カサ・ミラ (観光情報) (観光情報) | バルセロナ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

カサ・ミラ

4.37
カサミラ(Casa M?la)は、世界的に有名な建築家アントニオ・ガウディの代表作のひとつで、バルセロナのシンボルともいえる建物です。バルセロナのグラシア通りにあります。直線部分が全くなく、波打つような外観と彫刻のようなバルコニーの欄干が目を引きます。世界遺産に登録されている建築物ですがアパートメントになっていて、なんと現在も4世帯が居住中です。住人がいるので建物全部を見学することはできませんが、屋上テラスや最上階などの見学ができます。
歴史
カサミラは、ガウディが地元の実業家ペレ・ミラとその妻に依頼されて、1906年~1912年に建築されました。完成した当時、周囲の人々の評判は散々なもので、地元の人々から石切り場を意味する「ラ・ペドレラ(La Pedrera)」と呼ばれるようになりました。なかなか入居者が決まらず、「3世代に渡って値上げをしない」とう契約条件を付けたため、ほとんど値上げされずに現在でも8部屋もある豪邸の家賃は1カ月たったの1200ユーロ(約15万円)です。1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。

見どころ
【エスパイ・ガウディ】カサミラの最上階にある「エスパイ・ガウディ」では、ガウディが関わった他の建築物の模型や写真パネル、影響を受けたといわれる動植物の展示が見られます。【屋上テラス】「エスパイ・ガウディ」から階段を上ると、屋上テラスに出られます。ローマ時代の戦士の兜をイメージしたという独特の煙突がニョキニョキと立つ、不思議な空間です。煙突の隙間からサグラダファミリア教会が見える所があるので、こちらで是非、記念撮影をして下さい。

バルセロナ人気アクティビティランキング

カサ・ミラの新着体験談

何時間でも見ていたくなる建物。

2020/12/02 ひとりで かおもん

子供の頃からの憧れだったガウディ建築を見に行くことができました。バルセロナから帰国したのが昨年の12月で、コロナ禍が始まるギリギリで行けたのは本当に幸運でした。

私が小学校当時にテレビで見たサントリーローヤルのCMで出てきたカサ・ミラ... 続きを読む

閉じる

とても満喫できました。

2020/08/23 友達・同僚 Chaory

バスツアーだったので、移動が楽でした。グエル公園は足場が悪いところや坂になっているところがあり、サグラダ・ファミリアも階段で上に登りたい方なら個人的にはヒールの靴は避けた方がいいと思います。サグラダ・ファミリアは狭い階段でしか頂上まで行けな... 続きを読む

閉じる

住んでみたい

2020/06/11 ひとりで ううぽ

チケット購入列は行列でしたが、事前購入しておいて正解でした。
スムーズに入れました。
屋上の展望、雰囲気、建物の下を見て圧倒されました。
住んでいる人もいるという事で、どんな生活をしているのか大変興味がありました。

バルセロナ着いての初観光

2020/06/07 友達・同僚 ちーちゃん

バルセロナ着いて、初日の観光で下調べはしてきたけれどやはり主人と二人で
歩くには不安だらけでした。
ホテルからタクシーを使って移動もしましたが、現地行けば日本人観光客も多く同じようなルートを回る方もいて一緒について回りました。

暑いバルセロナでバスに揺られて涼しい風に吹かれ最高。

2020/04/28 カップル・夫婦 みっき

暑いところは苦手ですが、バスに揺られて風を切ってとても涼しかったです。バスの中からいろいろな名所も見られて最高でした。次回行った時も絶対にこれは必ず乗りたいですね。絶対のお勧めオプションです。

イヤフォンガイドいいですね!

2020/04/08 カップル・夫婦 mama

バルセロナ観光では、チケットの事前手配は必須ですね。一日の行動に身も心も余裕が生まれます。更に今回は、イヤフォンガイドをの便利さを実感しました。自分のペースでお部屋を行ったり来たり出来るので、建物や調度品を満喫したい人にはお勧めです。

カサ・ミラ (観光情報) (観光情報) | バルセロナ観光 VELTRA(ベルトラ)
カサミラ(Casa M?la)は、世界的に有名な建築家アントニオ・ガウディの代表作のひとつで、バルセロナのシンボルともいえる建物です。バルセロナのグラシア通りにあります。直線部分が全くなく、波打つような外観と彫刻のようなバルコニーの欄干が目を引きます。世界遺産に登録されている建築物ですがアパートメントになっていて、なんと現在も4世帯が居住中です。住人がいるので建物全部を見学することはできませんが、屋上テラスや最上階などの見学ができます。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