アラン諸島 | ゴールウェイの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
現在のカテゴリー
アラン諸島
4.29
荒涼とした大地と広い空、濃紺の海。「世界の最果て」と呼ぶにふさわしいアイルランドの原風景を満喫できるのが、ゴールウェイ沖に浮かぶアラン諸島です。イニシュモア島、イニシュマーン島、イニシィア島の3つの島で構成されています。行き方はフェリーか小型飛行機の2通りですが、VELTRAでは料金がリーズナブルな往復フェリーチケットをご用意しております。島内は交通の便があまりよくないので、レンタサイクルの利用や観光バス・馬車ツアーの参加が便利です。フェリーチケットを予約して、絶景が広がる島々へ日帰りで散策に出掛けましょう!

【おすすめ&見どころ】
・アラン諸島最大の島イニシュモア島にある謎めいた古代遺跡ドン・エンガスは必見。断崖の上に建造された砦の姿は圧巻の一言!
・紀元6世紀頃にカトリックの修道士がやってきたという歴史のあるアラン諸島。ヨーロッパで一番小さな教会とされる聖ベナン教会や、古代の日時計などを見学できる聖キーナン修道院が見どころ。
・時間に余裕があれば見てみたいザ・ワールホール。自然が作り出した四角いプールは神秘性にあふれています。

アラン諸島の新着体験談

良かった

2019/12/28 ひとりで Chen

フェリーターミナルに行くバスがEyre Square の近くにある教会の隣から発車です。フェリーに行くにが40分くらいかかります。

アラン諸島へ!ゴールウェイ⇄イニシュモア島 往復バス フェリーチケット https://www.veltra.com/jp/europe/ireland/galway/a/17867

2019/11/25 友達・同僚 kbymdr

最高でした!天気にも恵まれ自転車でドンエンガスとブラックフォートに行ってきました。緩やかなアップダウンがありますが普段全く運動しない人でもレンタルサイクル€10でいけると思います(但し翌日筋肉痛は必至ですが)。アイルランドの原風景を体験した... 続きを読む

閉じる

ツアー?

2019/09/09 家族 クマガイ

集合場所で港までのバスの往復チケット、島までの往復フェリーチケットを渡されただけなので、これはツアーと呼べる??
「チケット手配」ではないか?
イニシュモア島は素晴らしかったですよ。

のんびりと島内をサイクリング

2019/08/02 カップル・夫婦 KK60

ゴールウエイ からはちょっと古い二階建てバスに乗って港まで移動。チケットはできれば前日までにオフィスで発行してもらう方がいいと思います。バスとフェリーの往復チケット全部で4枚ホチキス止め。海は穏やかで船は揺れなかったが港までのバスはかなり揺... 続きを読む

閉じる

お天気にも恵まれ自転車で島内散策しました

2019/07/25 ひとりで のりまこ

ツアーと言っても、ゴールウェイ市内からフェリー乗り場までの往復のバスと、アラン諸島のうちで一番大きなイニシュモア島へのフェリー往復のチケットのプランです。注意しなければいけないのは、あらかじめバウチャーを現地オフィスでチケットに引き換えてお... 続きを読む

閉じる

アラン諸島へ行くための交通手段

2019/07/15 ひとりで ごんごん

現地のフェリーのオフィスで購入しても一緒ですが、日にちや時間が決まっているなら、あらかじめ買っておけば、窓口で見せて、チケットと交換するだけなので楽です。

アラン諸島 | ゴールウェイの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
荒涼とした大地と広い空、濃紺の海。「世界の最果て」と呼ぶにふさわしいアイルランドの原風景を満喫できるのが、ゴールウェイ沖に浮かぶアラン諸島です。イニシュモア島、イニシュマーン島、イニシィア島の3つの島で構成されています。行き方はフェリーか小型飛行機の2通りですが、VELTRAでは料金がリーズナブルな往復フェリーチケットをご用意しております。島内は交通の便があまりよくないので、レンタサイクルの利用や観光バス・馬車ツアーの参加が便利です。フェリーチケットを予約して、絶景が広がる島々へ日帰りで散策に出掛けましょう! 【おすすめ&見どころ】 ・アラン諸島最大の島イニシュモア島にある謎めいた古代遺跡ドン・エンガスは必見。断崖の上に建造された砦の姿は圧巻の一言! ・紀元6世紀頃にカトリックの修道士がやってきたという歴史のあるアラン諸島。ヨーロッパで一番小さな教会とされる聖ベナン教会や、古代の日時計などを見学できる聖キーナン修道院が見どころ。 ・時間に余裕があれば見てみたいザ・ワールホール。自然が作り出した四角いプールは神秘性にあふれています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