南アフリカケープタウンにあるケープポイントは、喜望峰とともにケープ半島の南端にあります。ケープ半島は全長75キロメートル、北部にはテーブルマウンテンがあります。ケープポイントは喜望峰よりわずかに南にあり、ケープ半島では最南端で、旧灯台があるルックアウトポイント展望台からの眺めは雄大です。大西洋とインド洋が交わる海も同時に見ることができます。帰りは遊歩道を利用して下山する人が多いですが、そのまま喜望峰へ向かう人もいます。
歴史
ケープポイントは三方を海に囲まれており、喜望峰を含め、丸い地平線や大海に削られた荒々しい断崖の岩肌など壮大な展望を見ることができます。周辺の散策路が整備されていることから、駐車場から歩いて向かう人もいれば、ケーブルカーを利用する人もいます。1年を通してイルカやオットセイが泳いでいるので、運が良ければ沖合に現れる100頭以上のイルカの大群を見ることができます。8~11月のシーズンはクジラもやってきます。

見どころ
ケープ半島は約6000万年前は島でしたが陸地の隆起などを経て陸続きとなりました。陸地になったのは今のケープフラッツと呼ばれる地区と言われています。1488年にポルトガル航海士バーソロミュー・ディアスによってアフリカ南端のアガラス岬や喜望峰が発見されました。2000年に南アフリカ共和国で自治体再編が行われ、ケープ半島全体はケープタウン市都市圏に含まれるようになりました。2004年、珍しい植物が多く存在していることから自然保護区として世界遺産に登録されました。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

南アフリカの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

ケープポイント (観光情報) | 南アフリカ観光| VELTRA(ベルトラ)

南アフリカケープタウンにあるケープポイントは、喜望峰とともにケープ半島の南端にあります。ケープ半島は全長75キロメートル、北部にはテーブルマウンテンがあります。ケープポイントは喜望峰よりわずかに南にあり、ケープ半島では最南端で、旧灯台があるルックアウトポイント展望台からの眺めは雄大です。大西洋とインド洋が交わる海も同時に見ることができます。帰りは遊歩道を利用して下山する人が多いですが、そのまま喜望峰へ向かう人もいます。