映画ロケ地 | ダブリンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
アイルランドの渡航安全情報
体験を探す

映画ロケ地

4.42
アイルランドでは多くの名作映画が制作されており、各映画にゆかりのある場所は、観光スポットとして人気を博しています。『マディソン群の橋』や『モンタナの風に抱かれて』で脚本を手がけたリチャード・ラグラヴェネーズの監督作品『P.S. アイラヴユー』が撮影されたウィックロウは、美しい花が咲きほこるのどかな田園地帯。ジョン・フォード監督の『静かなる男』のロケ地コネマラ地方では、アイルランドらしい雄大な風景を堪能できます。数多くの歌曲賞・音楽賞を受賞した『ONCE ダブリンの街角で』には、ダブリンのありふれた風景が散りばめられており、この映画を観てからダブリンに行けば、ダブリンを10倍楽しめること間違いなしです。

ダブリン人気アクティビティランキング

映画ロケ地の新着体験談

ボイン渓谷日帰りツアー タラの丘&トリム城&ラフクルーの墓地&イシュナックの丘 <英語ドライバーガイド/ダブリン発>

たっぷり1日遺跡巡りと散策ができます。

2022/05/16 家族 Ckatsu

様々な方面のツアー待ちの人が集合場所にいます。ガイドドライバーが呼びに来てくれるので注意していないと置いていかれます。

ドライバー兼ガイドのデイビッドさんがとても親切に効率よく遺跡を回ってくれました。


ダブリンからそんなに遠... 続きを読む

閉じる
ボイン渓谷日帰りツアー タラの丘&トリム城&ラフクルーの墓地&イシュナックの丘 <英語ドライバーガイド/ダブリン発>

おすすめです。

2019/07/03 ひとりで TRIP

人数が少なく、小さなバスでの移動だった。
草原を歩くが、動物のフンがあるので、気を付けて歩く事と、綺麗な靴は避けた方が良さそう。
どこも広いので混雑とは無縁で、自分のペースで観光できた。

ボイン渓谷日帰りツアー タラの丘&トリム城&ラフクルーの墓地&イシュナックの丘 <英語ドライバーガイド/ダブリン発>

ケルト文化の旅は半分だけ

2019/02/11 ひとりで なおさん

集合地点のモリーマローン像の所に行くと、人がたくさんいる。時間とともにどんどん増える。定刻になったら、バスが大小2台やって来た。大きい方から運転手が降りてきて、ベルファストという。それで納得。別々のツァーが同じ集合時間になっていたのだ。ボイ... 続きを読む

閉じる
ボイン渓谷日帰りツアー タラの丘&トリム城&ラフクルーの墓地&イシュナックの丘 <英語ドライバーガイド/ダブリン発>

少人数の楽しいツアーでした。

2018/12/08 ひとりで Miito

ダブリン滞在中に1人で参加しました。他のツアー参加者はアイルランド外から来た人たちで、全員で15人ほどでした。
ツアーガイド兼運転手の方がとても優しい方で、楽しい時間を過ごせました。「英語わかる?」と聞いてもらえ、日本人が1人だけだった為... 続きを読む

閉じる
ボイン渓谷日帰りツアー タラの丘&トリム城&ラフクルーの墓地&イシュナックの丘 <英語ドライバーガイド/ダブリン発>

歴史探訪が好きな人に

2018/07/17 ひとりで tokumei

ガイドが、歴史の先生をしていた年配の方で、知識が豊富で説明も詳細でした。昨年から、ここに書かれているスケジュールとは逆に回るようにしたようで、最初にタラの丘へ行きます。これは夕方に行くとタラの丘が混雑するからのようで、確かに朝に行くと他の人... 続きを読む

閉じる
ボイン渓谷日帰りツアー タラの丘&トリム城&ラフクルーの墓地&イシュナックの丘 <英語ドライバーガイド/ダブリン発>

パワースポットらしい場所?

2018/05/30 ひとりで シネマおばさん

タラの丘とトリム城は評判通り、アイルランドの歴史に触れる素晴らしい場所だった。残り2箇所(LOUGHREW、イシュナックの丘)はどちらもスピリチュアルスポットらしいのだけれど、とにかく歩かされた。説明が長々とあっても英語のわからない者にとっ... 続きを読む

閉じる
映画ロケ地 | ダブリンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
アイルランドでは多くの名作映画が制作されており、各映画にゆかりのある場所は、観光スポットとして人気を博しています。『マディソン群の橋』や『モンタナの風に抱かれて』で脚本を手がけたリチャード・ラグラヴェネーズの監督作品『P.S. アイラヴユー』が撮影されたウィックロウは、美しい花が咲きほこるのどかな田園地帯。ジョン・フォード監督の『静かなる男』のロケ地コネマラ地方では、アイルランドらしい雄大な風景を堪能できます。数多くの歌曲賞・音楽賞を受賞した『ONCE ダブリンの街角で』には、ダブリンのありふれた風景が散りばめられており、この映画を観てからダブリンに行けば、ダブリンを10倍楽しめること間違いなしです。