませんでした(カタコト英語は喋れるっぽいけど、大部分は英語を喋れる人が、通訳をしていました)。

互いに写真を撮り合ったり、ランチをとったり、カタコト英語で喋り合ったり、いい思い出になりました。

英語に興味のある方は、英会話の勉強にもなってよいのではないでしょうか。

英語ツアー全般に言えることですが、このツアーも前日に、リコンファーム(再確認の電話)をする必要があります。






評価:
利用形態:友達・同僚
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ラスベガス テーマから探す

バレー・オブ・ファイアー観光ツアー<英語ガイド/半日>の参加体験談 | ラスベガスの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

バレー・オブ・ファイアー観光ツアー<英語ガイド/半日>の参加体験談 | 炎のように赤く輝く神秘の地「バレー・オブ・ファイアー」。地平線の彼方まで続く赤色岩の大地はハリウッド映画のロケ地としても有名!ネイティブアメリカンの聖地としても崇められたその雄大さを、ぜひ体感して。