ミロ美術館 (観光情報) (観光情報) | バルセロナ観光 VELTRA(ベルトラ)
モンジュイックの丘にあるミロ美術館は、正式には「ジョアン?ミロ財団・現代美術の研究センター」といい、20世紀を代表する芸術家ジョアン?ミロ(1893 - 1983)の作品等を中心にしたいわゆる個人美術館です。絵画をはじめとするミロの作品や友人たちの作品など1万点を超える所蔵点数、施設の規模、活動の質の高さは、個人美術館として世界最大規模といわれています。世界的な芸術家や知識人、ミロの遺族で構成される財団によって運営されています。
歴史
ミロは20世紀初頭にシュルレアリスムに傾倒し、パリに出てからピカソらと交流を持ちながら、他の芸術家らとは一線を画した自由奔放な作風で世界的に知られました。1968年にサン・パウ病院で開かれた大規模な個展で美術館建設の構想が練られ、ミロの親友で世界的建築家のホセ・ルイ・セルト(1902 - 1983)が無償で設計し、1975年に開館したのがこの美術館です。開館から40年も経過していますが、若い人たちのためにとミロが構想したこの美術館は、現在でも最新のアートシーンの情報発信センターとして機能しています。

見どころ
コレクション展や企画展といった展示コーナーは美術館では一般的ですが、ミロ美術館にはこの他に「Espai(=エリア)13」という特別展示コーナーがあり、世界的なアーティストたちの実験的な現代アートを楽しめます。また「生涯子どもの心」ともいわれたミロならではのミュージアムグッズがさすがに秀逸。ミロニー(Mironi)というキャラクターが人気です。モンジュイックの丘に位置しているため、カタルーニャ美術館と合わせて訪れるコースがおすすめです。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    バルセロナの観光スポットを中心に巡る日本語音声ガイドつきの観光バスチケットです。乗り降り自由なので、気になるところはじっくりと、その他は車窓から・・・なんてスタイルの観光も可能。バスは無料Wi-Fiも完備しています。
    日本語対応あり

    EUR30.00

    毎日

バルセロナの人気アクティビティランキング

ミロ美術館 (観光情報) | バルセロナ観光| VELTRA(ベルトラ)

モンジュイックの丘にあるミロ美術館は、正式には「ジョアン?ミロ財団・現代美術の研究センター」といい、20世紀を代表する芸術家ジョアン?ミロ(1893 - 1983)の作品等を中心にしたいわゆる個人美術館です。絵画をはじめとするミロの作品や友人たちの作品など1万点を超える所蔵点数、施設の規模、活動の質の高さは、個人美術館として世界最大規模といわれています。世界的な芸術家や知識人、ミロの遺族で構成される財団によって運営されています。