カタルーニャ音楽堂(Palau de la M?sica Catalana)は、スペイン東部のバルセロナにある、主にクラシックコンサートが開催される音楽ホールです。バルセロナの旧市街、ゴシック地区に位置し、20世紀初頭を代表するモデルニスモ(カタルーニャ地方のアールヌーボー)建築として有名です。外観は赤レンガで覆われており、一見シンプルな印象ですが、コンサートホール天井のステンドグラスをはじめとする絢爛豪華な内装には目を見張ります。
歴史
1908年、建築家リュイス・ドメネク・イ・モンタネールにより、カタルーニャ地方で活躍する有名な合唱団、オルフェオ・カタランの本拠地として建てられたコンサートホールです。モンタネールは当時の有名建築家で、若くしてバルセロナ建築学校の教授になった時には、生徒の中にアントニ・ガウディもいました。同じく、モンタネールの作品であるサン・パウ病院と共に1997年に世界遺産に登録されました。現在も現役のホールとして使われています。

見どころ
【音楽堂内部】カラフルなタイルで彩られた花をデザインした柱や、光が降り注ぐ天井部分のステンドグラスなど、優雅で装飾的な内部は必見です。音楽堂裏手にチケット売り場があり、ガイドツアーやコンサートのチケットが購入できます。
【コンサート】一流の音楽家が演奏するだけでなく、内装も込みでぜひ一度お試しください。
【カフェテリア】もし、内部を見学できなくても、音楽堂の裏手からカフェテリアに入ることができます。ピンチョやワインで気軽に食事がとれます。 
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 世界遺産カタルーニャ音楽堂はモンタネールによって設計されたモデルニスモ建築の傑作。溜め息が出るほど美しい装飾の内部見学はガイドツアーへの参加が必須。現地では売り切れだったなんてことも。日時指定の事前予約がおすすめです。
    毎日
    1.5時間 (午前, 午後)
  2. 世界遺産にも登録されている壮麗で美しいカタルーニャ音楽堂と、スペインに来たら外せない本格フラメンコを同時に楽める一石二鳥のショー。夜は音楽堂のステンドグラスが青く幻想的に染まり、日中とはまた違った雰囲気を楽しめます。

    EUR35.00

    毎日
    2.5時間 (夜)

バルセロナの人気アクティビティランキング

バルセロナ テーマから探す

カタルーニャ音楽堂 (観光情報) | バルセロナ観光| VELTRA(ベルトラ)

カタルーニャ音楽堂(Palau de la M?sica Catalana)は、スペイン東部のバルセロナにある、主にクラシックコンサートが開催される音楽ホールです。バルセロナの旧市街、ゴシック地区に位置し、20世紀初頭を代表するモデルニスモ(カタルーニャ地方のアールヌーボー)建築として有名です。外観は赤レンガで覆われており、一見シンプルな印象ですが、コンサートホール天井のステンドグラスをはじめとする絢爛豪華な内装には目を見張ります。