アウシュビッツとベリチカ塩鉱

投稿者: KAZU, 2017/05/07

当初日本人ガイド希望でありましたが、後日不可と連絡あり。
まあ何とかなるやろと思い決行
しかし来られた女性ガイドさんは日本語ペラペラ。
鈴木さん ポーランド人
全く問題なし
いろいろなことをを質問したり移動時間も苦にならず。
非常に楽しく、有意義な時間を持てたとMrs.鈴木さんに感謝

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2017/04/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

朝一番のビルケナウがおすすめ

投稿者: TYTOKYO, 2017/04/16

朝、クラクフからまずビルケナウに向かいました。観光客がほとんどいなくて短時間でしたがじっくり見て回ることができました。アウシュビッツとヴェリチカ岩塩坑はかなり混雑していたのですが、アシスタントの方がいろいろ機転をきかせていただき効率的に回ることができました。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/06/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]

雨の観光もまた思い出・・

投稿者: kok, 2017/03/21

複数言語に非常に堪能なガイドさんに、一日しっかりと案内していただきました。朝も時間前から待っていてくださり、安心しました。あいにくの天候ながら、ビルケナウ収容所をまず見学。そしてアウシュヴィッツ収容所は、衝撃!の一言に尽きました。日本でも多くの情報で知っていたつもりでしたが、やはり、実際に目の当たりにすると、戦争の重苦しさ、歴史を学ぶこと、歴史から学ばねばならぬこと、様々なことを実感しました。午後は結構混雑してきたようなので、ツアーで申し込んでおいて正解でした。ヴィエリチカは想像以上に歩きました。しっかりした靴で行かれることを強く進めます。ガイドさんの丁寧でわかりやすい解説のおかげで、充実した観光ができました。ありがとうございました。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2017/03/18
この体験談は参考になりましたか? [はい]

やっぱり行ってよかった!

投稿者: kaz, 2016/12/29

朝、宿まで迎えに来ていただき、貸切タクシ-での一日でした。ガイドして下さったのは、現地に長くお住まいの日本人の方で、見学箇所だけでなく、いろいろなことを教えて下さいました。アドバイスで最初、ビルケナウからまわりましたが、貸切状態。寒さと広さと静寂さで、より雰囲気を実感することができました。アウシュビッツも、ポ-ランド語ガイドさんのツア-に参加しての通訳と解説でしたが、ほぼ我々だけのツア-となり、よく見たり聞いたりすることができました。ヴィエリチカでの解説もわかりやすく、いろいろな質問にもよく答えてくれました。休憩なしの強行軍にもつきあってくださり、最後は、マ-ケットまで送っていただきました。教えていただいた日本語メニュ-のあるレストランもよかったです。当初は、二日間に分けて自分たちで行こうと思いましたが、ポ-ランド到着の次の日だったし、その後のワルシャワでのポ-ランドユダヤ人歴史博物館での語学力不足による未消化を考えると、結果的にガイドしていただいてよかったです。ありがとうございました。


  • 貨車で門をくぐり、この辺りで降ろされて選別が行われたことを思い起こすと・・・・・


  • 機械のない時代に、いろいろな工夫をして地下から掘っていたのだと思いました。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/12/23
この体験談は参考になりましたか? [はい]

現地の日本語ガイドにも恵まれ、アウシュビッツ、ヴェリチカ、どちらも印象的な良いツアー

投稿者: 音楽好きの一人旅, 2016/09/13

 最初、アウシュビッツ内は日本人ガイドに案内してもらうオプションで申し込みましたが、予定が合わなかったので、現地人の日本語ガイドのツアーをお願いすることにしました。日本語のできるポーランド人のガイドの方が、大きなグループツアーでの説明のポーランド語を日本語に翻訳してくれるという事前説明でした。
 実際ツアーに参加してみると、ガイドの方はとても日本語がお上手な上に、アウシュビッツもヴェリチカもそこの認定ガイドとしての資格をお持ちとのこと。入場のためには大きなグループに入って回る必要があるのですが、このグループガイドの説明を日本語に翻訳するのではなく、我々のガイドさんが自分の言葉として日本語で解説をしてくれました。とても良いガイドさんにめぐり合い、何ともラッキーでした。
 アウシュビッツ、ビルケナウの収容所跡は重たい気分になりましたが、一度は見ておきたかった場所、行って良かったです。一方、ヴェリチカ岩塩坑は珍しく、とても良い体験でした。


  • アウシュビッツ収容所へと入る門。有名な「ARBEIT MACHT FREI (働けば自由になる)」の文字の一部。


  • ヴェリチカ岩塩坑の内部。ガイドさんによると「食べられる世界遺産」とのこと。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/09/01
この体験談は参考になりましたか? [はい]

大変お世話になりありがとうございました

投稿者: わらびもち, 2016/09/08

私たちは個人旅行で、限られた日程での旅行でしたので、御社のプライベートツアーを利用させていただきました。個人では行きにくい見どころを効率よくまわっていただき、またガイドのリチャードさんは流ちょうな日本語で大変親切にしてくださり、おかげさまでとても理解が深まりました。今回感じたことは、ツアーに入っていないと、入場チケットを買うのに、だいぶ並ばないといけないのですが、御社のツアーではあらかじめ手配してくださっているので、列に並ぶ必要もなく、それだけでも大変価値のあるものだということです。アウシュビッツもヴィエリチカもチケット売り場は大行列でしたので、このツアーにして大正解でした。大変お世話になりありがとうございました。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/08/09
この体験談は参考になりましたか? [はい]

