話が聞けるガイドツアーが良い☆

投稿者: おはな, 2017/08/10

電車で20分位で行けるダッハウ強制収容所。一人で行ってもイイとは思いますが、ココには日本語の案内状などはないので、キチンとガイドさんから話を聞くのが一番だと思いました。
午後発にしたら、ちょっと時間がギリギリになりショップやもぉちょっとゆっくりして見たかったので、朝発、1日コースがイイかもしれないです。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/07/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ダッハウ強制収容所跡見学

投稿者: りんか, 2017/07/22

ガイドさんと内容は最高でした。
でも、英語力のない私には、ガイドさんの説明を理解出来ず残念でした。
お城のツアーなどは英語ガイドなど表記してあったのに、これは無かったので、日本語説明だと思ってしまいました。体験談を見てい無かったのが残念でした。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2017/07/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴重な経験になりました。

投稿者: Hiroyuki.I, 2017/06/20

狂気の世界を肌で感じました。これを機にオーストリアマウトハウゼン、ポーランドアウシュビッツにも行くことを、決めました。


  • 働けば、自由が得られる、、

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/06/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ダッハウ強制収容所良かったです。

投稿者: おかもと, 2017/01/23

ダッハウ強制収容所はミュンヘンに行ったら行くべきです。実際この場所に収容されたら生きてでれないと思いました。11月でしたが、大変寒い場所です。防寒着を着込んでいくべきです。風も強くツアー全員凍っていました。ツアーの説明員も大変親切で時間を延長して説明を頂きました。お勧めです。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/11/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

意外と良かったです

投稿者: Jasmine, 2016/12/26

クリスマスに参加可能なツアーが他になかったので参加してみましたが、充実したツアーでした。
クリスマスでも意外と参加者が多かったです。
日本人は私を含めて三組位でした。
外での説明が多いので、しっかりと防寒対策をしていくことをオススメします。
ガイドの方は英語も上手くて、歴史の説明もわかり易かったです。
ランチを取りたければ、館内にカフェテリアが一つあります。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/12/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

英語力がないとついて行けません。

投稿者: けいごろう, 2016/12/15

ツアー参加者は20人ほどで、そのうちアジア系は私だけ。皆さん、真剣にガイドさんの説明を聞いていました。
 
とにかく英語ツアーですので、英語力が必要です。
英語力に自信のない人は、行く事は難しくないので、自分自身で行くほうが良いかもしれません。
ただ、ガイドさんは一生懸命に説明してくれてましたので、聞き取れればすごく参考になります。


  • 強制収容所 入口付近


  • 働けば自由になる


  • 焼却炉


  • ガイドさん

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/12/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

本当にウォーキングツアーです。

投稿者: いくつになっても旅人, 2016/08/11

電車とバスを乗り継いでも、収容所入口まで距離があり、収容所跡自体もかなり広大な敷地です。8月の気温28度の中を歩くには体力がいりました。けれど訪れた感想は、行って良かったの一言です。他のミュンヘン観光地と比べて、日本人の観光客が極端に少なかったのが印象的でした。施設で行われていた非人道的な行為に衝撃を受けるだけでなく、こういう施設を補修してでも残そうとするドイツ人の自戒を込めた姿勢に、いろいろと考えさせられました。
「夜と霧」を読んでいると、更なる感動があります。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/08/08
この体験談は参考になりましたか? [はい]

収容所の先駆けになったところ

投稿者: ごめす, 2016/08/11

アウシュビッツまでは遠いので
ミュンヘンから行ける こちらへ行ってみました。
ガイドは英語のみです、事前に概要は知っておいたほうがいいです。
欧州はもちろん、アメリカやブラジル 多方面から来ていました。
アジア系は、私たち二人だけでした。
収容所は、とても広いです。
現存する昔の建造物は焼却炉のみですが
見応えはあると思います。
10:30ころミュンヘンの地下鉄から出発し
帰りは15時ころでした。
途中、ランチ休憩はないので、各自アレンジが必要です。


