出発地:

北海道の函館市にある金森赤レンガ倉庫は観光場所として国内でも有名です。函館市の末広町にある函館湾のそばに並ぶ倉庫は、以前は倉庫本来としての運用がなされていました。当時輸送事業では函館湾の要でありました。現在では観光事業がメインとして運用されており、ホール施設やレストランがあるBAYはこだて、輸入雑貨やアンティーク商品を扱っている金物洋物館などといった施設があります。赤レンガ倉庫を含めた一帯は重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
歴史
金森赤レンガ倉庫の歴史は、金森洋物店がきっかけとされています。渡邉熊四郎が明治時代に開業した洋物店事業の中で倉庫の必要性を考え営業倉庫業を始めたことにより赤レンガ倉庫の出発点となりました。事業は軌道に乗り業務を拡大、倉庫だけにとどまらずビヤホールなども展開するも、創業者の死去や火災、技術の進歩による輸送の発展から倉庫業は縮小しました。一方で倉庫の建物の方が注目されるようになり現在では観光や美術館などの運営を行っています。

見どころ
金森赤レンガ倉庫のみどころは、建築物の外観を楽しむことや様々なイベントや雰囲気を楽しむことになります。赤レンガ造りの倉庫が立ち並ぶ様はさながら明治時代にタイムスリップした気持ちになれるでしょう。函館ヒストリープラザでは伝統のビアホールや歴史展示物などもあるため見て食べて理解を深めることができます。また実際の金森洋物店の後に建てられた函館市立博物館、郷土資料館やはこだて明治館などもあるので1日では回りきれないほどです。
8アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. 函館の観光名所を約3時間で回る凝縮したお得なプランです。函館にある五稜郭タワーや箱館奉行所、八幡坂、明治館など記念撮影するにはもってこいという場所もございます。季節によって変わる車窓からの景色も見どころです。
    送迎付き

    JPY10,710

    毎日
  2. 観光専門の道南ハイヤー・スマイルタクシー乗務員が思わぬ穴場観光地へ案内してくれますよ。サプライズな地元密着スポットを一緒に楽しみましょう♪元町教会、五稜郭公園、金森倉庫など多数の名所をめぐる函館満喫コースです。
    送迎付き

    JPY16,380

    毎日
    3時間 (午前, 午後, 夜)
  3. 函館と言えば3大夜景の一つ。函館の名所を夜にタクシーで回りませんか。函館山から見る夜景やライトアップされたベイエリア金森倉庫群・青函連絡船メモリアルなど観光スポットを巡りましょう。
    送迎付き

    JPY11,640

    毎日
  4. イタリアのナポリ、中国の香港とならび、世界3大夜景の1つである函館の夜景を見に行きませんか。山の麓のライトアップされた建築物を車窓から見ながら巡ったり、夜の散策をしたりするのもお勧めです。
    送迎付き

    JPY5,460

    毎日
  5. 選りすぐりの観光コース、お勧めのぴったりサイズで函館観光をご案内。トラピスチヌ、五稜郭公園、金森倉庫、旧公会堂、元町教会めぐりのコースです!観光専門の、道南ハイヤー・スマイルタクシーの乗務員がご案内します。(所要時間:2時間)
    送迎付き

    JPY10,920

    毎日
    2時間 (午前, 午後, 夜)
  6. 短い時間で効率よく観光スポットを回るなら観光タクシーがおすすめ。船着場に沿って建ち並ぶ赤レンガ倉庫群や幕末に生きた男たちの最期の軌跡 五稜郭公園、遥か下北半島を望む景勝地 立待岬やトラピスチヌ修道院など、絵になる美しい観光名所を訪れます。
    送迎付き

    JPY27,300

    毎日
    5時間 (午前, 午後, 夜)
  7. 函館と言えば百万ドルの夜景と言われている函館山の夜景です!金森倉庫・星型の史跡五稜郭・トラピスチヌ修道院・函館朝市があり、異国情緒ただよう町並みです。大沼公園では観光船に乗る事が出来ますよ。
    送迎付き

    JPY50,720

    毎日
    (午前, 午後, 夜)
  8. 函館を舞台に作られた作品は60本以上!異国情緒あふれる函館は、多くの映画人の創作意欲を駆り立てました。「ギターをもった渡り鳥」や「夕日の丘」などの映画ロケ地を巡ります。スクリーンに似合う街"函館"を観光専門ドライバーと共にお楽しみください。
    送迎付き

    JPY21,840

    毎日
    4時間 (午前, 午後, 夜)

北海道の人気アクティビティランキング

金森赤レンガ倉庫 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

北海道の函館市にある金森赤レンガ倉庫は観光場所として国内でも有名です。函館市の末広町にある函館湾のそばに並ぶ倉庫は、以前は倉庫本来としての運用がなされていました。当時輸送事業では函館湾の要でありました。現在では観光事業がメインとして運用されており、ホール施設やレストランがあるBAYはこだて、輸入雑貨やアンティーク商品を扱っている金物洋物館などといった施設があります。赤レンガ倉庫を含めた一帯は重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。