日本人として一生に一度は見るべき場所

投稿者: yuki, 2016/08/22

ツアーを申し込む時に、料金を見て英語のツアーにしようか個人で行こうかと正直躊躇しました。ツアーが終了した時点でこの事が間違いであった事が解り、思い切って参加した事は非常に良かったです。参加者は私達2人で、貸切タクシーでガイドは日本語が流暢なポーランド人女性のマルタさんでした。特にアウシュヴィッツでは、どんな歴史的背景がありこのような事が行われたのかを丁寧に説明して頂き、光景を含め心が痛くなり、日本で習う歴史が余りにも希薄である事が良く解りました。世界遺産第一号のヴィエリチカでは、見たかったギンガ礼拝堂を見れて感動しました。クラクフに来たら、是非このツアーに参加されること事をお勧めします。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/08/17
この体験談は参考になりましたか? [はい]

第2強制収容所の分岐線路が見学できなかった

投稿者: がーなせんせい, 2016/08/11

紹介されているツアーの順序が入れ替わっていて、午前中にアウシュビッツを見学して、昼食抜きで午後からヴィエリチカ岩塩坑に入場しました。第2強制収容所にある分岐する線路を見たかったのですが、それは午後からのツアーになり、1:00に予約しているヴィエリチカ岩塩坑ツアーに間に合わないとのことであきらめました。紹介されているツアーの順番通りだったら回れたのかなと思うと、分岐する線路は第2収容所にあることを知らなかったアシスタントさんで、ちょっと残念でした。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/08/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アウシュビッツとヴィエリチカ

投稿者: ふなこ, 2016/07/26

ポーランド旅行でここだけはじっくりガイドさんの説明を聞くべきだと思い申し込みました。
確かに高めのツアー料金でしたがガイドのマルタさんの聞き易い日本語とわかりやすい説明で密度の濃い観光が出来ました。


  • ぜひご自分の目で見て来て下さい。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/07/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴重な体験でした。

投稿者: Hiro and Asa, 2016/07/23

私たち2名に貸切タクシーで日本留学経験のあるポーランド人のガイドさんがついていました。イギリス旅行を終えて17日間の個人旅行でしたが、ここだけは日帰りツアーを申し込みました。どちらも見学の時間が決められることや、やはりガイドさんからの詳しい説明を聞かないと十分理解できないこともあるので料金はちょっと高めですが、本当に心に残るツアーでした。
◎アウシュヴィッツ第一強制収容所&第二強制収容所ビルケナウ
 人類の「負の世界遺産」とも言われる、ナチスがオシフィエンチム市郊外に作ったホロコーストの収容所です。まずビルケナウ収容所に向かいました。広大な収容所に驚きました。現在も67棟の囚人棟が残っています。蚕棚のような所に押し込まれトイレも一斉に使用を強制されたそうです。収容者は収容所の門を詰め込まれた貨車でくぐり、生死の選別が行われました。
 少し移動してアウシュヴィッツ第一強制収容所へ。現在、収容所は展示スペースとなっています。オシフィエンチムは地図を見ても分かるようにヨーロッパの中心に位置し、各地から収容者を運ぶのに便利な所であったようです。少なくとも130万人がヨーロッパ中から連れて来られました。収容所の正門には皮肉にも「ARBEIT MACHT FREI (働けば自由になる)」の標語が掲げられています。「安住の地を与える」と言われて連れて来られた人々は全財産を持ってやって来ましたが、全て没収され靴や鞄、眼鏡、義足、食器等が部屋一杯に積み上げられています。刈り取られた女性の髪やそれで作られた生地なども展示されていました。
主に政治犯が銃殺された「死の壁」。道中に花屋さんに寄ってもらって花束を買い、妻が花を捧げました。ガス室も残っていて遺体は焼却炉で焼かれ、灰は農場の肥料にしたり、川に流されたということです。
人間はどうしてここまで残酷になれるのか?重苦しい体験でした。戦後70年経っても紛争やテロで命が奪われています。戦争は絶対No !!です。
◎ヴィエリチカ岩塩抗                
 1978年、世界遺産に最初に登録された12件のうち2件がポーランドのクラクフとここです。
岩塩の採掘は700年以上続き、坑道の総延長は約300 km、空洞の数は2,000以上、また最深部は327 mに達する広大な地下採鉱場です。公開されているのは深さ135mまで、20以上の部屋や礼拝堂を巡る約3.5 kmの見学ルートを見て回りました。見学ルートの各所では採鉱作業の様子の再現や、実際に使われていた梯子やトロッコなどを目にすることができます。神秘的な地底湖(塩分濃度30%)や採掘後の空洞を利用して創られた地下の礼拝堂はその大きさに目を見張りました。


  • ビルケナウ収容所棟


  • トイレ


  • 選別


  • ビルケナウ収容所の門


  • 死の壁で献花


  • ガス室


  • ヴィエリチカ岩塩抗


  • 地下の礼拝堂


  • 地底湖(塩湖)


  • 壮大な木の枠組み

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/06/28
この体験談は参考になりましたか? [はい]
前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

エリアからツアーを探す

【プライベートツアー】アウシュヴィッツ強制収容所とヴィエリチカ岩塩坑 日帰り見学ツアー<アシスタント貸切/日本語/クラクフ発>の参加体験談 | ポーランド(クラクフ)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

【プライベートツアー】アウシュヴィッツ強制収容所とヴィエリチカ岩塩坑 日帰り見学ツアー<アシスタント貸切/日本語/クラクフ発>の参加体験談 | 110万以上の人々が殺戮された20世紀最大の悲劇の地となったアウシュヴィッツ強制収容所と世界文化遺産として登録されている世界有数の大規模な岩塩発掘、ヴィエリチカ岩塩坑を巡るプライベートツアー。