評価:
利用形態:家族
参加日:2016/08/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

英語力が必要

投稿者: fcbs04, 2016/05/07

マリエン広場に集合し電車とバスを乗り継いでダッハウへ。ウォーキングツアーというタイトルを見ていなかった私は何か直行バスに乗っていくのかと思ってしまっていましたが、この移動の電車の中からガイドさんの話は始まります。
ナチスの隆盛と衰退、第二次世界大戦前後の話を英語で6割も理解できないもののなんとか咀嚼しながら、アメリカからの団体観光客に一人混じって移動。
現地でもひたすらガイドさんの先導について回るので、展示品を一つ一つ写真に撮っている時間はありませんが、要所要所でしっかりとした解説があるので、コンパクトにまとまっていて疲れないし、だらだらと歩いて回るよりは満足度が高いと思います。
ただじっくり見学をしたいのなら現地で日本語オーディオガイドを借りて回る方がやはりおすすめ。
自分で交通手段を確保して行くのも面倒、行ったとしてもある程度写真さえ撮れればじっくり見られなくていい、という人は安全な移動手段として割り切るのもいいかもしれません。が、最後にガイドさんに理解できた?と聞かれて咄嗟にちょっとだけ、と答えてしまって残念そうにされたので、やっぱりきちんと英語力のある人におすすめしたいです。笑。




評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/04/16
この体験談は参考になりましたか? [はい]

予習をして

投稿者: しょこ, 2015/12/28

収容所が気になっていたのでツアーに参加しました。
言語がわからない覚悟で参加しましたが、予習していけばよかったと本当に後悔しています。
英語力がないので。
ツアーガイドは優しくてよかったです。



評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/12/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

英語わからない人は移動手段と割りきって

投稿者: Chibis, 2015/09/05

英語わからないけど、自分達だけで行くのが不安だったので参加しました

案の定何いってるかさっぱり
ネット繋がるので、自分で調べながら回りました

事前に予習しておけば、言葉がわからなくても何いってるか理解できたかもしれません

電車とバスを使うので、自力で行く自信がなければ移動手段として有だと思います

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/09/03
この体験談は参考になりましたか? [はい]

良かったです

投稿者: うぐいす, 2015/04/04

ガイドは親切、丁寧で、充実した見学ができました。英語ツアーで、こちらの英語力が十分でないため、丁寧な説明が十分聴きとれなかったのは残念でした。そこにこだわる人には日本語ツアーをおすすめします。


  • 入口の表示です


  • 拷問の様子が説明されています


  • 死体の焼却炉です


  • 門です

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/04/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

英語力が必要

投稿者: にゃー, 2015/02/19

ガイドが英語であることは知っていましたが、本当に英語力が必要なツアーだと痛感しました。

ツアーの前にガイドさんにゆっくり話すようお願いしましたが、ツアーが始まると、物凄いスピードで説明。ほとんど内容がわかりませんでした、、、
なんの知識もなく訪れたので、事前に関連単語を調べておく必要ありです。

愉快なガイドさんだったので、日常会話は楽しかったのですが、説明がさっぱり。個人的に訪れ、看板をゆっくり読んだ方がよかったと反省しました。
あと凄く寒かったので、寒い中外での長時間のガイドは辛かったです。
たくさん着込んでの参加がオススメです


  • 目で色々と感じられた

評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2015/02/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴重な体験

投稿者: Tom, 2014/12/21

話には聞いていても、実際に見聞きするのとでは重みが違う。アウシュビッツ収容所よりは内容がマイルドで初心者むけ。ガイドの人の英語も分かりやすく貴重な体験が出来た。

評価:
利用形態:家族
参加日:2014/12/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

英語ができる方のツアー

投稿者: さくさく, 2014/09/24

ガイドの解説で進んでいくので、ゆっくり見たい方は個人で行かれた方が良いかと思います。英語になるので難しかったですが、ここに行けて良かったです。


評価:
利用形態:友達・同僚
参加日:2014/09/20
この体験談は参考になりましたか? [はい]

一生に一度見る価値あり強制収容所

投稿者: tsutoro, 2014/08/28

ドイツ国内にあるユダヤ人強制収容所ダッハウは緑に包まれた穏やかな田園地帯の中にあり、周りでは今も普通の生活が営まれ、ポロコーストが映画の一場面のように思われます。歴史の一ページを飾った負の遺産。小学生や中学生の修学旅行者がドイツ各地をはじめヨーローッパから訪れていました。日本の広島や長崎のように、いつまでも受け継がれなければならない負の遺産を当事国のドイツが良く管理しているのに感激しました。庭園の芝生が緑で美しかったです。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2014/07/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

英語力が…

投稿者: すうす, 2014/08/10

交通費も含まれているので、一人で地下鉄とバスに乗っていくより不安がなくよかったです。
ガイドさんの英語は私のとき、すごい早くて大変でした。メモリアルセンターで一度休憩、最後のガス室で一度解散となり、バス乗り場の前に17時集合とのことで、25分くらい好きなところを見ていいと言われました。
集合時間を聞き取るのも大変で、日本人の英語が達者な方がたまたま一緒だったので助かりました。収容所自体は、日本人観光客がほとんどおらず、アジアでは韓国の人が多く来ていました。
最後にダッハウの駅でガイドさんにチップを5ユーロみんなあげていましたので、チップ用の小銭があるといいと思います。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2014/08/07
この体験談は参考になりましたか? [はい]

見ておくべき場所

投稿者: TWAK, 2014/05/15

人類の歴史にこういう事実があった、ということを知れて大変貴重な経験となりました。ミュンヘン観光がてらちょっと足を伸ばせば行けるアクセスの良さもよかった。資料館の情報量は膨大だが、話の上手なガイドが豆知識も交えつつ要所要所を案内してくれるので、効率的に見学できました。英語は必須です。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2014/05/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

楽しい場所ではないが・・・・

投稿者: ともひこ, 2014/01/20

戦争時代の悲惨な場所なので楽しいものではないが、過去を知ることは大事だと思って参加した。英語のガイドであり、聞き取れない部分もあったが説明を聞きつつ、展示物の文章を読めば何とか理解ができた。
ただ、予備知識がなかったことが悔やまれる。もう少し勉強しておけば理解が深まったように思う。
収容所跡地は広大なので歩きやすい靴がいいと思う。


  • 入り口「働けば自由になれる」

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/12/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ダッハウ強制収容所跡見学ツアー

投稿者: miho, 2014/01/15

カナダ人の英語ガイドでした。私以外には2人参加者がいて英語堪能な方ばかり。必死にヒアリングして、なんとか内容がわかりましたが、英語苦手な人にはちょっと。。。でも、ガイドさんは親切で、ゆっくり目に話してくれたので、何とか助かりました。英語堪能な方でしたら、お手頃でおススメだと思います!場所が場所だけに、内容は残酷でとても切ないところですが、忘れてはいけない歴史。勉強になりました。


  • 「働けば楽になる」と書いているとのこと。切ない。。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/11/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

素晴らしいガイド

投稿者: Takako, 2014/01/10

興味はあったものの、あまり歴史に詳しくないため、ガイドツアーに申し込みしました。
ガイドの方の知識は素晴らしく、私たちに問いかける形でとても興味深い説明をしてくださいました。ミュンヘンからダッハウに行くのはさほど大変な道のりではなく、一人でも行くことは容易ですが、このツアーに参加しなければ知りえなかったようなことも多く学ぶことができたので、本当によかったと思います。すべて英語でのガイドですのでリスニングがある程度できないと大変かもしれませんが、わからないことがあればとても丁寧に質問対応してくれるので、参加してみる価値はあると思います。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/12/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

行って良かったです

投稿者: raira, 2013/12/22

いろいろと考えさせられました。最初は行こうか迷っていたのですが、思い切って行ってみてよかったです。

ツアーは、現地のガイドさんですが、再集合時のバス停での待ち合わせで、遅れてきた人が走っているのが見えているのに待たずに行ってしまいました。おいて行かれたくない場合は、集合時間はきちんと守ったほうがよさそうです。

評価:
利用形態:ひとりで
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ダッハウ強制収容所跡の見学

投稿者: eu-mma13, 2013/11/23

強制収容所見学は「アウシュビッツ、ビルケナウ」を何度かしていますので
ダッハウは「ちょっと整頓されすぎ?」と思いました。

ダッハウ収容所開放後すぐの、ビデオは衝撃的でした。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/11/18
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ダッハウ強制収容所跡見学 ウォーキングツアー

投稿者: Nameless, 2013/10/23

非常に勉強になるツアーで、ミュンヘン近辺で最も印象に残った場所だ。決して「楽しい」ツアーであるはずもないが、本当に参加してよかった。

内容もさることながら、その内容を伝えてくれるガイドの方が本当に素晴らしかった。ミュンヘン大学で歴史を専攻している学生とのことで、当時の歴史について非常に熱心に説明してくれた。かなり熱心な方で、与えてくれる情報量が非常に多く、ツアーの終了時間がおよそ1時間ほどオーバーしたが参加者は誰一人として不平不満を漏らすことはなく、皆が皆解散場所で10ユーロ以上のチップを渡していた。様々なツアーに参加したが、参加者があそこまでガイドに敬意を払うのを見るのは初めてだった。それほどまでにガイドとしての能力が卓越していた。

ガイドは参加者が選べるものではないが、それを差し引いてもこのツアーは本当にお薦めできる。


評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/10/19
この体験談は参考になりましたか? [はい]

歴史好きなら是非

投稿者: hava, 2013/09/17

 ナチスドイツの強制収容所跡の中では一番便利に訪れることができ、かつ公園としての整備が一番行き届いていると思われるダッハウを英語ガイド付きで訪問できます。
 とても静かな環境で、晴天の午後の訪問は一種張り詰めた雰囲気を感じさせました。事前に本やパソコンで知識を得てから行くことをお奨めします。
 なお、中国系の男性ガイドさんはとても陽気かつ親切な人でしたが、アメリカンイングリッシュのため早口で聞き取りにくいことしばしばでした。コースの進捗管理はしっかりしてくれます。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/09/09
この体験談は参考になりましたか? [はい]

強制収用所

投稿者: 武志道, 2013/08/19

正直英語のヒアリングレベルが高くないとガイドさんの説明を聞くのは非常に厳しいです。ただ、担当のガイドさんは非常に熱心で、単なる収容所の説明だけではなく、当時のドイツの状況や収容所の悲惨な状況、今後の平和のためにも必要なモニュメントだとか異常に熱かったです。それが中国人の青年だったこともまたびっくりしました。ある程度収容所関連の英単語を事前に予習しておけば、ネイティブではないのでガイドの内容は聞こえると思います。
勉強して行けばよかった。。。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2013/08/15
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ダッハウ強制収容所

投稿者: kappa, 2013/08/17

ミュンヘンから30分ほどでダッハウにいけることが分かったが、いかんせんドイツ語がわからないので今回のツアーに応募してみた。
説明は素晴らしく、メモを取ればよかったと後悔するほどよく調べてあり、ツアコンの方に質問したらすべて的確な答えが返ってくるほどだった。
ただ、3時間のツアーですが、資料館?や資料の看板などをゆっくり見られなかったのは残念だった。

ドイツ人のカップル×3組ほど、中国(香港)からのひと家族、アメリカからのひと家族、フランス系カナダ人男性、欧州のどこからか参加の女性、と参加者は15人ほど。案内してくださったのはドイツ人の若い女性。英語教師との掛け持ちで働いておられるそうで、非常に快活かつ明るい女性。英語はアメリカの生活が長かったのか、非常に聞き取りやすかった。わからないことがあればその都度聞いてください。英単語がわからない場合はいろんな国の人がいるので助け合って理解できるようにしましょう、ともおっしゃっていた。
市庁舎前に集合してから電車に乗り、20分ほどでダッハウ駅。そこから収容所までのバスに乗り10分ほど。土曜ということもあり、バスは満員状態。

入口のところから説明がスタート。ワイマールからナチスへの政権交代がなぜ起きたのか、から始まり、どのような人たちがこのキャンプに収容されて、どのような生活を送っていたのか。また資料の看板の前での説明、資料館の中での細かな説明もあり。
3時間ぶっ通しでの説明と移動で結構体力を奪われるが、非常に勉強になった。

どのような説明が聞けるかは言ってご自身で確かめていただきたい。ツアー中に中国人や欧米人の姿はよく見たが、残念ながら日本人と思われる方が一人もいなかったのも残念だった。おすすめです。ぜひご参加あれ。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2013/07/27
この体験談は参考になりましたか? [はい]

戦争を知らない世代は特に行ってみるべき

投稿者: yasu, 2013/06/20

決して楽しいツアーにならないことは分かっていましたが、ドイツを訪れたからにはナチスがやったこと、戦争の悲惨さを知ることも大事だと思ってツアーに参加しました。日本の原爆ドームのように、実際に現場に足を運んでみて初めて知ることや感じられることがあると思いました。英語ができるとなおよいですが、語学力が不十分でも施設の様子や資料等を見ることで当時の恐ろしさを感じることはできると思います。


評価:
利用形態:家族
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ダッハウ強制収容所跡の見学ツアー

投稿者: 匿名希望, 2013/01/31

参加者はブラジルから4人、オーストラリアから2人、日本人の自分というこじんまりしたグループでした。ガイドさんはドイツ人の方で、英語はナチュラルスピードですが、とてもわかりやすい説明でした。本で読むのと実際に見るのではやはり大違いで、知っていたつもりのことも、来てみて初めてわかることもありました。非常に残忍な内容を聞くことになりますが、ガイドさんは淡々と穏やかに、時には笑顔も交えて進めてくださるし、移動の間も雑談等もして楽しいひとときもありました。ミュンヘンからは電車で25分ほど、ダッハウの駅でバスに乗って5~10分で着くので個人でも行ける場所だとは思いますが、やはり現地ガイドさんから、ドイツがこの歴史的事実をどのように抱えていくのか等(13歳以上の生徒に学校から必ず収容所の見学をするよう国が義務づけているなど)、道中いろいろなお話も聞けるので、参加する価値が高いと思います。10時過ぎに集合して2時過ぎに戻ってくるので昼食の時間はありません。















評価:
利用形態:友達・同僚
この体験談は参考になりましたか? [はい]

落ち着いた勉強になるツアー

投稿者: 匿名希望, 2013/01/17

●集合:マリエン広場新市庁舎前で、ツアーのパネルを掲げた方が立っているので、すぐに分かりました。

●参加者:私はアジア人一人で参加しました。他には北欧からの観光客の老夫婦、アメリカからの語学留学のギャル集団など。申込なしで友人と一緒に着いてきて、その場でお金を払っている人もいました。私はネットで支払い申し込んだので、プリントアウトした紙がチケットがわりになっていたため紙にサインを求められ、それを手渡しました。

●ガイド:イギリスの方で分かりやすい英語と丁寧な解説でした。実はダッハウ強制収容所跡地はとても広く、一人で行ったらどこを見て良いかまったく分からなかったであろうことが後になって発覚しました。それだけでもガイドツアーで参加して良かったです。現地にはやはり留学生たち、ドイツ人生徒の修学旅行集団、落ち着いた観光客などが主に来ていた気がします。全体として落ち着いた良いツアーでしたし(もちろん盛り上がって騒ぐ場所ではないのですが)、とても勉強になりました。
強制収容所の建物は補強されていますがとても簡素で、その中の展示などを見て回る際にも、風雨が防げる程度で、冬はとても寒いです。ガイドツアーで外を歩いている時間も長いです。ですから、あたたかい恰好で参加するのをおすすめします。
ミュンヘンのマリエンプラッツ駅からダッハウ中央駅までは電車で1本、その後バスで1本です。10:15に集合して、11時過ぎに現地に到着するような感じだったと思います。

●解散:解散場所は現地のインフォメーションセンターでした。バスと電車に乗ってミュンヘン市内へ戻ります。最もバスの数が15分に1本程度なので、解散しても同じバスでみんなについて帰ることはできます。バスの場所は収容所入り口の側の道路にあるので分かりやすいです。

●その他:インフォメーションセンターには無料のトイレがあります。他には売店もあります。ガイドさんは到着時に一度センターに寄って休憩の時間を少しとってくれますので、休憩についてはあまり心配いらないと思います。また、インフォメーションセンターに入っている本屋では関連する資料を購入できますので資料を探したい方は解散後に本屋へ寄ってじっくり資料を見るのも良いと思います。

評価:
利用形態:友達・同僚
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 |

ダッハウ強制収容所跡見学 ウォーキングツアー<毎日/午前/ミュンヘン発>の参加体験談 | ドイツ(ミュンヘン)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

ダッハウ強制収容所跡見学 ウォーキングツアー<毎日/午前/ミュンヘン発>の参加体験談 | ミュンヘンから約15km離れた街、ダッハウ。かつてヒトラーによって造られたダッハウ強制収容所跡、収容房やバラック、ガス室を見学。写真や展示物で過去の残虐な行為について説明された博物館もご覧ください。